舞鶴港。母は待つ、引き揚げ船のお話。

こんにちは。

終戦の日にあたり、舞鶴引き揚げ港の話を再掲。



舞鶴港。大戦中は海軍の軍事拠点として重要な場所でした。
日露戦争時の艦船は全て舞鶴港から出港。

しかし、第二次大戦後の舞鶴港は全く違う役目を負います。



昭和20年(1945年) 第二次世界大戦が終結。

旧満州(現・中国東北)や朝鮮半島をはじめ南太平洋など多くの国や地域に約660万人もの日本人が残されたまま。



これらの方々を速やかに、しかも一斉に日本へ帰国させなければなりません。
「引き揚げ」事業の開始です。



昭和20年9月、舞鶴・浦賀・呉 など全国で10港が引揚港に指定され、帰国者の受け入れを開始しました。



舞鶴は主に旧満州や朝鮮半島、シベリアからの引揚者・復員兵を迎え入れる港となります。



昭和20年(1945年)10月7日に最初の引揚船「雲仙丸」が入港。



その後順次他の港が指定港の役目を終える中、唯一、舞鶴港は最後まで引揚船の帰還を迎える役を担います。

最後の引揚船の入港は、昭和33年9月7日。「白山丸」。

13年間に渡り迎え入れた引揚者・復員兵の数は約66万人。




舞鶴市では引揚船が入港する度に、湾内の定期船を チャーターして、引揚船近くまで乗り入れ桟橋へ輸送(船が大きく着岸不可)。

引揚者の帰郷に際しては、沿道歓送、湯茶、ふかし芋の接待を行い、市民こぞって、引き揚げてきた人々を勇気づけました。


お若い方はこの歌をご存じでしょうか。

「母は来ました。今日も来た。この岸壁に今日も来た」

遥か彼方のシベリアから、息子は必ず帰ってくると待ち続けたお母さん。実在の人物をモデルとしたこの歌。

引揚船が入港する度に遠い自宅からはるばる通い続けた。
一緒に待っていた人々の姿がなくなっても、一人待ち続けた。


「届かぬ願いと知りながら」


「もしやもしやに もしやもしやに 引かされて」

息子の死亡通知書を受け取っても、「必ず帰ってくる」と亡くなるまで信じ続けたお母さん。


ナホトカは遠い。


この記憶を残し伝えるため、舞鶴引揚記念館が作られました。

パネル展示だけではなく、シベリア抑留時の記録(全て没収されたが奇跡的に残った)、実際に使っていた道具、薄っぺらい防寒具等の品々が豊富に展示されています。

※現在改装工事中


敷地内には各部隊や遺族会の記念植樹が多数あります。

最後に、引揚記念館の碑文を。

(クリックで別窓拡大します)



この記事をアップした当時に「この話は嘘だ」とのご意見があり、それについてお返事しました。
再掲にあたり、続きを読む、に掲載しています。


他の方はどうか知りませんが、今日は戦争を云々とか、政権がどうだとかを論議したくはありません。名古屋空襲や沖縄戦で他界した者も身内におりますし、家を必死に守った祖母と母のことを偲びたく存じます。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



さて。今日は、母の誕生日。

まったくもう。祝ってもらおー♪って帰ってくるみたい。

終戦の日でお盆で、しーんっとなっている日に「おめでとう」。
毎年、父のビール、わんこのおやつ、母のケーキが並びます。
お線香とろうそくと、かわいいキャンドル。もぉー。


そして、母の命日は元旦。まったく困った親でございます。

鍵コメ様

「歌碑まで出来たけど、虚偽の話だった。息子は敵前逃亡で強制送還され、刑務所に入ってたというのが後になって分かった。」のご意見につきまして。

虚偽とは?

岸壁の母のモデルとなった人は待ってましたよ。
息子は生きていると、帰ってくると信じて。

お母さん本人には「岸壁の母」のモデルが自分だという自覚はなかったようで。

『…五年たちましても夢で見る息子の姿は学生です。花咲く春を待つ人もありましょうが、私は引揚船の入港を待ちます。新二が帰るまで花が咲かずともよいのです。このような思いをいつまで続けるのか。』

「岸壁の母」を聞いても

『当時は私自身のことと知りませんでした。なにも考えずに唄の文句を聞いておりますと、なにかしら私のことのように思えてなりません。哀愁をこめたあの唄声に涙を誘われ、泣いてしまいます。一節聞くごとに、私の心境そのままなので、ビックリしました。一年前、舞鶴の桟橋で涙にくれたあの日の私の姿が思い出され、泣けてなりません…』


「岸壁の母」は偽りか。
東京から舞鶴へ通った母を「虚偽」だといえるのか。私、ちょっと怒ってます。

舞鶴で待ったのは、偽り?の、年表。(参考、wikipedia、現地説明書他)


1944(昭和19)年
息子は軍人を志し満洲国に渡り関東軍石頭予備士官学校に入学。
同年ソ連軍の攻撃を受けて中国牡丹江にて行方不明。

1945(昭和20)年
終戦

1950(昭和25)年
引揚船「雲仙丸」の初入港。
以後6年間、ソ連ナホトカ港からの引揚船が入港する度に母は東京から足を運び、舞鶴の岸壁に立つ。

1954(昭和29)年9月
厚生省の死亡理由認定書が発行されるが、それでも母は舞鶴へ通う

1956(昭和31)年
東京都知事が昭和20年(1945年)8月15日牡丹江にて戦死との戦死告知書(舞鶴引揚記念館に保存)を発行するが、それでも母は舞鶴へ通う

1958(昭和33)年
最終引揚船「白山丸」入港。息子は乗っていなかった。

1981(昭和56)年
母7月1日午前3時55分に享年81で死去

1996(平成8)年
慰霊墓参団のメンバーが突如「息子は上海でレントゲン技師として生きている」という話を持ち帰り以降3度会う。

2000(平成12)年
「中国政府発行」の「息子名義」の「身分証明書」を発見したといい、
帰還を待たれていた息子が戦後も生存していたことが公に明らかになった。

ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留、後に満州に移され中国共産党八路軍に従軍。その後はレントゲン技師助手として上海に居住。妻子をもうけていた。
息子は母が舞鶴で待っていることを承知で帰ることも連絡することもなかったという。

しかし、息子が入学した石頭予備士官学校第13期生の間では『あのひどい戦いで生きているはずがない』とし、『新二君は八月十三日、夜陰に乗じて敵戦車を肉薄攻撃、その際玉砕戦死し』たと言う公式見解を取っています。

母の生前は、戦争中に行方不明となった人々の多くが「戦死」とされたように、息子も死んだことにされました。
しかし、母は「息子は生きている」と信じて待ち続けました。

「待ち続けた母」を歌った「岸壁の母」は、偽りですか。

その息子が実は生きていたと母の死後なぜか突如騒がれた、だけのお話。

あえてこちらでお返事しました。
関連記事
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼