鎌倉幕府との折衝は金剛三昧院で。境内の四所明神社の狛さん

こんにちは。

高野山の滝口入道や維盛に縁のあるお寺を見てきましたが、無論、平家だけでなく源氏に縁のお寺もございます。

有名処で、金剛三昧院。


表門。文政年間の建立。


内部に重文の鐘楼。

この鐘楼には1207~1210年の銘が書かれています。
現在では寺内の法要のときにのみ、その音色を聞くことが出来ます。


「毘張尊」と書いてあるそうで。

これは、金剛三昧院の鎮守の毘張尊師と呼ばれる天狗様のこと。



やってまいりまちた。


本坊の中門。

【由緒】(金剛三昧院HPより引用)

「高野山金剛三昧院は、建暦元年(西暦1211年)、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝公の菩提を弔うために、その妻で尼将軍としても名高い、鎌倉二位禅尼・北条政子が創建しました。始めは禅定院と称しており、落慶法会には、日本臨済宗の開祖である、明庵栄西禅師を請じ入れ、開山第一世としました。

承久元年(1219年)、三代将軍実朝公の逝去にともない、その遺骨を納め、禅定院を金剛三昧院と改めました。」

上記の経緯から、金剛三昧院は鎌倉幕府と高野山を結ぶ、高野山の中心的な寺院となりました。



緑に埋もれた本堂。
本尊の愛染明王は源頼朝の等身大の念持仏。伝・運慶作。


金剛三昧院といえば、こちらの国宝・多宝塔。

1223年建立。
高野山で現存する最古の建立物。
内部に運慶作の五智如来像。

高野山内の寺院は123。長い年月の間には焼失したものも多く、創建当時の建物が残る金剛三昧院はとても貴重な存在です。

建築物の他、南北両朝の綸旨・武家の教書等、宝物什器、古文書なども残り、その豊富さは山内寺院中随一と称せられています。


経蔵。重文。

1223年建立。鎌倉時代の○○造の建立物として貴重。
内部に「高野版」という経本の版木を約500枚保存。建物・版木共に重文。

はい、この建物の構造は何といいましたか?

ち、ち、ち・・・。



はい、校倉造ですねー。


本日の目的はこちら。


うふふふ。


四所明神社。1552年建立。重文。



【由緒】(金剛三昧院HPより引用)

「高野山の守り神である丹生明神・高野明神・気比明神・丹生御息を祀ります。

一宮 丹生明神…胎蔵界の大日如来を祭っている
二宮 高野明神…金剛界の大日如来を祭っている
三宮 気比明神…千手観音を祭っている
四宮 丹生御息…文殊菩薩を祭っている

本宮内の画は高野山上の奥の院と麓の天野社の神仏を習合した、垂迹(すいじゃく・仏様が仮の姿をして現れること)思想のもとに描かれており、 四ヶ所の明神様をお祭りしているので、四所明神と言われています。」





よだれが。


そうよ。神様へのお供えものよ。


神殿狛犬さんの威厳はどこへ。


装飾の彩色もきれいなお社です。


他にもお住まいのようです。


向かって右隣には天満大自在天神社(天満宮)。重文。

【由緒】(金剛三昧院HPより引用)

「北野天満宮などと同じで、菅原道真公を祭っている神社の別称です。

天正十五(1578)年十月、豊臣秀吉が同社で北野大茶湯を催したのを機に始まった、天神信仰の広まりとともに全国的に分祀社が生まれましたが、この社もその頃に建立されたもので、四所明神社の隣に建立されています。
また、四所明神社と同時期の建立といわれています。」


ちょっと、あなた方っ。


もー。


ぷうー。



金剛三昧院
《住所》和歌山県伊都郡高野山425番地

参考文献
『高野山』(製作協力/総本山金剛峯寺・(財)高野山文化財保存会、発行/株式会社高野山出版社)

金剛三昧院HP
http://www.kongosanmaiin.or.jp/


いつも応援いただきありがとうございます。高野山山内の寺院は123、宿坊は現在53(『高野山』平成19年改訂版による)。ところが寺院建築物の国宝指定件数は2件、重文は8件。とても少ないです。これは、山上のためにしばしば落雷があり、数度の火災に見舞われたのが原因だとか。
国宝2件は、この金剛三昧院多宝塔と、壇上伽藍の不動堂です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。



高野山奥の院。


クリックで拡大。
山口毛利家墓所と、伊予・河野家墓所。

河野家は地図の20町石の左の方。道の分岐そば。佐竹家の向かい側。


標柱があるので大丈夫。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、これまた素敵なお寺が・・!

こんばんは~。
うわぁ、これまた素敵な感じのお寺ですね。
日本三名塔、多宝塔バージョンのうちの1つがここにあるんですね・・・。
ううん、行きたいところが増えてしまいました。

あ、それから以前のコメントとても参考になりました。
奥の院は是非とも参詣してみたくて今からわくわくしとります。
毛利家でかいんですね・・・。
見落とさんように気をつけます。
興奮のあまり鼻血は出さないように気をつけますが、
多分目汁は出します。( ー`дー´)キリッ

一番みたいのは伊予最後の当主・河野道直さん。
どマイナーですが、元就さんのひ孫(多分初ひ孫)でありながら悲劇的な人生を送られた方で
隆景さんが篤く祀っている子なのです。
河野家だからちょっと見つけにくいかなと思ってますが
意地で探します!

あと、実は車ないので電車移動なのです。
時刻表とにらめっこして南海なんばからなんば駅乗り替えとか、地下鉄御堂筋線とか、
・・・・うおおわからん!でもどうにかなるじゃろ!
と野生の勘に任せて進むつもりです。
夏の陣以来の大阪府民なので、多分200年間分の遺伝子でどうにかなるはずです。

和歌山の大雨も未だに各地に大きな爪痕を残しているのですね・・・。
台風も今週近づいていますし、平穏無事に旅を終わらせる様に気をつけます。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

少しでもお役にたてれば何よりです。
奥の院では気がついたら半日過ごしてました。こほん。こほん。
こう、なんというか、元気だったおうちはしっかり残っているのに、改易などになったおうちは巨大な五輪塔だけが残り、しかも半ば崩れかけていまして。

目汁、たれながし。

毛利家は「山口」と「長門」と二ヶ所あった記憶が。

山口の方は、一の橋から行くと左の山手。佐竹家墓所の上、少し奥まった所。巨大。
よそ様の墓所が密集していて、いいのかしら?っと、ちょっと戸惑いますが細い通路があるので勇気を出してくださいね。

長門は、一の橋からは右手。通りに面して、安芸浅野家墓所の近くです。

それと、伊予最後の当主・河野道直さんですが、場所は通りに面していますし、標柱があるので大丈夫かと。

私でさえ見つけられたのでー。

しかし、トロロヅキ様はさすがですね。
隆景おじさまが大事にした子は、私にも大事になりましたー(←腐気味に興奮)。

で、この伊予の河野家ですが、次記事にさらっと書いてしまいましたが、金剛三昧院に位牌が納められているそうです。

あ、奥の院、一応、地図と画像をここの記事の追記にアップしときました。

おおおおーう。電車かー!えらいぞー!
高野山は公共交通機関がお利口さんです。慣れてないと駐車場難民になります。
高野口からなら、楽しいところも通りますものね。

町並に溶け込んだファミマも、見ものでしたわ。おほほ。

もう充分お調べだと存じますので、あとはもう、思う存分楽しんでくださいね。
とにかく豪雨には気をつけて。JRは単線ですし、海際なので熊野地域は停まることが多いです。

台風の高波もねー。気をつけてねー。

No title

装飾も狛犬も色鮮やかでいいですね。
どことなく緑色に苔生している感じもいい・・・って言おうとしたら、グリーンのシートでそう見えるのね(笑)

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

高野山のお寺の中で色鮮やかに鎮座してますの。

よ。

そうなのです。

あらぁ、苔むしていい感じー、は、なんやの、シートの影かいなー!でした。

暑さのためか、今年はやぶ蚊が少なくて助かりますわ。おほほ。

ありがとうございます!

おお!写真まで上げて下さりありがとうございます!
とても参考になりました。
一番の衝撃は戦国武将の中にグリコがいることです。
うう、やっぱり滅びた家は弔う人もないので
五輪塔も崩れてしまうものですね・・・。
墓参りは昔ながらの寺なので
片隅に安芸武田氏のものと思われる五輪塔がありますが、石が欠けたりして、集合墓扱いされていますし・・。
あ、でも河野道直さん、標まであるなんて驚きました。
大切にされているんですね。

腐ることも大事だと思います。
腐葉土って栄養分豊富だから
次の芽が萌えるんだと思います。( ー`дー´)キリッ
色んな人も集まってくるし隆景さん、
人間ホイホイだなあと思います。

それにしても金剛三昧院。
位牌まであるとなればますます詣でねば・・・。
ううむ、時間が本当に惜しい・・・。

雨には重々気をつけます。
和歌山=呉のイメージなので
天気が上手く持つように願っています。
それでは来週から行ってきます~!
ありがとうござました!

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、よかった。

そうそう、グリコもヤクルトも福助もいますよ。

朽ちた五輪塔がなまじ大きいだけに、余計に哀愁です。
栄枯盛衰だなぁ、諸行無常だなぁ、としみじみします。

え。安芸武田氏が集合墓。そうなのかぁ。
史跡として、お取り扱いできないのかなぁ。お気の毒です。

あ、そうそう。河野道直さん、大切にされています。
知らなかったので、帰宅後に調べて、あらあら、って。
トロロヅキ様にご指名いただいて、日の目を見ました。よかった。


>腐ることも大事だと思います。
>腐葉土って栄養分豊富だから
>次の芽が萌えるんだと思います。( ー`дー´)キリッ

すごいわぁ。トロロヅキ様、さすがー。
これ、友人達に教えてきますね!そうか、栄養か!よっしゃー!!

人間ホイホイの隆景おじさま、だめよーっこれ以上深入りしてはー!て思っても引き寄せられますもの。
うんうん。福岡で、名残の史跡を見てきたいなー。ひとつでいいから。

やっぱ、黒田さんちの墓所のあそこの仏像かなぁ。

ううむ。少し離れてますからねぇ。
あ、位牌堂は、部外者は入れないので外から拝むだけです。
今回は奥の院で、目汁三昧でいかが?

トロロヅキ様はお利口さんなので、私みたいな無茶はなさらないかと思いますので、安心して「いってらっしゃーい♪」です。

楽しんでいらしてねー。

No title

>はい、この建物の構造は何といいましたか?

脳の回路がフリーズしましたの・・・(pT^T)ゴメンアソバセ

ジャガイモがデカいのか、ミカンが小さいのか、
丁度良い同じくらいの大きさを上手く見繕ってるなぁと変なところに感心しました(笑

( ゚д゚)ンマッ!! 河野通直さまぁ~~~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
やだ、もぉ~自分以外にもファンがいて嬉しい!!

四国で一番見たい城は、実は湯築城!(`・ω・´)キリッ
ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おほほ。フリーズしますね。
エンタチスの柱、とか、ありましたよねー。お寺の説明書で出てきた時、フリーズ。こほーん。

>ジャガイモがデカいのか、ミカンが小さいのか、
>丁度良い同じくらいの大きさを上手く見繕ってるなぁと変なところに感心しました(笑

これね、梨かしら?って思ったんです。
でも、やっぱり、ジャガイモ。ぽていとぉ~。

こんなきれいなジャガイモ。確かによく見繕ってますねー。

>( ゚д゚)ンマッ!! 河野通直さまぁ~~~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
>やだ、もぉ~自分以外にもファンがいて嬉しい!!

どうどうどう(笑)。

四国へも行きたいけど、遠いなー。(って、私が言うな、かしら)
昔はフェリーがあったんで週末にさらっと行けたのですよねぇ。

関西を離れると、未知の人々ばかりがおいでなので、二の足ふみふみ。
蜂須賀さんちがせいぜいです。へへ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼