清浄心院は上杉謙信祈願所・佐竹家菩提所。滝口入道も住んだのよ

こんにちは。


屋島を脱け出した維盛が訪ねたのは、


元は滝口の武士であった斎藤時頼。


嵯峨往生院(跡地・京都市右京区)にて出家。

彼を追う横笛への思いを断ち切るために高野に登り、清浄心院に身を寄せます。



天長年間(824-834)に弘法大師空海が草創。
初め喜多坊と称し、後、勅命で現「清浄心院」に改めたと伝わります。

平宗盛が当院を再建。
※鎌倉時代の信堅院号帳には「八島大臣殿御建立也、実名宗盛」と残る。


奥の院の一の橋、目の前です。


辺り一帯は、このお寺にちなんで「清浄心院谷」と呼ばれます。


石畳の先に見えるのは


大師門。この奥に


大師堂。

本尊は、二十日大師(はつかだいし)。

入定を明日に控えた835年/承和2年3月20日、空海が自ら彫刻し、像背後に「微雲管」の三字を書いた像と伝わるそうで。



境内に沿った小路。


一の橋まで続くお寺の敷地です。ひろーい。


玄関



1860年/万延元年。火災に罹り、現在の堂宇はその後再建されたものです。


こそっと。


おはようございます。


頑張れ~(^^)


お高そうな彫刻群・・・。


めまいがします。くらー。


清浄心院も宿坊になっています。



戦国時代は、上杉謙信(長尾景虎)の祈願所、佐竹家の菩提所となります。
清浄心院の名前が知られる理由はこちらかもしれないですね。


上杉・佐竹の霊屋は奥の院にあります。


上杉謙信霊屋。重文。

「年未詳七月二四日の景虎書状ほか上杉景勝・定勝などの書状を多数蔵する。
景勝書状には『如毎年之、有御祈念、御巻数竝扇子薄板物贈賜候、珍重目出候、仍鳥目弐百疋進之候』とあり、天正七年(一五七九)二月一四日の上杉景勝書状には『去秋之芳翰、今二月到着、披覧、畏悦之至候、如仰、謙信去年不慮遠行、絶言語候』とある。

早速謙信廟が造営され、追善供養が行われている」(『大和・紀伊寺院神社大事典』平凡社編より)



佐竹家墓所。


佐竹義重霊屋(たまや)。重文。

「佐竹義重も逆修供養をしており(年未詳一〇月二五日『佐竹義重書状』寺蔵文書)、没後納骨された(慶長一七年五月一六日『佐竹義宣書状』寺蔵文書)。

以後同家の菩提所として縁深く佐竹義宣・義憲以下代々の書状が多数ある」(『大和・紀伊寺院神社大事典』平凡社編より)


卒塔婆形の角材を四方に47本並べ、壁にしている極めて珍しい霊屋建築として、重文に指定されています。



当方ではすっかり維盛くんのお世話係になっている滝口入道くんですが、


彼は高野山で、とっても頑張りました。


次回、滝口入道くんのおうち。



いつも応援いただきありがとうございます。見えているのは清浄心院のほんの一部。今でも広大な境内に緑が萌えています。滝口入道やら上杉謙信やら佐竹義重やらで、私の心も萌えています。宿泊したらさぞかし様々なものに出会えるんだろうなー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

こんにちは。
拙ブログにご訪問、ありがとうございますm(_ _)m

写真にちょくちょく登場する手書きのキャラクター(?)が可愛らしくてとても好きです。
見ていて和みます。

勝手ながらリンクさせていただきました。
不都合等ございましたらご一報ください。

野津征亨様

こんにちは。はじめまして。

おほめのコメントありがとうございます。
初めは真面目な画像を心がけていましたが、性に合わず。
現在の形になりました。

和んでいただけてとても嬉しいです。

難しいことは簡単に。

簡単なことはもっと簡単に。

おほほ。

リンクの件、ありがとうございます。
末長くお付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

No title

へぇ~

清浄心院は上杉謙信さんの祈願所で、佐竹さん家菩提所とは。
両家とも大家なのに、共同運営だったのでしょうか。

彫刻好物者には、よだれが落ちそうな彫り物ですね!
うん、めちゃくちゃ高そう。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

奥の院の墓所は、檀家契約を結んだお寺の持つ土地に建てられるので、奥の院の土地をよく見ると、区画割りされた場所に「★■◇院」の表示を書いた標柱があります。

今となっては、人気のある大名との結び付きがある寺院はそれだけで注目されますね。

自分のご贔屓のおうちと縁のある宿坊に泊まってゆったりするのも、高野山の醍醐味かな。

清浄心院。記事には書きませんでしたが、少々ぶっとぶ事が起きており、裁判沙汰になっておりました。

さらに、清浄心院のホムペに行くと、若干、ドン引きします、よ。
とある方の画像が、どーん!っと。

No title

景勝書状・・・ふむふむ、おゼゼを寄進してたのか。
もう一通は謙信公が亡くなって間もない頃なのね。

絶言語候・・・言葉もないほど悲しいとな・・ (゜-Å) ホロリ

ほんとに凄い彫刻ですね^^
ウッカリ触って鶴の羽とか端っこパキ折れしたら大変^^;

彫刻は 程よく離れて 思ふものなり
ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

謙信の霊屋には、謙信と並び景勝の位牌も納められています。

『謙信』の名は、1574(天正2)年45歳で上洛した時、高野山にも訪れて、その時に贈られた法名といわれているそうで。(奥の院説明書)

こそっと告白すると、東の方々は地理も含め全くの無知でして。
大河の配役でしか思い出せないという致命傷。

絶言語候。

日本の建造物はほんとに脆いものですねぇ。
高野山ってもっと国宝がわっさわさー♪のイメージなのですが、火事で焼失多々。

油ばらまき事件は結局どうなったのかなー。

この季節、携帯蚊取り線香をぶら下げて歩きたいのですが、ファイヤーしたらえらいことなので、虫除けスプレーでしのいでいます。

酷暑のせいか、今年の大阪は蚊が少ないのです。不気味だわぁ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼