スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山奥社・立里荒神社への道のり。始まりは熊谷寺横で

こんにちは。


この鳥居が立ち並ぶのは、立里荒神社(たてりこうじんじゃ)。

弘法大師が高野山に大伽藍を開基するにあたり、まず、伽藍繁栄、密教守護を祈り荒神を祀りました。

その後に大伽藍を建立したところ、おかげで何の障もなかったといい、弘法大師は、毎月当山に参詣したとか。(『三宝大荒神略縁起(荒神社御宝物写)』より)


「弘法大師の後、第二祖真然僧正を始めとして、代々の高僧各意願ある方々は参詣ありけるに諸願満足せざる事なし。」(同上)とは、すごいですねー。

高野山の奥社とも言われるお社。

宿坊が立ち並ぶ中に、一の鳥居があったといいます。



高野山の熊谷寺。

平敦盛を討った熊谷次郎直実が法然の弟子になり、名を「蓮生」と改めて住んだところ。

この門の横に。


立里荒神社の一の鳥居の名残かしら。


この道は高野山を東西に通るメインストリート。


すみません。朝7時、既にあぢあぢでした。

高野山奥の院から高野龍神スカイラインを経由して、野迫川村へ。


こんな距離。


高野山から路線バスが出ています。


はい、何でしょう。


どちら様?


向かって右「眼力大明神」と、黒く消されたような「豊川大明神」


・・・先を急ぐので、失礼します。

ここからさらに坂道を登ると道端に社号標があり、よいしょーっと登ってようやく到着。


広々とした駐車場に車を停めて、こんにちは。


荒神岳(1260m)の山頂に鎮座する立里荒神社。


ちょっと邪魔。


絶景かな絶景かな。


(クリックで拡大)


驚きました。参詣の人が絶えることなく。


驚きました、too。

私は景色を見ながら、持ってきたおにぎりをもぐもぐ。


うげー。


ありがとー。


無責任だわっ。


さぁて、登るかー。


熱中症で倒れるわけにはいかないので、ふりだしに戻る。


つづく


いつも応援いただきありがとうございます。奥社と聞くと、離合不可能な険しい道を想像しますが、こちらのお社は参詣の人が絶え間なく、また、でっかい路線バスが通っており、道は1.5車線はあるので拍子抜け。境内散策と由緒等は次回へつづく。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

立里荒神社はまだ訪れたことは無いのですが、結構距離がありますね。
こういうのを見ると、もう少し排気量の大きいバイクが欲しくなります。

暑いですね(-_-;)
今のところクーラーは入れずにいますが、保冷剤をタオルに包んだのを首に巻いて頑張っています。
この際なので、明日あたり布団を踏み洗いして、水遊びでもしようかと思っています。
まだ、暑さが続くみたいなので、お身体ご自愛下さい。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あーーーつーーいいいいーーーですね。

おおお!?エアコンなしですか!だいじょうぶ、ですか!?

と言いつつ、猛暑の昼間は会社で冷え冷えですので、平日は夜に帰宅するためエアコンは最初に冷やすだけで、私も汗かきさんです。
秋になれば結果的に、この方が体調を崩さないんですよね。

保冷剤で冷凍庫がぱんぱんです。えへ。

布団の踏み洗い、楽しそう。あ、いや、大変そう。
外に洗濯物を干すと、あっという間にカリカリですもの。
お布団も充分乾くのでしょね。

気持ち良さそう。

立里荒神社、距離はありますが、高野龍神スカイライン経由なので走るのは楽でした。
ただ、ちびっこ車なので、神社前では右足がつりそうなほど踏み込んでます。
こりゃ登らん!っとエアコンを切ってみたりもして。

燃費がー。

排気量の大きい人たち、がんがん走ってました。
後ろから来たら、即座に左に寄せて見送ります。
皆さん、お手手をあげて挨拶して下さるのが、とっても気持ちいいです。

あの日、ここにいたんですが。気温30度。泣きそうでした。もっと涼しいんちゃうんかー!きぃー!って。

宙海様も、ご無理なさらず、ご自愛くださいませね。

No title

>こんな距離

カンマを見落として一瞬、12km、19kmと見間違った(←おぃ)

暑さに負けず狛ちゃはスマイル全開^^
食堂・・・採算とれるほど人が来てるんですね(@@)

えっと~記事自体は携帯とかから全部読んでるんですが、それで逆に何処までコメントしたか迷子になりかけてます^^;
もしコメントし忘れてたら暑さのせいなんで(?)すいません( ̄ω ̄A;アセアセ
(※夏季限定の言い訳)

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うーん、12kmとか、ちょーっと遠いかなー。あはははは。

ん?おでかけ中なのかしら?すみません、ほんとにいつもありがとうございます♪

ここ、ひっきりなしに参拝の方が来るので、そこそこ採算がとれてるのかな。宿泊も出来るんですよー。

奥の院のつもりで訪問したら、奥社はあっけらかん、というか、明るい感じでした。狛ちゃんいるし。んふふ。

コメントコンプリ、ありがとうです。
暑いから無理せ・・・暑いの?ねえ、暑いの?何度かお姉さんに言ってごらーん。

そうね、一度猛暑の大阪にご招待しないといけないわねー。うふー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。