『平家物語』桜梅中将維盛の出家。変わらぬ姿を今一度

こんにちは。


屋島から脱け出し、高野山へたどり着いた維盛。

顔見知りの滝口入道の先達で奥の院を巡り、


維盛、滝口入道に憧れてうっとりしつつ、夜を明かします。

明朝。

東禅院の智覚上人という聖をお呼びして、かねてよりの望み通り、出家へ。



屋島を抜けるときに同行したのは、与三兵衛重景と石童丸と、舎人の武里。


「維盛こそ人知れぬ思ひを身に添へながら、道狭う遁れ難き身なればいかにも成るといふとも、この比は世にある人こそ多けれ。
我いかにも成りなん後、急ぎ都へ上つて各が身をも助け、且つは妻子をも育み、且つは維盛が後世をも弔へかし」と宣へば、二人の者共涙に咽び臥して暫しはとかうの御返事にも及ばず。


与三兵衛重景と石童丸を呼んで、維盛は、
「僕はもう逃れられない運命なの。でも、お前達は結婚して、妻子を養って、僕の後世を弔ってね」と。

重景と石童丸はびいびい泣き伏しました。


そこの二人。泣き伏して下さい。


この重景。幼名を『松王』といいました。



生後50日の祝いの日。重景を抱いた父が維盛の父・重盛の前に出ると重盛は、
「この家は『小松』というから、お祝いに『松』をやろう」と付けてくれた名前なのです。

松王(重景)が2歳の時。

父・与三左衛門景康は重盛の供をしていた平治の乱の時、討死。

松王(重景)が5歳の時。母も他界。

身寄りがない松王(重景)を、重盛は「あれは我が命に替はりたる者の子なれば」と手元で育てます。



重盛の実子・維盛が9歳で元服した日の夜。

重盛は、同い年の松王(重景)も元服させます。

「私の名前の重盛のうち、『盛』は平家の字なので五代(維盛)に付ける。お前には『重』の字をやろう」と言い、松王は重景となりました。

そして、臨終の時。重景を呼び出して、重盛は告げます。


「あな無慙。汝は重盛を父が形見と思ひ、重盛は汝を景康が形見と思ひてこそ過ぐしつれ。
今度の除目に靱負尉に成して、父景康を呼びしやうに召さばやとこそ思し召しつるに、空しうなるこそ悲しけれ。相構へて少将殿の御心に違ひ参らすな」



「ああ残念だ。お前は私を父・景康の形見と思い、私はお前を景康の形見と思って生きてきた。
今回の除目で靱負尉(※ゆぎへのじょう。御所を警護する衛門府の役人)に就かせ、お前の父・景康を呼んでいたように呼びたいと思っていたのに、それができないのが悲しい。決して維盛の心に背くことはするなよ」


こう言われた重景ですから、誠心誠意、維盛に仕えていたのでしょう。

ところが肝心の維盛から「じゃ、ばいばい」と言われたに等しい重景は、

「僕の事を『殿を見限って逃げる者』と思っていたなんて。そのお心が残念で情けなくてっ」と告白。



世の情勢を見れば、栄えていくのは源氏ばかり。
このまま生きていたとしても・・・とは平家に連なる者ならば誰しも思うこと。


「君の神にも仏にも成らせ給ひなん後、楽しみ栄え候ふとも、千年の齢を経るべきか。
たとひ万年を保つとも、終には終り無かるべきかは。これに過ぎたる善知識何事か候ふべき」とて手づから髻切つて、泣く泣く滝口入道に剃らせける。


「殿が神にでも仏にでもおなりになった後に、我が身だけが栄えても、千年も生きることは出来ません。
たとえ万年を生きたとしても、いつか終わりの時は来ます。
今以上に出家に良い機会はあるでしょうか、いや、ありませんっ」と、


自ら髻を切り。


泣く泣く滝口入道に剃らせました。


石童丸もこれを見て本結際より髪を切る。
これも八つより付き参らせて重景にも劣らず不便にし給ひしかば、同じう滝口入道にぞ剃られける。


石童丸もこれを見て、本結の際から髪を切りました。
彼も八歳のときから仕え、重景にも劣らずかわいがられていたので、同じく時頼入道に剃ってもらいました。




さあ、お供の二人が髻をばっさり切って、滝口入道にじょりじょりしてもらうのを見て、維盛はいかに?

僕も一緒に!ですよねー!?


・・・ちょっと、あなた。


これらがかやうに先立ちて成るを見給ふにつけても、いとど心細うぞなられける。
「変はらぬ姿を今一度恋しき者共にも見もし見えて後、かくならば思ふ事あらじ。」と宣ひけるこそせめての事なれ。


・・・んんんん?

彼らがこのように先立って僧形になるのを見て、維盛はとても心細くなりました。
「今の姿をもう一度恋しい者たちに見てもらってからなら、思い残すことはないのだが」と言うのが精一杯でした。



こらー!!


滝口入道、他2名、心の中では総突っ込みだったことでしょう。


さてしもあるべき事ならねば

「流転三界中恩愛不能断棄恩入無為真実報恩者」

と三反唱へ給ひてつひに剃り下ろし給ひてけり。

三位中将と与三兵衛は同年にて今年は二十七歳なり。石童丸は十八にぞ成りける。


しかしそうしてばかりもいられないので

「流転三界中恩愛不能断棄恩入無為真実報恩者(三界の中に流転し、恩愛は断つを能わず、恩を棄てて無為に入るは、真実恩に報ゆる者なり)」

と三遍唱えると、ついに髪を剃り下ろしました。

維盛殿と重景は同い年で今年は二十七歳。石童丸は十八歳でした。




ぜーぜー。


参考文献
新日本古典文学大系『平家物語 』(梶原正昭・山下宏明 校注 岩波書店)
※平家物語巻十『維盛出家』



いつも応援いただきありがとうございます。お待たせしました。やっと維盛くんの出家です。桜梅の中将と呼ばれていた事が嘘のような、ヘタレくんな維盛。従う人達も大変ですねー。でも、憎めない子です。さぁ、頭もスッキリしたところで、次はいよいよ熊野へ旅立ちます。ええ。ヘタレてますけど。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

似合うよ 似合うよ 維盛君。
出家姿がピッタリ。
もうグダグダ言わないのよ。

滝口入道殿も重景さんと石童丸君も、苦労だったでしょうねぇ。
こんな主君でも、主君は主君。
武士になるのが、これほど似合わない人もいなかったかも。
私的には、3代実朝殿も似合わないなぁ。
武士の家にこういうタイプが現れると、その家もダメになるんじゃないかな。
これから先も楽しみにしています。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

やっと出家しました。
早くしたいのと、うだうだする維盛くんが好きなのでさせたくないのと、半々です。

強がるよりも、わかりやすくていい子ではあるのですが。
これが、普通の子なら問題なかったのになぁ。

おっしゃる通り、主君は主君。
本人が嫌でも、やーめたっと言えないのがかわいそうです。

適材適所。

戸籍上の地位だけで決めつけると、ろくなことがないですねー。

実朝も、お気の毒でしたね。
本当にヘタレてたのか、本当は賢いちゃんなのか、今となっては推測しかできないですけど。

ほんまは、できる子やねん。

おかんのような言葉しか出てきません。くすん。

No title

昔の幼名って○王って、王がつくのが多い気がします。
この時代のブームだったのかなぁ

>9歳で元服

( ゚д゚)ンマッ!!
かなり早かったんですね。
美少年・・・殿中で初物を狙われゲフゴホ・・可愛がられただろうなぁ(オホホ)

家臣たち、二君に仕えず、俗世だけでなく後の世も仕えたいの思い・・・
実に(・∀・)イイ!話なのに、惟盛の煩悩グズっぷりが笑える。

でも身辺近くに仕えた彼等だから、惟盛のメソメソぶりを見ても
「やはり我らが守らねば、此の方は御身の処し方を間違えてしまうに違いない」てな感じに萌えキュンキュンしたんじゃないでしょうか。

なんか保護欲そそられるキャラな惟盛です 川* ̄д ̄*川ポッ 
墨染めの衣も惟盛がまとえば、端渓硯の墨色が如くでしょう~(いま急いで検索した高級硯の呼称・爆)

ぽちぽちぽちーーー☆


時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ブームがあったのでしょうねー。
統計をとってみたら面白そう。

維盛くん、桜梅中将と呼ばれた頃が一番華やかだったんでしょうね。

官位で弟の資盛に先を越されていたのを追い越したのも遅いですし。

幼い頃から微妙に絶妙に不幸だったけど、不満を他にぶつけることも出来ない「いい子」で、一人でメソメソ。周りは心配で心配で胃に穴。

いじらしくて涙が出ちゃうわ。

美少年、可愛がられたでしょねー。うふふふ。
台記には出てこなかったっけー。まだ幼いかなー。

「殿、髪をおろすんでしょ。早くー」「今やろうと思ってたのにー。やる気なくしたー」「ふーん。じゃ、お先に」「あ、ずるい」

子供っぽい維盛。

ものすごく思うところがあって出家するわけでもないようなので、煩悩が無限大で、グズグズなんですかねぇ。

『平家物語』ではとにかく維盛を大絶賛しているのですが、細かく描写し過ぎて「ありのままをお伝えしました」になっているのがツボです。


>墨染めの衣も惟盛がまとえば、端渓硯の墨色が如くでしょう~(いま急いで検索した高級硯の呼称・爆)

おおおー。すごい。すごい呼び方ですね。
ありがとうございます♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼