丹波猿楽の面影。式内社狭宮神社の舞堂と玉乗りこまちゃん

こんにちは。


京都府南丹市日吉。


丹波猿楽の「梅若座」旧菩提寺。


梅若座一門は、丹波一帯に広がっていたため、お社に伝わる祭礼の舞等に猿楽の影響が残ります。

京都府南丹市から西に移動し、兵庫県へ。


兵庫県丹波市山南町和田の狭宮神社。

【由緒・祭神】

創立年代不詳。延喜式内社。
往古、和田村下河原に鎮座。

天正13年(1585)、社殿を再建。
江戸時代、柏原藩主織田平季、今の宮山に遷座し奉る。

元禄13年(1700)、白川神祇伯王より八幡宮を勧請し、相殿に祀り、狹宮八幡宮と称す。

薬草の里山南町和田に鎮座する古社で、既に平安時代には国から幣帛を頂く延喜式内社に列格し、古来より通称「さみやさん」で親しまれています。

主祭神に若沙那売命、相殿神に八幡大神を奉斎。

若沙那売命は稲(いね即ちいのちの根)を司っておられ、早乙女の様にお若くて清らかな少女神様で、八幡神と共に、健康長寿を始め五穀豊穣・厄除・交通安全・心願成就の守護神として広く崇敬されています。 (兵庫県神社庁HPより引用)


八幡宮のお約束、鳩ぽっぽー。


車は鳥居をくぐって、駐車場へ。ほんと?ほんと?っと何度も降りて確認。


確認しつつ、撮影。


階段。げー。


(クリックで拡大)


狭宮神社、拝殿と本殿遠景。


はい、何でしょう。


あら、上手♪


自然石のままの台座に乗った狛犬さん、私には珍しくて。


とても丁寧に彫られた狛犬さんです。


はいはい。


いやぁん。まんまるのお手々がたまりません。


後ろ髪も尻尾も、ぴょん、としたお耳も、かわいいなー。


やぶ蚊、襲う、私。うおおおお。


本殿。


なんかおる。


食うなー。

で。

境内には、


(クリックで拡大)ここは中井権次一統の作品ではないようです。

丹波猿楽の舞堂が再建されているようで。

どこ?


どっち。


本殿の向かい側にありました。

神様に奉納するので、この向きは納得。


縦三間×横四間。

能舞台の三間四方に比べると横に長く。「舞堂」、なるほど。

検索してみたら、ここの舞台での能の上演記録がありました。
地域に密着したお社と舞台って、いいなぁ。



以上、甘えん坊な狛犬さんのいる狭宮神社でした。


ちなみに、能舞台ってどんなものなのか、ご参考までに。


これは、京都府亀岡市の生身天満宮の能舞台。


能舞台は三間四方が基本。

右奥の小さな戸は「切戸」。地謡や後見が出入りします。




三間四方の舞壺と、橋掛かり。

狭宮神社の舞堂をもう一度見ると


左奥の切れ目が橋掛かり、右奥は階段の先の板の取り外しが出来、切戸になっているのがわかります。

あとは、鏡板に松があれば・・・。


こちらは彦根藩の正式な舞台。(舞壺の四隅の柱と柱の間が三間四方。)

どこの舞台でも、演能しているところを見たいなぁ。


狭宮神社
《住所》兵庫県丹波市山南町和田138

参考サイト
兵庫県神社庁HP
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6308207.html


いつも応援いただきありがとうございます。狭宮神社は明るい境内で、とても気持ち良いお社でした。本殿周囲は、広い境内に比べてぎゅぎゅっと凝縮され、狭い 濃厚な空間です。玉乗りこまちゃんに会えてとっても嬉しかったです♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本殿のそんな場所に狛犬的なものが隠れているパターンもあるんですね!私もこれからはもっと気をつけて見ないと。
立派な舞殿ですね。雨の日はちゃんと閉めているのかな?

No title

こんにちは。お邪魔します。
玉乗り狛ちゃま ぶっとくってまんまるのお手手と満面の笑みがたまりません~~(≧◇≦)♡
台座、自然石なんですね。
はむはむ噛んでらっしゃるお方も素敵です!
(案内板にある中川様の作品でしょうか?)

あまりの暑さでバテ気味でゴザイマス~~
つねまる様もどうぞお身体気をつけて猛暑乗り切って下さいませ!!

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

かぷーっとしてる狛犬的なものは、獅噛み(シガミ)とか獅子噛み(シシカミ)と呼ばれるもので、だんじり、山車、社殿等の魔除けに使われています。

ここのはかわいい子達ですが、おおおー?っと思うほど巨大な子もいますのよー。

舞台は雨戸のようなものが見当たらなくて、どうも吹きっさらしのようです。

見るも無残なことになる前に、何とかされたらいいのにな、とは思うのです。もったいないなー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

んもぉー、かわいくてかわいくて。

よーしよしよしよし、ってしたくなりますよねー。へへ。

四角く整形していない台座と会うのが多分初めてで、しかも玉乗りみたいで。
笑顔の狛犬さんを見てると、どーーーしても、「やったぁ♪乗れたよー♪」になりまして。こほん。

はーむはむはむ、は、獅子さんのようです。
獅子噛み、獅噛み、という名前の付いた魔除けなのですが。ががが。

「いっただきまーーす♪」ですよね。

本殿の上部の彫刻は、とても素晴らしい様子でしたが、んまー、もぉー、やぶ蚊が襲撃してくるので、早々に退散。

根性出して写してきたのが、かぷーっとしてる子達。

あー、あちいですね。
温度より、湿度がすごいですよねぇ。

今日、夕立が来たんですが、ちょろん、で。

地面が、「じゅっ」となって終わりました。

従って、サウナです。冗談でも何でもなく、サウナです。
暑いより、このムシムシが辛いです。うううーー。

週末は、避暑に行こうかなー。

お互い、ぼーちぼーちいきましょねー。あぢー。

能舞台!

さすが専門家ですね!能舞台の比較は大変わかりやすいです。
此処で柏原の彫刻師の中井権次の名前が出てきましたが、本家の中井大和守正清のお墓を探して京都市の長香寺にお参りしたのはもう15年以上前になります。ブログを始める前でカメラも持参してなかったです。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

丹波方面と北播磨地域の神社には、能舞台がかなり残っておりまして。
中には休憩所になっているところもあって、とても面白いです。

中井正清でしたら、大阪の「くらしの今昔館」の特別展示と研究報告が秀逸ですので、ぜひ。
東梅田から地下鉄乗って、天神橋筋六丁目下車すぐです。

お城の図面、恐らくこのまま設計図として使えるかと。

15年前には、よもやこんなに簡単に情報を共有出来るようになるとは思いもしませんでしたー。
カメラは、現像代がかさむので、学生の身には痛かったです。

No title

自然石、ほんと珍しいです^^

自慢げに顔を上げて鼻を膨らせてるのが、愛らしい^^
まるで、ボールの「とって来い」を上手にやってみせた時のワンコの顔みたい^^
全身で誉めて誉めての視線が熱い(笑

ぷっくりん真ん丸アンヨ~~ラブリー
つんつんしたら動き出したりして(*´pq`)

>食うな~

こちらの影響で、食べてるようにしか見えない病に・・・
で、ホントのところ、やっぱ食べてるイメージ意図の彫りなんですかね?(@@)

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

関東の狛犬さんのような荒々しい岩山でなく、ぽてん、っとした形にしたところがたまりません。

「とって来ーい」「わふ♪」っと、よだれまみれのボールをくれるあの顔ですね。そうそう、鼻、膨らんでますねー。

帰ろうとしても、「ねーねー」と言われてるみたいで、振り返って、よーしよしよしよし。

お手、も、上手にしてくれそうですね。

獅子噛み。食べてないのよ、噛んでるのよ。
ほら、お祭りのお獅子も、子供の頭をはむはむするでしょー?
邪気を祓うとか、そんな感じ。

はむはむ。・・・まずっ。

本心、こうかも。ふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼