スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観世流の名家「梅若家」旧跡。京都府南丹市。

こんにちは。

今日は、能のおうちのお話。



観世流の名家に、梅若家、というおうちがあります。


京都府南丹市日吉町殿田の曹源寺。丹波猿楽の梅若家の旧菩提寺。


梅若家は織田信長や徳川家康に仕えた日吉の領主であり、また、日吉を本拠に丹波猿楽の梅若座を構え、観世流に合流して観世流梅若家となった能楽の名家です。


当代の梅若玄祥先生は、今、絶対に舞台を見てほしい素晴らしい先生です。

その梅若家の旧跡のある南丹市を訪ねました。



橘諸兄の子孫の梅若家ですが、当初は山城国梅津村(京都市右京区梅津)にあり、10世「従五位下梅津兵庫頭友時」より梅津氏を名乗りました。

「梅若」の名乗りは後の事。


目の前の殿田川に架かる橋には、能のレリーフ。

若い女性の姿ですが、装束を片方脱いでいるのは「狂女」を表します。
流れる水を指しているので、能「蝉丸」の、蝉丸の姉の逆髪(さかがみ)かな?


見た通りの、じいさま。

漁翁の姿です。この髪型が、尉髪。


毎回、せっせと結うのです。


梅若家37世(梅津友時より数えて28世)の「梅若太夫波多景久」が、16歳の折に「芦刈」を御土御門天皇の御前で奉じた折に「若齢にしてその技に通ず」と右少弁藤原俊名を介し「若」の字を賜り、一門も梅津から「梅若」に改姓。



「梅若」の姓となった頃は、既に丹波国大志麻(綾部市大志麻)に本拠を移し、綾部から和知・周山・美山・殿田など丹波地域に一門が広く居住していた梅津(梅若)家。

丹波猿楽「梅若」座となった後。

上林(現在の美山町宮脇)に居住していた広長(「若」を賜った景久の子か孫かは不明)は美声で「妙音大夫」と呼ばれていました。

彼が信長より500石を与えられた土地「世木庄」が、現在、曹源寺がある場所。


ところで。中世丹波地域は、言わずと知れた山城密集地域。


曹源寺の背後の山には殿田城があります。屋根が見えるのが曹源寺。


安土で家康を饗応した際の能楽お披露目では、梅若家は共に舞台に立った幸若大夫と比べて不出来である!っと叱られました(『信長公記』)。

とにかく、舞い謡いしてるばかりでは立ち行かぬのが戦国時代。

本能寺の変。


(高野山奥の院。豊臣家墓所)


(高野山奥の院。明智光秀墓所)

梅若家の家久(もしくは広長)は、丹波攻略によりこの地域を手中に治めた光秀方に付いて山崎の合戦を戦いますが、負傷し、ご他界。
亡骸は曹源寺に葬られます。

光秀が秀吉に敗れた後、光秀に付いたため、梅若家は一時没落。


梅若九郎右衛門氏盛(隠居後に玄祥。梅若家40世)が細川幽斎の推挙によって徳川家康に仕え、世木庄の上稗生(現在の日吉町生畑上稗生)に百石を賜り、梅若中興の祖となりました。


(舞鶴市田辺城のゆうさいくん)

そんな激動の中世を生きた梅若家。


(曹源寺から見た梅若家屋敷跡方面)

今も南丹市日吉町殿田には屋敷跡と墓所が残ります。



この上に


「丹波猿楽梅若家屋敷跡」の旧墓所。

梅若九郎右衛門氏盛(隠居後に玄祥。梅若家40世)以後、梅若家は代々上稗生を領していましたが、維新後は東京に移住しました。



明治20年、梅若実(55世梅若六郎)が、梅若の始祖「梅津兵庫頭友時」の千年祭を行ない、梅若屋敷跡の旧墓所に「従五位下梅津兵庫頭橘友時碑」を建立。



昭和50年10月には「丹波猿楽梅若家旧墓所」の碑を55世梅若六郎が建立しています。



とにかく舞台が素晴らしい梅若玄祥先生ですが、とても面白い方で、
漫画「ガラスの仮面」の劇中劇『紅天女』を能にしたり、様々な舞台に挑戦しておいでです。


テレビであれ、公演であれ、どんな形でもいいので、ぜひ一度。



いつも応援いただきありがとうございます。自慢ひとつ。学生時代に、能楽堂の虫干しのお手伝いをしていたら、梅若玄祥先生がケーキを差し入れてくれましたの~(≧∇≦)ウハウハ♪優しい先生なのですー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

梅若玄祥さんは、確か人間国宝になられた人ですよね。
ニュースで見た記憶があります。

舞台は拝見したことがないので、今夜は動画ニュースでみました^^
家康さんに舞を奉納されるためでしょうか、毎年、日光山輪王寺で舞われている動画でした。

内容はわかりませんの、もう少し高尚にならなくちゃ。
と、いうのが感想です♪

No title

知らないことばっかりです。勉強になります!

特にゆうさいくんに関しては微塵も知りませんでした笑

piglet01様

こんにちは。いつもお世話になっております。

そうです。人間国宝さまですねー。

梅若玄祥先生は、能楽師が憧れる先生なんですー。
あんなお舞台にしたいなー、でも出来ないなー、っと。

幸せなことに、今なら円熟の素晴らしい舞台を生で見ることができる時期なのです。

動画ニュースまで見ていただいてありがとうございます♪

東京なら梅若先生のご一門の舞台があるので、ぜひー。
内容はわからなくても、なんかいいぞ、って感じられると思います。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すみません。マニアックになってます。
ゆうさいくん。田辺城で、攻められるもんならやってみなー!っとにらみをきかせてます。
何しろ古今伝授を盾に籠城した所なので。

ことゲイジツに関する事となると、ゆうさいくんが大活躍。
文武両道の素敵なおじさまですね。

梅若家旧墓所!

見事な梅若家の旧墓所は南丹市の曹源寺に残っていますね!
今もお参りされていますね!
綾部のものはてんで判りません。

No title

>田辺城のゆうさいくん

いつ見ても賢そうです
( ̄ ^  ̄)←こんな感じの自慢鼻(口元?)が可愛い^^

能のことは判らないけど、おうちに先祖の覚書とか由緒とかありそうだわぁ・・・(人´∀`).☆.。.:*・

>『紅天女』を能にしたり

漫画の中で劇中劇をマヤと亜弓が練習?やってたんだけど、そのあたりで読むのが挫折した^^;
本誌と単行本の内容が違うというパラドックスみたいな事になって、いまどうなっているやら^^;

>ケーキを差し入れ

おお、人間国宝から差し入れ!凄いですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

丹波猿楽の梅若座の足跡は、綾部市に点在しております。
何鹿郡志麻荘に所領を得た関係です。

特に、阿須須岐神社の秋の祭礼で行われていた「難波」の能舞とか、翁の面(南北朝期と推定。坊口に伝わっているはず)にその面影が。

福田神社の境内社の梅の森神社は梅若家の氏神様で京都からお連れしたと伝わりますし。

赤国神社、篠神社にも梅若座が、寛文年間にそこを去るまで神事能を奉納しています。

面白いのは、その猿楽の舞が丹波市にはよく残った点で。
翁の舞が方々で伝承されているので、丹波市の梅若座一門の方が遅くまで居着いていたのかもしれません。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。あついー。

>( ̄ ^  ̄)←こんな感じの自慢鼻(口元?)が可愛い^^

すごーい。じょうずー(o^-^o)
そうそう、こんな感じの自慢鼻。うふふふ。かわいー。

丹波猿楽から始まるおうち、関西地区では数家ありまして。
もちろん、ありますよー。何だこれ?読めないぜー、ってものが。

ガラスの仮面。多分、ものすごく前に挫折したので、紫の薔薇のおっちゃんがドキドキしてる頃しか覚えてないかも。
単行本、えー、そうなのか。マジックだったのねー。

能楽師でも何でも、ほんとにすごい人は、人間性がすんばらすぃー。

まぁ、ケーキの頃は田舎から出てきたお馬鹿ちゃん、で済んだので。

「せんせせんせ、知らないおじさんがケーキくれた♪」っとうちの先生に報告して、ど叱られ。るるるー。

憧れの先生を楽屋口で出待ちして、サイン戴いたりー。
今思うと、とんでもないことをしでかしておりました。おほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。