唱歌「青葉の笛」と能「敦盛」。高野山奥の院の敦盛五輪塔

こんにちは。


平維盛は一ノ谷の合戦前後に屋島辺りから脱け出し、高野山の滝口入道を訊ねました。

一ノ谷合戦では、多くの平家の公達が討死しています。


唱歌「青葉の笛」(大和田建樹作詞、作曲・田村虎蔵)をご存じですか?

一の谷の 軍(いくさ)破れ  討たれし平家の 公達あわれ 暁寒き 須磨の嵐に 聞こえしはこれか 青葉の笛

更くる夜半に 門(かど)を敲き わが師に託せし 言の葉あわれ 今わの際まで 持ちし箙に 残れるは「花や今宵」の歌



二番は、平忠度。


「更くる夜半に 門(かど)を敲き わが師に託せし 言の葉あわれ」

都落ちの直前、歌の師・藤原俊成に自らの和歌を託します。


決意を胸に秘め戦に臨んだものの、一ノ谷にて岡部六弥太忠澄により討死。


「今わの際まで 持ちし箙に 残れるは『花や今宵』の歌」


「行き暮れて木の下影を宿とせば 花や今宵の主ならまし」


一番は、だぁれー?

「青葉の笛」といえば?

はい、平敦盛ですね。

謡曲「敦盛」では、都落ちから敦盛の討死までの描写があります。


「然るに平家。世を取って二十余年。
 まことに一昔の。過ぐるは夢の中なれや。」




「籠鳥(ろうちょう)の雲を恋ひ。帰雁(きがん)列(つら)を乱るなる。
 空定めなき旅衣。日も重なりて年月の。
 立ち帰る春の頃。この一ノ谷に籠りて。しばしはここに須磨の浦。」




「シテ『後ろの山風吹き落ちて』

 野も冴え返る海際に。船の夜となく昼となき。
 千鳥の声も我が袖も。波に萎(しお)るる磯枕。
 海士の苫屋(とまや)に共寝して。須磨人にのみ磯馴松の。
 立つるや夕煙 柴と云ふもの折り敷きて。
 思ひを須磨の山里の。かかる所に住まひして。
 須磨人になり果つる一門の果てぞ悲しき。」




やがて合戦が始まり一門の武将が相次いで討死する中、敦盛は、沖へ逃げる平家一門の船に乗り遅れ、馬で追いかけます。



一ノ谷合戦の有り様を敦盛は舞います。「キリ」の部分です。

 「シテ『せん方波に駒を控へ。呆れ果てたる。有様なり。かかりける處に。』

 後ろより。熊谷の次郎直実。のがさじと。追っかけたり敦盛も。
 馬引き返し。波の打物抜いて。
 二打三打(ふたうちみうち)は打つぞと見えしが馬の上にて。
 引っ組んで。波打ち際に。落ち重なって。」


平家一門の船に向かって馬を泳がせていた敦盛を、熊谷次郎直実が追いかけます。

仕方なく敦盛は応戦。



馬上で組み合うも、波打ち際に落馬。熊谷次郎直実に組み伏せられた敦盛。


恐らくこんな感じが、


能の表現は、こう。


出家した熊谷次郎直実(蓮生法師)が敦盛の菩提を弔っている目の前に、現れた敦盛の幽霊が、能「敦盛」の主役(シテ)。

よって、敦盛の幽霊は憎き敵の熊谷次郎直実に向かって牙を剥きます。


「終いに(ついに)。討たれて失せし身の。
 因果は廻り逢ひたり敵はこれぞと討たんとするに。」




「仇をば恩にて。法事の念仏して弔はるれば。
 終には共に。生まるべき同じ蓮(はちす)の蓮生法師。
 敵にてはなかりけり跡弔ひて。賜び給へ跡弔ひて賜び給へ。」

 
仇の熊谷次郎直実を討とうと迫りますが、あ、そうだ、今は僕の為に念仏を唱えてくれてるんだった…と気づき、跡を弔って下さいなと言い残して姿を消します。

能「敦盛」、おしまい。



高野山奥の院で、ぽけーっとしている維盛ですが。

数年後。この奥の院に、供養塔が建てられます。

維盛の?・・・ではありません。


左が敦盛、右が直実。

これは、敦盛を討った後に出家した熊谷次郎直実が、敦盛の菩提を弔うために建てた五輪塔。

・・・何も隣同士にせんでも。嫌、じゃない?敦盛、嫌じゃない?


敦盛の首を取った直実。

彼には敦盛と同じ程の年齢の息子の小次郎直家がいました。

奇しくもこの日の未明。

敵の矢に傷ついた直家の「父よ、この矢を抜いてたべ」との願いを耳にしながらも、敵中の事だ、と、直家の傷の手当てをする暇なく敵陣深く突入したのでした。

その時の親心の切なさを思い起こし、暫し躊躇したものの、心を鬼にして首を掻き斬ったのです。

直実。世の無常を感じ、出家。
当時日本一の上人と尊崇されていた吉水の法然上人の弟子となり「法力房蓮生」の名を与えられ、専心念仏の行者となりました。

そして、敦盛の7回忌に当たる1190/建久元年。

敦盛の追福の法要を思い立ち、法然上人の指示により高野山に登り、父祖の菩提寺であった熊谷寺(当時は智識院)に寄寓。


敦盛の位牌および石塔を建立し、懇ろに敦盛の菩提を祈ったのでした。


・・・さて。肝心の維盛。

朝になって東禅院の智覚上人という聖をお呼びして、かねてよりの望み通り、出家しま~~~。


せん。

出家した姿になる前に、今の姿を一目、家族に見せたいと駄々をこねております。

この子、ほんとに大丈夫かしら。


いけいけ、滝口入道!


すみません。つづく。


参考文献
観世流大成版『敦盛』(訂正著作/24世観世左近、檜書店発行)


いつも応援いただきありがとうございます。高野山奥の院で、必死に探した敦盛と直実の五輪塔。やっと、日の目を見ました。しかしなぜ隣同士なんでしょうねぇ。敦盛、お気の毒です。高野山は源平問わず繋がりがありますが、高野山霊宝館では、清盛の血を混ぜて描いたと伝わる「清盛の血曼荼羅」も展示されています。でっかいですよー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
毎日、暑いですね…
こう暑いと、高野山に涼みに行きたくなります。

以前、検索で、敦盛と入力したら、すぐに美少年と出てきて、それ出る?って笑ってしまったことがあります。
今、検索したら、美少年なんて出て来なかったけど…

高野山に行くときは主に法要とかで、ゆっくり回ったことがないので、一度、ゆっくり巡ってみたいです。

勉強になりました♪

つねまるさん、おばんですばぁ~い(^o^)丿

唱歌「青葉の笛」を知らなかったので、YouTubeで調べてみました。

倍賞千恵子さんや森繁久弥さんが歌ってらして、特に倍賞さんの方は
須磨海岸の写真から入り、歌詞と解説のコメント入りで勉強になりました。

もし、つねまるさんが参照されていなかったら、ぜひ、お勧めです^^

今夜も勉強になりました☆

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あちー。じめじめ。あちー。

高野山、涼しそうですね。日影に入ったらさわやかな風が吹きそう。

敦盛で検索したら、えらくかわいい画像が出てきて、ぷぷぷ♪っと。
言葉より画像、いろいろ物語っていましたー。へへ。

おや。法要で高野山へ?大変ですね、なんか、こう、緊張します。こほん。
以前、宿坊に泊まったとき、若者な僧侶さんがお世話してくださって、すごく緊張したもので。

普段の生活よりも、すごく整理整頓してましたわ。おほほほ。

あと少ししたら、もうお盆ですねぇ。早いものです。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お、それは素敵なものがあるんですね。見てきます。

青葉の笛は、母がよく歌っていて、平家物語のお話もよく聞いていたもので。忠度も、歌で知って、吉川英治本を読んで、どきゅん♪でしたの。渋い渋いおじさまでー。えへー。

平家物語に興味を持ったと知るや否や、母方の祖母が早速謡の稽古をつけてきたので、わけもわからないまま、「ともーえ、すぅーこしもぉ、騒がずーぅー」ってやってました。おほほ。

No title

ああん、維盛。
ダメじゃーん。
これだもの、平家は負けるはずだわね。

清盛の血染めの曼荼羅!
さすが、高野山ですねぇ。

敦盛も武士の子として仕方のない最期だったんだろうけど、16才(今なら14、5才?)と言えば中学生だものねぇ。
哀れな最期だわ。

私の妄想では、滝口入道は藤木直人で決まり!なんです。
「清盛」の西行法師役の影響バリバリなんだけど(笑)

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

維盛くん、優しすぎるのか、弱っているのか、高野山へ来てからというもの、大絶賛ヘタレ中です。

平家物語では、高野山の場面になってから、延々と滝口入道と横笛の悲恋話をしたり、難しい仏教の話をしたり、中々本題に入りませんの。

きっともう、維盛は疲れてしまったんだと思います。

平家一門の中に居場所はないし、都へ戻れば捕まるし。

清盛の血染めの曼荼羅、壁一面に広がる様は圧巻です。
霊宝館の仏像群は、少し変わったものもありますし、おじさんだと思ったら仏像だったりと、とても面白いんです。

今日はぽんぽん痛いから行けません、ごめんね、って真田幸村のお手紙があったりも。

九度山は、高野山の麓です。

敦盛、引き返さなければ熊さんに討たれることもなかったと思いますが、ちゃんと武将の意地もあるところが泣かせますね。

おー、藤木直人の滝口入道♪
西行、よかったですものねー。色男~。

これからの滝口入道、メソメソ君をなだめて導いて行かなくてはならないので、苦心惨憺します。

No title

こんばんは!
今日はコメントありがとうございました。
これから大阪行きの高速バスに乗り、明日から西日本を旅します。
美術館で、平家物語絵巻も見る予定です。
源平関連の史跡にも立ち寄る予定です。
この暑さでギブアップしないよう頑張ります!
それではまた~

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まー。このくそ暑い大阪と西日本へー!?気を付けて下さいませねー!!温度はともかく、湿度がすごいので、体にこたえますもの。

おおお。平家物語絵巻に、源平関連の史跡ー!!きゃー!!

わぁ。いいなぁ。いいなぁ。やはり源平、いいですよね。
お熱が下がりませんわ。

とてもご多忙かとは存じますが、源平記事を楽しみにしております。
道中、くれぐれもご無理なさいませんよう。

No title

>何も隣同士にせんでも。

やっぱ、このあたりの感覚は現代人には??な部分ですよね^^;

須磨って聞くと「源氏物語」「明石の君」が浮かぶ。
兵庫というか神戸って、こっちじゃお洒落なイメージだけど、昔は鄙に飛ばされたリーマンな気分だったんだろうなぁ^^;

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

隣同士。ねー。わからないですね。

>須磨って聞くと「源氏物語」「明石の君」が浮かぶ。

そう思ったのは昔も同じでして。

能「忠度」の中の一節に

「西海の波の上。暫しと頼む須磨の浦。
源氏の住み所。平家の為はよしなしと知らざりけるぞはかなき」

と、あります。「源氏物語」という架空のお話の中ではあるけれど、須磨の浦は光源氏、つまり源氏の住んだ処で平家には縁はない場所だと。

神戸市も広いですからねー。
全部が全部、おされ都会というわけでもなく。
今でも「あれれ?」と思うところも残っています。

須磨は神戸市須磨区。夏はどえらいことになってますよー。
大学での海デビューは、須磨でしたがー。
大波小波が打ち寄せる太平洋に慣れていたので、瀬戸内海は波のない池みたい、と思った無礼者です。

あちー。あちー。いつもお世話になっているお礼に時乃★栞様へこの湿気をプレゼントしたいです。

お久しぶりです!

つねまる様、こんばんは。
久しぶりに書き込みです。
すごく勉強になりましたよ!
私たち剣詩舞の世界でも、この「青葉の笛」が演題にあります。

松口月城 「青葉之笛」

一の谷の軍営 遂に支えず
平家の末路人をして悲しまず
戦雲収まる処 残月在り
塞上 笛は哀し吹きし者は誰ぞ

とても哀しいのですが、その中で美しく奏でられる笛の音の様子が、どことなく戦乱の真っ只中とは思えない、不思議さを感じさせられる詩です。
私もこの「青葉の笛」や能の「敦盛」は大変好きです。
いやー、本当に勉強になりました!

※とても暑い日が続いていますが、お互い頑張りましょう!
また、お邪魔致します。

徳平様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問ありがとうございます。
ご無沙汰しております。

忠度の箙に付けた短冊の和歌、経正の青山の琵琶、清経の笛。
本人には恐怖でおかしくなりそうな中の現実逃避だったかもしれません。

それでも、東国の面々には、さぞかしカルチャーショックだったことでしょうね。

『平家物語』は、合戦のお話を美化し過ぎていますが、記録文書ではなく物語なので仕方がないです。

人を殺すことが生業の武将は、修羅道へ堕ち、死後はとても苦しむのだといいます。供養してもらって初めて少し楽になるわけで。(能の分類『修羅物』)

戦の前の見事な決意とか、心意気。
そんなものよりも、戦は美しいものではないと伝えるものは何かないのかなーっと、最近思います。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼