世俗の姿は男前。滝口入道と桜梅の中将。『平家物語』in高野山

こんにちは。


横笛との恋心を捨てて、出家した斎藤時頼こと滝口入道。


横笛から逃げるように高野山へ入ります。

そこへ。


ぴんぽーん。っと、訪ねて来たのは、


間違えました。

こっち↓


・・・誰?

斎藤時頼は、平重盛に仕えておりました。

重盛といえば・・・「桜梅の中将」平維盛のとーちゃんです。


そう。訪ねて来たのは、平維盛なのでした。


滝口入道を頼り高野山へ来た維盛。

何という変貌ぶりでしょう。いったい彼に何があったのか。


家族を都へ残し、平家一門と共に都落ちしたはず。

その平家一門は、一の谷の合戦で源氏に敗退し、屋島等へ移動したところ。


平忠度、敦盛達も討死。

実は維盛。


都へ残してきた愛しい者達。


子供達の事がとにかく頭から離れません。


身は屋島にありながら、心は都へトリップした状態。

『あるにかひなき我が身かな』(生きる甲斐もない我が身だなぁ)な日々。

ついに、寿永3年3月15日の暁。

こっそりと屋島の館を脱走します。


同行するのは、三名。
与三兵衛重景、童子の石童丸、舎人の武里(舟の操舵の心得あり)。


阿波国結城の浦から出航。


和歌、吹上、衣通姫の神と現れ給へる玉津島の明神、日前国懸の御前を過ぎて紀伊の湊にこそ着き給へ。
これより山伝ひに都へ上り、恋しき者共を今一度見もし見えばやとは思はれけれども。
本三位中将殿、生捕にせられて大路を渡され、京鎌倉恥を曝し給ふだにも口惜しきに、この身さへ囚はれて父の屍に血をあやさん事も心憂し。とて千度心は進めども、心に心をからかひて高野の御山に参り給ふ。



紀伊の港から都へ上り、恋しい者達に今一度会えるものなら会いたいと思ったけれど。



叔父の本三位中将重衡は、生け捕りにされて大路を引き回され、京・鎌倉に恥を晒されました。

この事だけでも悔しいのに、維盛まで囚われて、亡き父・重盛の名を辱めるような真似はできません。

心は千度も都へと向かったけれど、葛藤を繰り返した挙げ句、高野山へたどり着いたのでした。

この時の維盛の姿は。

潮風に黒み、尽きせぬ物思ひに痩せ衰へて、その人とは見え給はねども、なほ世の人には勝れ給へり

・・・大変だったのね、維盛。

こうして高野山へ来た維盛は、面識のあった滝口入道を訪ねたのです。
(前述。滝口入道こと斎藤時頼は、平重盛に仕えていた)

維盛の滝口入道評。



三位中将それに尋ね逢ひて見給ふに、都にありし時は、布衣に立烏帽子衣文をかい繕ひ、鬢を撫で、華やかなりし男なり。
出家の後は今日初めて見給ふに、未だ三十にも成らざるが、老僧姿に痩せ黒みて、濃墨染に同じ袈裟香の煙に染み薫り、賢しげに思ひ入りたる道心者羨ましうや思はれけん。



都にいた時は布衣に立烏帽子、衣をきちんと装って鬢を整え、華やかな男でした。
今日初めて会った出家後の姿は、まだ三十歳にならないのに、老僧のように痩せ黒ずんで、濃墨染に同じ色の袈裟をまとい、香の煙に染み薫り、深く仏道を歩んだ者となっているのです。

維盛はこれを、羨ましいなぁーっと思ったのでした。



大丈夫か、維盛・・・(T_T)



参考文献
新日本古典文学大系『平家物語 』(梶原正昭・山下宏明 校注 岩波書店)
※平家物語巻十『横笛』

いつも応援いただきありがとうございます。ロミオ滝口入道は、やはり男前だったようですね。出家しなければ浮いた話がわんさかと出たことでしょうねー。その滝口入道の前に現れた、ヨレヨレの維盛。源氏との合戦での連敗、家族を残して都落ち。維盛、いいとこなしです。ううう。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同性に羨ましがられるほどなんて
ロミオ滝口入道ってどんな人?
気になりますよ~
世が世にだけに余計にって言うか
いつの時代でもこういう方っていらっしゃるのですね。

No title

>その人とは見え給はねども、なほ世の人には勝れ給へり

ほつれ髪が額にハラリと垂れた感じっすかね~(人´∀`).☆.。.:*・
すごい子煩悩の惟盛、きっと奥さんともラブラブだったんだろうなぁ。
パパママの愛情いっぱいに育った子供たちのプリチー笑顔・・・・そら未練にもなりますわ  (゜-Å) ホロリ

イケメンがイケメンを褒めてる~~
どっちもイケメンだから読んでても文章がスマートですね(*´pq`)クスッ

ぽちぽちぽちーーー☆

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ロミオ滝口入道、なんとも言えない雰囲気がある男だったんでしょうねぇ。
平家物語の維盛、ええなぁええなぁと繰り返し呟いてます。
いや、そりゃ、出家の願望がある身なので、憧れがあるんでしょうけどー。あやしい。

どこが?と聞かれたら困るけど、何とも言えない色気とか醸し出しちゃう困った人っていますよねー。

維盛、弱ってるだけに、し、ん、ぱ、い♪

この滝口入道、所々で、あ、この人、もと武家やわ、って所がありまして。こらこらこらこらー!っと、突っ込むのが楽しい平家物語です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほつれ髪が色気に繋がる人って、ほんまに美しい人ですわねぇ。
一応嫡孫やし、総大将にしたろか?的な人選に違いないのに、義仲にぼろ負けして叱られて、頼る後ろ楯もなくて、一門の中で孤立して。

しかもその一門の行く末は真っ暗で。

お気の毒なことこの上ないですね。

奥さんの美形っぷりと、ラブラブっぷりと、うだうだグチグチっぷりは、「維盛都落」の原文、大半がコレで。省略しました。へへ。

何かあると、すぐに布団を被って臥せにけり、が、平家物語の面倒くさいとこですね。

後ろ楯がないこともあり、維盛は子供達に乳母を付けてはいますが、手元で育てています。
なので、余計にパパママの愛情たっぷりで育って、甘えてくるんでしょうね。

平家物語の後半は、維盛が主役かと思うほど。

あくまでも物語ですから誇張はあるでしょうが、源氏の親子関係とはずいぶん違いますねー。

この先、維盛ったら大丈夫かしら、の連続です。
それに比べて、イケメン滝口入道のザックリっぷりが。が。が。むふん。です。

と言いつつ、すみません。次記事は別人のお話です。

No title

真面目に武家的突っ込みをすると、

本来なら乳母(と、その夫)にキチンと育てさせなきゃならないんですよね^^;
乳母一族は身内より信頼できる家臣として、後々の子供たちの将来に必要な人材ですから、親子の情愛とは別問題。

それだけ惟盛が愛情深い人物だったのもあるかもですが、
それ以上に清盛の嫡孫でありながら惟盛が平家一門で孤立してたのが窺えます(´;ω;`)

六代が生まれた時は清盛が存命してたのに、惟盛と子供の将来に備えてなかったのかと不思議なんですけど、
そこは伝承なので全部が伝わってる訳じゃないのかなぁって^^

とにかく学校の教科書では「祇園精舎の鐘の声~」の冒頭くだりで挫折(寝落ち)してたんで、ほんとに毎回楽しく読ませて頂いてます^-^

これだけの記事を書くのは大変だと思いますので、時々息抜き狛ちゃしてくださいね(^ -)---☆Wink
ワンだフル記事も楽しみにしてます^^/

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えーっと、この六代ですが、後日談が平家物語の後半のクライマックスになります。

そのなかで、母親が六代についてこう言っています。

「人の子は乳母などの許に遣はして時々見る事もあり。
それだにも恩愛の道は悲しき習ひぞかし。
況やこれ(※六代)は生み落してより以来一日片時も身を放たず人の持たぬ物を持ちたるやうに思ひ朝夕両人の中にて育てしものを」

また、この六代の母、つまり維盛の妻は鹿ヶ谷の陰謀で平家打倒を図ったとして流罪、殺害された藤原成親の次女。※陰謀自体は六代の生まれた後です。
また、維盛自身の生母は出自不明、維盛は十代前半まで嫡子の扱いは受けておらず(『玉葉』)。

また、重盛の母は時子ではないので、清盛の積極性がどれほどあったのかな、とも思います。

維盛、様々な外因が重なって、六代を手元で育てたようですね。

西に住んでいるのと、能に平家物語を題材にしたものが多いのとで、頻繁にひっくり返して読み返してますが、本気で足跡を追うなら、あくまでも物語なので他の資料と比較は必要ですね。

何しろ仏教色が濃いので、大半がわけわからない箇所も多数でー。ぐーぐー。

ワンだプルプルな画像がたまっているので、お言葉に甘えて時々挟みますねー。ありがとー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼