田辺藩主のお好みwater。宮谷神社の吐月水。

こんにちは。


東舞鶴湾の向かい側は、大浦半島。見えるのは多禰山。


ここは、引き揚げ船が入港したところ。

この橋の「クレイン」とは「鶴」という意味らしく。
大浦半島の博奕岬に石炭火力発電所を作るため、関西電力が工事用道路の一環として作ったとか。

あほー。電気代、安くしろぉー!(←切実)


ぷりっけつ狛犬さんのお社へ行く途中の


いや、落とし物よりもっと手前の


佐波賀に鎮座する宮谷神社。


海には、蛇島・烏島。

蛇島には城跡があり、城主は下志万七郎左衛門(『田辺旧記』)。

下志万氏は、京都府の舞鶴湾を拠点に活躍した水軍。
当時の水軍は舞鶴湾沿いに根城を持っていました。

「蛇島城主光孝天皇二十九代末孫下志万七郎右衛門助景丹波国何鹿郡志万庄より当国に来る時代不知」(『丹後国加佐郡寺社町在旧起』)(wikipediaより)。後に没落。



1570/永禄13年4月29日。
信長は越前朝倉義景の討伐の兵を起こしますが、それに先駆け、丹後守護の一色義員は丹後水軍数十艘を率いて越前金ヶ崎を攻めます。
しかし、この時信長勢は後詰めの羽柴秀吉に護らせて敗退。

続いて、天正3年8月。一色義員の加佐水軍が田辺を出帆し、10月下旬、間和泉守・筑前守頼照・松浦法橋ら越前一揆勢を攻めます。

この加佐水軍の中に、矢野藤一郎光長(田辺城代)、大島但馬守長光(田中高屋城主)等と並んで、櫻井豊前守左吉郎(佐波賀城主)の名前が見られます。
この功績により、義員は信長より改めて丹後を与えられました。


山城があったらいいな、と思いつつ。

宮谷神社は、佐波賀氏の氏神だったようなのですが、詳細不明。
とりあえず、舞鶴湾には水軍がいて、そこそこ活躍した、と。

ご勘弁。


「田辺藩名水吐月水」です。

田辺城城主の牧野英成(ひでしげ)が茶堂を建てて船で通った程に惚れ込んだ名水とか。
歴代の田辺藩主にも名水として好まれ、この名水に「吐月」と命名。


今も湧水があります。


茶を煎れた程なので真水だとは思うんですが、時節柄、えんりょ。


落とすわけにはいかないですもの。


こじんまりとしたお社です。


ここの狛犬ズも、正面を向いてます。


やめといたー。


ちび狛ちゃん、ラブ♪


かーちゃん、待って待って。


ごめん。


力石にしては小さいの。


冬は雪国。


丹波・丹後地域に散見する扇形の拝み石。


本殿が味わい深くて、お気に入り。


このようなお社を見ると、神社ってでかけりゃいいってもんじゃないなーと思うんですが。


かわいい龍でも、なんか好き。


ウフフフフ。


地域の人に大切にされているのは、とても素敵なコトナノダ。


「?」王権現、と書かれた扁額を見つけてしまったー。

いやーん。何かしらー?

蔵王権現?



・・・見なかったことに。



いつも応援いただきありがとうございます。海が目の前なのに淡水が湧くので、珍しいぞっと思ったのかな。確かに見た目はきれいなお水でした。田辺城といえば、細川幽斎様の籠城ですが、江戸時代は牧野氏が藩主。地道にこつこつ。楽しみが船で対岸に渡って、「ちゃーしばこかぁー(お茶にしましょ。※大阪でも誰も言いません)」とは、なんて慎ましい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

古今伝授

こんばんは。また颱風がやつてまゐりさうですね。
お社の話から逸れてゐます、すみません。
田辺城の戦ひと言へば、幽斎の類ひ希なる才能ですね。
幽斎の歌道の才と古今伝授が失はれないよう勅命がくだると言ふのは、歌の才能が全くない橘右から見たら、仰ぎ見みて、大きすぎて見えない程です。

三斎が幽斎の菩提を弔ふ為に立てた高桐院にまた行つてみたくなりました。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いえいえ。余力があれば田辺城も書きたかったのですが、眠気が勝り失礼しております。

まだ酷暑ではないんですよー、今年は。夜もエアコンなしで過ごしていますし。大阪では奇跡です。

古今伝授が如何に物凄い事か、田辺城の戦いの経緯を調べると周囲の山城の数と共に驚きます。

幽斎が八条宮家の智仁親王に古今伝授した建物は、長岡天神から水前寺公園へ移築されたようで、ちょっと残念。
八条宮家縁のものだと思ったのに、下賜されて細川家のものになったんですねぇ。

>三斎が幽斎の菩提を弔ふ為に立てた高桐院にまた行つてみたくなりました。

おおお、高桐院。入口から既に威圧感というか、高尚だぞーっと感じる所で。
秋に、いいですね。今宮神社のあぶり餅とセットで。うふふ。

No title

おお^^牧野さま

譜代だからお名前だけはチラホラ見かけるけど、こちらの殿さまとは知らなかったです^^

和気藹々な雰囲気抜群の拝殿ですね^^
子狛ちゃのプルっちり、将来有望?です(*´pq`)

ほんに地域で大事にされてる社は、居心地良くて和みますわぁ(*´ー`)

ほっこりした気分になってところでポチポチポチーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよ。地味ですが、堅実な牧野さま、こちらです。
田辺城址の資料館に、牧野さま関連の諸々のものが展示されているんですが、地味、いやいや、なかなか面白いです。

田辺というとどうしてもゆうさいくんや、京極さんちが有名なのですが。

田辺城のある舞鶴市は、よく行くわりにお社やお寺はスルーしてまして。
海上自衛隊の艦船を遊覧船で眺めるのが好きでー。
イージス艦とか、いろいろといますの。
日本海側はいろいろと多忙。

お社は小さいですが、そう、和気藹々ですねー。
海が目の前で、ぽけーっとするのに最適。
ここで茶会したら、立ち上がれないかも。ぽー。

狛犬さん、丹波・丹後地方でよく見かける姿なんですが、この子達はなぜか子狛ちゃんがそれぞれ個性があって。

ぷりんぷりんの子狛ちゃんのおしり、有望株ですねー♪

地元の方々が大切にされているお社は、こちらも幸せな気持ちになりますね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼