スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老武者の矜持と執心。能「実盛」

こんにちは。



前回までは、『平家物語』の実盛。

能「実盛」で描かれる実盛は、また一味違います。
作者は世阿弥。


【能「実盛」】

場所/加賀国篠原の里(篠原の戦いの場所)

前シテ/篠原の里の老人。着流尉出立(老人の扮装)
後シテ/斎藤別当実盛の霊。修羅物出立(武将の扮装)
ワキ/遊行上人。大口僧出立(格式張った僧侶の扮装)
ワキツレ従僧(二人)・間狂言篠原の里の男


源平の合戦から時は流れ。平和になった加賀国篠原の里。

踊り念仏で有名な一遍上人の弟子・遊行上人は、この里を訪れ説法をしていました。


遊行上人は一遍上人の弟子。一般の僧より格上だと装束で示します。

毎日、上人と話をする老人がいましたが、その姿は上人以外には見えないと分かり、ある日。

上人は老人に名を尋ねます。しかし、名乗らない。名乗らないどころか、源平合戦の話まで始めてしまう。



イライラしつつ何度も尋ねて、ようやく老人は、自分は斎藤別当実盛の亡霊だ、と述べて池のほとりに姿を消します。

(中入)

上人と従僧が池のほとりで踊り念仏で弔っていると、やがて、老いても華やかな鎧を身に付けた武将姿の実盛の幽霊が現れます。

ワキ/上人
「不思議やな白みあひたる池の面に。
かすかに浮び寄る者を。見ればありつる翁なるが。甲冑を帯する不思議さよ」


残雪のように鬢鬚白き老武者なれども、その出で立ちは、「夜の錦の直垂に、若武者が着るような萌黄匂い(もえぎ色の濃淡)の鎧、金(こがね)作りの太刀刀(たちがたな)」と、華やか。



実盛は、上人の弔いに応じ、「慚愧懺悔(ざんぎさんげ)の物語。なほも昔を忘れかねて。忍ぶに似たる篠原の。草の蔭野の露と消えし有様語り申すべし」と、討死した時の有り様を語ります。

まず、首実験の場面から。

シテ/実盛(語り)
「さても篠原の合戦破れしかば。
源氏の方に手塚の太郎光盛。木曽殿の御前に参りて申すやう。
『光盛こそ奇異の曲者と組んで首取つて候へ。
大将かと見れば続く勢もなし。また侍かと思へば錦の直垂を着たり。
名のれ名のれと責むれどもつひに名のらず。声は坂東声にて候』と申す。

木曾殿、『あつぱれ。長井の斎藤別当実盛にてやあるらん。
しからば鬢鬚の白髪たるべきが。黒きこそ不審なれ。
樋口の次郎は見知りたるらん』とて召されしかば。

樋口参りただ一目見て。涙をはらはらと流いて。


『あな無慚やな。斎藤別当にて候ひけるぞや。
実盛常に申ししは。六十に余つて戦をせば。
若殿原と争ひて。先に駆けんもおとなげなし。
また老武者とて人々に。侮られんも口惜しかるべし。
鬢鬚を墨に染め。若やぎ討死すべきよし。常々申し候ひしが。まことに染めて候』」


と、ここまでは『平家物語』とほぼ同文。

「あな無慚やな、斎藤別当にて候ひけるぞや」からとったものが、
芭蕉の「むざんやな 甲の下の きりぎりす」。
多太神社に今も残る実盛の兜を見て読んだ句。
はじめは「あな」が付いていたものを、字余りになり省いたとか。


シテ/実盛
「『(まことに染めて候)。洗はせて御覧候へ』と。
申しあへず(申すやいなや)首を持ち。」

地謡「御前を立つて辺りなる。この池波の岸に臨みて。
水の緑も影映る。柳の糸の枝垂れて。
気(き)霽(は)れては。風 新柳の髪を梳(けず)り。
氷消えては。波 旧苔(きゅうたい)の。
鬚を洗ひて見れば。墨は流れ落ちてもとの。白髪となりにけり。

げに名を惜しむ弓取は。誰もかくこそあるべけれや。
あらやさしや(※殊勝なことである)とて皆感涙ぞ流しける。」



せっかく染めていたのに。墨、流されちゃった。


続いて、実盛の錦の直垂の話。



実盛は出陣にあたり、「このたび北国に。まかり下りて候はば。さだめて討死仕るべし。
老後の思ひ出これに過ぎじ御免あれと望み」宗盛から、赤地の錦の直垂を許されました。

実盛は故郷の越前国に「隠れなかりし弓取の。名は末代に」残す心意気だったのです。


ところで。実盛は武者ですから、当然多くの殺生をしました。

死後、敗れても再生し戦い続け苦しむ世界の「修羅道」へ堕ちています。

この修羅道、ご丁寧に毎日決まった時刻に、地獄の苦しみを味わうところなのです。

修羅道に堕ちる時刻となると、実盛は手塚の太郎と組み討ち死にした有様を見せ、篠原の土となった身の弔いを願い、姿を消しました。

以下、少し長いですが、『平家物語』よりもテンポよく読めると思うのでそのままご覧ください。

 
上人「げにや懺悔の物語。心の水の底清く。濁りを残し給ふなよ。」

実盛「その執心の修羅の道。めぐりめぐりてまたここに。
木曾と組まんと企みしを。手塚めに隔てられし。無念は今にあり。」

地謡「続く兵(つわもの)誰々と。名のる中にもまづ進む。」

実盛「手塚の太郎光盛」
地謡「郎党は主(シュウ)を討たせじと。」
実盛「駆け隔たりて実盛と。」
地謡「押し並べて組むところを。」
実盛「あつぱれ。おのれは日本一の。剛の者と組んでうずよとて。
鞍の前輪に押し付けて。首掻き切つて捨ててんげり。」
 
地謡「その後(のち)手塚の太郎。実盛が弓手に廻りて。
草摺を畳み上げて。二刀刺すところをむずと組んで二匹(※二頭の馬)が間(あい)に。どうと落ちけるが。」

実盛「老武者の悲しさは。」

地謡「戦には為(し)疲れたり。
風に縮める。枯木の力も折れて。
手塚が下に。なるところを。郎党は落ち合ひて。
つひに首をば掻き落とされて。篠原の土となつて。
影も形も亡き跡の、影も形も南無阿弥陀仏。
弔ひて賜び給へ、跡弔ひて賜び給へ。」



能「実盛」の中の実盛は、なんと、義仲と組もうと向かったというのです。



二歳の頃、実盛が命を救った敵の大将・木曽義仲。
彼に討たれるならそれもよしと立ち向かった老武者実盛。

それを、手塚太郎光盛に阻まれたことが今でも無念である、と。



終にはその手塚に首を落とされ、あげくに、黒く染めていた髭や髪を池で洗われ、白髪をさらされてしまいました。

髪を黒く染め、若々しく戦に臨んだ実盛は、生前語っていた通り、最期までその矜持を貫き通したというのに。

実盛はその無念を

「いやさればこその実盛は。この御前なる池水にて鬢の髯をも洗はれしとなり。
さればその執心残りけるか。」


と、述べています。その執心たるや、

「われ実盛が幽霊なるが。魂(こん)は冥土にありながら、魄(はく)はこの世に留まりて。
なお執心の閻浮の世に、二百余歳の程経れども、浮かびもやらで(略)」


な、状態。



ですから、実盛の幽霊は、篠原の土となった身の弔いを遊行上人に「弔ひて賜び給へ、跡弔ひて賜び給へ」と言い残して姿を消したのでした。


【曲趣】

能「実盛」の主題は、老武者の執心。

前場は老人の独唱が大半、後場は老体ではあるが型が多く、その動きの中に老武者の心情を入れなければならないため、難曲だとされています。

本作では、ワキに名乗れと言われても、シテはなかなか名乗ろうとしません。
これは実盛が最期に臨んで手塚太郎と戦ったとき、手塚が「名乗れ、名乗れ」と責めかけても遂に名乗らなかったことを思い起こさせ、ひねくれ者の実盛の執心の深さと矜持を象徴しているとか。


『平家物語』の爽やかな「坂東武者の実盛」と比べて、どうでしょう?


【作者・世阿弥の意図】

世阿弥は、能の詞章を書くにあたっては、忠実に原典の順に従うのではなく、劇的効果を出すために順序を変更すべきであると述べています。(『申楽談儀』)

「実盛に鬚洗ふより、順序ならば、合戦場になる体を書くべきを、『また実盛が』など言ひて、入端に戦う体を書く、かやうの心得なり」の説明通り、

『平家物語』/「合戦討死」→「首実検」→「錦の直垂の話」
能『実盛』//「首実検」→「錦の直垂の話」→「合戦討死」

と、なっています。


また、この「実盛の幽霊が現れて、遊行上人から念仏を授かった」話は、当時、実盛の幽霊が出たという噂が京都で広まっており、世阿弥はその趣向を取り入れて本作を書いたと考えられています。
(1414/応永21年5月11日、醍醐寺三宝院の僧・満済の日記)


おまけ。


前シテの尉の頭は、「尉髪」の形。

これ、出来上がった鬘をかぽん、っと被るのではなく、毎回結うのです。
後シテでは、この直毛の鬘を垂らし、梨子打烏帽子を被ります。


以上、能「実盛」でした。



参考文献
『世阿弥芸術論集』(田中裕校注/新潮社)
観世流大成版『実盛』(訂正著作/24世観世左近、檜書店発行)


いつも応援いただきありがとうございます。能「実盛」の舞台での装束は、権利関係上掲載出来ないので、お手数ですが「能 実盛」で検索してご覧くださいませ。様々な組み合わせが出てきます。面白いですよー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。