スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「故郷へは錦を着て帰る」実盛のお洒落決意

こんにちは。

追手の迫る幼い義仲を、木曽まで逃がした斎藤別当実盛。

彼は平家軍が散り散りになる中、一騎残り、義仲軍の手塚太郎光盛と対峙。



実盛は、敢えて名乗らず、手塚光盛と組み合います。

「さては汝が為によい敵ぞ。但し和殿下ぐるにはあらず。
存ずる旨があれば名乗る事はあるまじいぞ。寄れ組まう手塚。」


「あつぱれ己は日本一の剛の者に組んでうずなうれ」

手塚太郎光盛は、実盛に対し「鎧の草摺引き上げて二刀刺し弱る処に組んで落」します。

気持ちは勇ましいものの、年を老い、戦い疲れ手負いであった実盛は手塚太郎光盛の郎等により、首を落とされたのでした。


手塚光盛は、実盛の首を義仲の前へ持参します。

義仲には、この首は、斎藤別当実盛だとはわかったものの、自分が幼い頃に既に白髪混じりだったのだから、お髭や髪がこんな真っ黒なはずはない、おかしいなー?と、乳兄弟の樋口兼光を呼び出し確認させました。


樋口次郎ただ一目見て『あな無慙長井斎藤別当にて候ひけり』とて涙をはらはらと流す。

「あな無残。長井斎藤別当にて候ひけり」・・・実盛に間違いありません。


義仲の恩人である実盛を自分の手勢が討ち果たしてしまったのです。



なんてこったー!!義仲、号泣!!

・・・となるはずが、この点は『平家物語』は実にあっさりと流しています。


木曾殿「それならば今は、七十にも余り白髪にもならんずるに、鬢鬚の黒いはいかに」と宣へば、樋口次郎涙を押さへて

「さ候へばこそ、そのやうを申し上げんと仕り候ふが、あまりにあまりに哀れに覚えて、不覚の涙のまづこぼれ候ひけるぞや。
されば、弓矢取る身は予てより、思ひ出の詞をば聊かの所にても遣ひ置くべき事にて候ふなり。
実盛常は兼光に逢うて物語りにし候ひしは

『六十に余つて軍の陣へ赴かば、鬢鬚を黒う染めて若やがうと思ふなり 。
その故は若殿原に争ひて先を駆けんも大人げなし。
また老武者とて人の侮らんも口惜しかるべし。』と申候ひしか。」


実盛ならば、年は七十にはなっているだろうに、なぜお髭や髪が真っ黒なの?と、義仲。

それを言おうとしたけれど、実盛の事があまりに、あまりに、哀れに思えて不覚にも涙がこぼれた兼光。


弓矢取る身は、常日頃より誰かに自分の考えを言い残しておくべきなのだなぁ、と言う兼光。

かつて実盛が兼光に語った言葉。

「六十過ぎて軍勢に加わる時は、髭も髪も黒く染めて若くしようと思う。
何故なら、若者達と争って先を駆けるのも大人げないし。
また、老武者だわ、くす、もうけたー、と、人が侮るのも口惜しいからなぁ」




「まことに染めて候ひけるぞや。洗はせて御覧候へ。」と申しければ木曾殿「さもあるらん」とて洗はせて見給へば

白髪にこそなりにけれ。




本当に染めているのだろうか、と、実盛の首を池で洗ったところ、白髪の姿が現れたのでした。


(義仲主従と実盛の話はここで終わります)


さて。この戦いの時の実盛の装束。

「赤地の錦の直垂に、萌黄威の鎧着て、鍬形打つたる甲の緒を締め、金作りの太刀を帯き、二十四差いたる切斑の矢負ひ、滋籐の弓持つて、連銭葦毛なる馬に金覆輪の鞍を置いて乗つたりけるが(略)」

対峙した手塚太郎光盛は、この「錦の直垂」から大将かと思ったと、義仲の前へ実盛の首を持参した時に述べています。

「光盛こそ奇異の曲者組んで討つて参つて候へ。大将かと見候へば、続く勢も候はず。侍かと見候へば、錦の直垂を着て候ひつるが『名乗れ名乗れ』と責め候ひつれども、つひに名乗り候はず。」

この日、実盛は大将が着用する錦の直垂を身に付けていました。

なぜ?

出陣前に実盛は、大臣の宗盛に申し出ます。


「実盛が身一つの事では候はねども、
先年坂東へ罷り向かつて候ひし時、水鳥の羽音に驚いて矢一つだに射ずして駿河国の蒲原より逃げ上つて候ひし事、老いの後の恥辱ただこの事候ふ。」


「実盛一人に限った事ではないが、先年、坂東へ出征(富士川の戦い)の時は


平家軍は、水鳥の羽音に驚いて敗退した。

この事は、実盛にとって老いの後の恥辱、これに尽きる」と。


この度の北陸への出陣は、討死する覚悟の実盛。

実盛は、近年は領地を武蔵国長井に与えられ、居住していましたが、元は越前国の者。



そこで、彼は宗盛に願い出ます。


「事の譬への候ふぞかし『故郷へは錦を着せて直ぐ帰る』と申せば、あはれ錦の直垂を御免候ひかし」と申しければ、
大臣殿「優しうも申したるものかな」とて錦の直垂を御免ありけるとぞ聞えし。


「『故郷へは錦を着て帰る』とも言うので、ぜひ錦の直垂の着用をお許しください」と実盛が言うと、宗盛は『殊勝な事を申した』と、錦の直垂の着用を許可したのでした。



昔の朱買臣は錦の袂を会稽山に翻し、今の斎藤別当はその名を北国の巷に揚ぐとかや。
朽ちもせぬ空しき名のみ留め置いて、骸は越路の末の塵となるこそ哀れなれ


昔、漢の朱買臣は錦の袂を会稽山に翻し、今の斎藤別当実盛はその名を北国の地に上げたという。

朽ちもせぬ空しい名前だけをそこに留めおいて、骸は越路の果ての塵となってしまったことは、哀れなことである。

実盛・・・( ノД`)…


去んぬる四月十七日、十万余騎にて都を出だし事柄は何面を向かふべしとも見えざりしに、今五月下旬に都へ帰り上るには、その勢僅かに二万余騎。

流れを尽くして漁る時は、多くの魚を得るといへども明年に魚なし。
林を焼いて狩る時は、多くの獣を得るといへども明年に獣なし。
後を存じて少々は残さるべかりけるものを、と申す人々もありけるとかや。



四月十七日、北陸へ出陣した十万余騎は。

五月下旬に都へ帰って来た時には、僅か二万騎。

控えの軍勢を都へ残さなかった平家軍は、この残存兵力で源氏と立ち向かわなくてはならなくなったのでした。


義仲、頑張りました。


総大将、維盛。ハリノムシロ。


『平家物語』「実盛最期」おしまい。



実盛を討った、諏訪神氏出身の手塚太郎光盛(金刺光盛)の居館跡は、諏訪では「霞ヶ城(かすみがじょう)」として伝わっているとか。

らんまる様が訪問し、記事にされていますので、ぜひ。


◆篠原の戦いで義仲の恩人である斉藤実盛を討ち取ったという義仲の忠臣手塚太郎光盛の居館跡

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~
「手塚館 (木曾義仲史跡関連 上田市手塚)」


http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-713.html


◆桜城に残る諏訪一族と義仲に関する伝説

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~
「桜城2 (木曾義仲史跡関連 下諏訪町)」


http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-719.html



参考文献
新日本古典文学大系『平家物語 』(梶原正昭・山下宏明 校注 岩波書店)


いつも応援いただきありがとうございます。『平家物語』では、実盛と義仲のお涙頂戴物語ではなく、坂東武者の実盛を描きたかったのかな。富士川の戦いと北陸方面の戦い(倶利伽羅峠の戦い等)において、総大将の維盛を補佐した実盛は、昔救った義仲の手勢によって討死。大敗を喫した維盛、これからどうするのでしょうねぇ。義仲、いよいよ上洛します。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
いつも大変お世話になっております。
実盛様、、 髭も髪も黒く染めて、錦の直垂・・
最後の戦へ向かう決意の程が窺われ じ~んと。。。(/_;)

登場回数の少ない樋口さん

そろそろ広告宣伝料お支払いしないといけませんネ(笑) 分かりやすい平家物語・・イイですネ。

小生も上野国へ行ったついでに義賢の領地であった多胡や義仲の生誕地も回れば良かったのですが、意気地がないし遠いし・・・(汗)

今井兼平に比べると登場回数の少ない樋口兼光。主人の死に目にも会えず捕らわれて打ち首という最後がいけなかったのでしょうか。それにしても実盛さん、坂東武者でございます。現地へ行ってみたいなあー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おっさんのお話が続いて、私は夢の中で幸せなんですが、退屈ではありませんかー?

実盛の覚悟、手塚太郎光盛にかける言葉にも表れているように、決死の覚悟ってやつですね。

それでも、最期まで坂東武者の意地というか、彼のプライドというか、物語としてはとてもじぃーんっときますねー。

家族だったら、何でもええから、帰ってこーい!ですが。

平家物語では、実盛の他にも坂東武者達が平家に仕えていた関係で、平家側で参戦し、同じような最期を遂げています。

へなちょこ平家の面々にはさぞかし頼もしく、源氏ってのはもしかしてすごく強いんじゃなかろーか?とも思わせてしまったかもしれませんね。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すみません、当方が関西限定なので、貴記事へのご案内をさせていただきました。
こちらこそ御礼の品をせんせにお送りしなくては。はい、かんぱーい。

せんせの訪問記事を拝見して、手塚太郎光盛くんはそこらに転がっているような子ではなく、ちゃんとしたとこの子だったのかぁー、と勉強になりました。

行きたいなー。

始まって数日なのに、早く夏が終われーっとの思いにて。

>小生も上野国へ行ったついでに義賢の領地であった多胡や義仲の生誕地も回れば良かったのですが、意気地がないし遠いし・・・(汗)

いやいや、遠いですよー。
それに、帰り道は誰かかわいい子を背負ってこないと。ふふ。

樋口兼光。最後はあせったでしょうし、気の毒なお話ですね。
くそぉーくそぉー!って泣きながら馬を走らせたのではないかしら。

実盛の坂東武者ぶりはお見事ですね。
現地には、実盛最期の縁のものが。確か片山津温泉の辺りでしたか。
私も現地へ行きたいです。実盛の兜が納められた神社も行きたいなー。

敦賀までならちょちょいっと走るけれど、その先は・・・( ノД`)…

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

実盛さん、かわいそう!
70歳で一騎打ちですか。シクシク・・・。

戦場で死ねれば、武士の本懐であったでしょうね。

興味ありです。
当時は何で頭髪を染めたのでしょう。
お歯黒と同じように、鉄漿で染めた?

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

折角元気に七十歳まで生きたなら、そのままそーっとしておいてあげたいですね。

お年寄りは大切に。

この源平の頃に武士の本懐という思考があったかはわかりませんが、実盛の義理堅さは伝わりますね。
言葉の美しさよりも、もっと、こう、泥臭い、ぶきっちょさんな生真面目さがあろうかと。

まぁ、もう少し落ち着いてくると、武者達もカネカネー!っと躍起になっていくのでしょうけど・・・( ノД`)…

頭髪の染め方ですが、「墨」としか書かれていないので。
池で洗ったら落ちたわけなので、墨、なのかな?

No title

他の方のコメントにもあったけど「何で」染めたか気になる^^
やっぱ墨かなぁ( ̄ω ̄A;アセアセ

>老武者とて人の侮らんも口惜しかるべし

あぁ、なんか判ります。
例えば年少すぎると戦場で組み伏せても「未だ子供じゃ」っと討ち取るのを遠慮したり、
ジジ・・・ゲフゴホ
お年を召した方ですと「白髪首は相手せず」と活きのいい現役世代からスルーされるんです。

ここで最期と定めた実盛にすれば、スルーされる恥辱は何としても回避したかったんでしょう。

あと武士は意外とお洒落さんですし^^
身分ある武将だと戦装束も香を焚いたり、匂い袋も持参。
そもそも鉄漿バッチリで化粧してます。
戦国時代末期でも鎌倉以来の名門島津クラスだと戦時は鉄漿(おはぐろ)なぅ~

実盛の装束は見事だったでしょうね  (゜-Å) ホロホロホロリ
ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

実盛の頃はまだ墨だったようですが、後々はお歯黒と同じ材料で染めたみたいですね。
墨といっても、墨汁をざぶーんっと被った訳じゃないですしぃ。
煤とねりねりする感じで、練り込んだのかなぁ。結構な手間ですね。

この頃はまだ平安末期。

忠度は、お返事したときにお歯黒が見つかって、平家の人だとばれてますし、敦盛は薄化粧といいかほりで平家の公達だとばれてますし。

他の面々も、香を焚きしめた直垂がどうのこうの、と描写されてますので、都落ちしても身だしなみはキチンと。

お歯黒すらしてないなんて、まるで、素っぴんで電車に乗るが如し~。
きゃー、恥ずかしーい。

と、誰か書いてあげてほしいなー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。