スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂東武者の恐怖。お話上手な斎藤実盛 in富士川

こんにちは。

富士川の戦い、倶利伽羅峠の戦い。


いずれの戦いでも、総大将の平維盛。

戦って、どんなんかなー?っと、富士川の戦いの前に、坂東の道案内、長井斎藤別当実盛に尋ねます。



「やや実盛、汝ほどの射手八箇国にいかほどあるぞ」

実盛が十三束(こぶし十三個分)の大矢を使うので、すごいなーっと思っていた維盛。

ところが実盛曰く

「実盛ほど射候ふ者は、八箇国に幾らも候ふ。
坂東に大矢と申す定の者の十五束に劣つて引くは候はず。
弓の強さもしたたかなる者五六人して張り候ふ。
かやうの精兵共が射候へば、鎧の二三両は容易う懸けて射通し候ふなり。
大名一人して五百騎に劣つて持つは候はず。」


実盛程度は坂東では大矢とは言わない。
力の強い者五~六人で張った強い弓を使う。
鎧の二つや三つは軽く射通しちゃうよ、。

そんな射手を、大名ならば五百騎以上連れている。だそうで。


坂東では、「馬に乗つて落つる道を知らず、悪所を馳せれど馬を倒さず」。

・・・。


何ですか、西ではこうだと?


実盛によると坂東では

「軍はまた、親も討たれよ子も討たれよ死ぬれば、乗り越え乗り越え戦ふ候ふ。」

合戦となれば親が討たれようと、子が討たれようと、死屍累々の山を乗り越えて戦うのだというのです。

まぁ怖い。

「西国の軍と申すは、すべてその儀候はず。
親討たれぬれば引き退き、仏事供養し忌み明けて寄せ、
子討たれぬればその憂へ嘆きとて寄せ候はず。」



「兵糧米尽きぬれば春は田作り秋は刈り収めて寄せ」


「夏は熱しと厭ひ」


「冬は寒しと嫌ひ候ふ。」


「東国の軍と申すはすべてそのやう候はず。」

そして、既に甲斐信濃の源氏等は地形を調べ、富士の裾野から搦手へも廻りこんでいるだろうと続けます。

実盛の坂東のお話に、維盛も周りの兵達もさぞかし恐ろしく思ったことでしょう。


「かやうに申せば、大将軍の御心を臆させ参らせんと申すとや思し召され候ふらん。その儀では候はず。
その故は、今度の軍に命生きて二度都へ参るべしとも存じ候はず。
但し軍は勢の多少にはより候はず、謀によるとこそ申し伝へて候へ。」


実盛は、皆を恐怖のどん底に突き落とすつもりではなく、今回の合戦で生き延び、再び都へ上ることができるとも思っていない、と述べ。

そして、軍は、兵の数の多少で決まるものではなく、謀略で決まると言われている、と結びます。


維盛・・・(T_T)


実盛の坂東武者のお話。


こうかてきめん。

維盛や平家軍の兵達には、源氏の兵は恐ろしいモノに見えたことでしょう。

結果。


水鳥の羽音に驚いて、平家軍は散り散りになり、大敗。

お話上手な、斎藤別当実盛でした。おしまい。



参考文献
新日本古典文学大系『平家物語 』(梶原正昭・山下宏明 校注 岩波書店)


いつも応援いただきありがとうございます。維盛達を恐怖のどん底に突き落とす程の斎藤別当実盛のお話。どんな語り口だったのでしょうねぇ。このお話上手なおっちゃん、木曽義仲と平維盛双方に深く関わっている人物です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

坂東武者が黒い「いったんもめん」に^^
逃げる平氏キャラが何だか可愛い^^

実際、坂東武者というか関東以北って西国武者と感覚が違うと感じます。
感覚なんで、具体的に説明できないんですけど^^;

>子討たれぬればその憂へ嘆きとて寄せ候はず

これは全国共通だと思う。
家康も天下人になって遠慮がなくなったら、亡き長男の事を・・(以下自粛)
あ、でも狸は元は三河産だから坂東武者の例にならないか^^;

過去記事にすいません^^
ちょっと、まとまった時間がとれないので、遅くなりますがノンビリ拝見させてください♪

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
まずは、お大事にあそばして・・・( ノД`)…

実盛じいさまの怪談がとても上手すぎて、平家はみんなこんな心地かと。

東からご立派なお馬さんと、猛々しいおっさ・・・いや、坂東武者達が大挙して攻めてくるんですもの。
坂上田村麻呂のお話等で学習した「鬼」が来るぅー!って妄想が膨らんだでしょうね。

源平の頃の東って、どの辺りなのかしら。
富士川なのかなぁ。キリのいいとこで木曽三川・・・近いわっ。

私の感覚なんですが、木曽三川でアクセントが西と東に分かれるので、同じ東海三県でも三重県は関西、でー。

実盛、勇ましいこと云ってますが、自分の息子達には父親の愛情から来たものか、全く別の対応してます。
甘い甘いとーちゃんです。息子が討たれたら、ぎゃんぎゃん泣き叫びそうです。

私がせっかちなので、次から次へと投稿してしまってて。
ゆっくり読んでいただけたら、それはとてもありがたくて嬉しいです。
ほんとにいつも、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。