倶利伽羅峠の戦い異聞。『源平盛衰記』と落語で火牛の計

こんにちは。


木曽義仲。

「平家物語」では、どわーっと戦って、どどどーっと都へ来て、ぷぎゃんっとイケズされ、さーっと立ち去ったイメージがどうしても払拭出来ない木曽義仲。

故郷の木曽、信濃での義仲は、きっと乳母子達と楽しく走り回った少年時代を過ごしたことでしょう。

また、養和の飢饉は義仲の拠点としていた地域にも及び、平家と同様に2年ほどの足止めを食らっており、都を目指し進軍する前後の足跡が、現地にはあちこちに残っている様子。

何よりも、義仲は、地元にとってヒーロー。


目下、木曽義仲達の足跡を追って記事にされてますのが、信濃の山城の第一人者のらんまるせんせ。

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~
http://ranmaru99.blog83.fc2.com/

何しろ土のお城を数百も巡るらんまるせんせですから、館跡など旧跡のレポートは専門的なのに、わかりやすく。

ブログ初期の頃よりご贔屓にしていただいておりまして、軽妙な語り口と解説付きの画像で、初心者にも優しいブログ様です。ぜひ。

愛されています、義仲主従。


さて。そんな木曽義仲と対峙するはめになった平家軍の総大将、平維盛。


従兄弟の経正は、道中、竹生島クルーズして神前で琵琶の演奏。


白龍が経正の袖に甘えて、これぞ瑞兆。


平家と源氏は、倶利伽羅峠の戦いへ。



地形を調べ、木曽義仲は準備万端。


偶然陣を敷いた場所が、源氏の氏神、八幡宮の領地。

右筆の覚明に書かせた願書を鏑矢と共に奉納。


八幡宮の神使、鳩が飛び翔る。これぞ瑞兆。


両軍共に、瑞兆あり。



結果は、平家の惨敗。

なぜでしょう。

今日は『源平盛衰記』を見てみましょう。

維盛くんの報告によれば。


ほほう。


只今、梅雨真っ盛り。


平家、大丈夫か。

かぎゅう、って、なんだー!


これだもぉー。

牛の角に松明をくくりつけ、平家軍へ突進。



これぞ「火牛の計」。


(養父神社の狛犬さん。ニホンオオカミです。)

『源平盛衰記』によれば、500頭の牛が突進し、平家軍7万余騎は大混乱。
義仲主従が図った通り、倶利伽羅峠の断崖から次々と谷底へ転落。


(もう一度言います。ニホンオオカミです。)

この倶利伽羅峠の戦いで、総大将の平維盛は追討軍10万の大半を失ってしまいました。

この中国の『史記』に登場する「火牛の計」を具現化したような作戦。

すごいぞ、義仲!


・・・突然ですが。



「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり……」で始まる落語「源平盛衰記」。

木曽義仲の倶利伽羅谷の一戦(『火牛の計』)、頼朝と義経の再会、粟津の合戦、鵯越の戦い、壇ノ浦の扇の的等の源平合戦の様子をわかりやすく語ります。

「地噺」というもののひとつ。

一般的な落語のように物語にはなっておらず、歴史的事件を基に、時々脱線する。つまり地に返るので「地噺」。

10代目桂文治の十八番でした。

全部語ると一時間は軽くかかるため、ひとつの話をピックアップして演じるのが通常。

サゲは、扇を与一が射抜き、××が@*#!して、「おごる平家は久しからず」にかけてオチます。




さて、この「火牛の計」ですが。

残念ながら、『平家物語』に記述はなく、その異本である『源平盛衰記』に頼るお話で、松明をくくりつられた牛が敵に向かって突進するというのも現実的にどうか、と古来より疑問視されております。



義仲の倶利伽羅峠の戦いがあまりにも鮮やかであったので、脚色もしたくなるってもんでしょうね。

この後。

命からがら退却した平家軍を追う木曽義仲主従に、ひとつの悲しい事件が起こります。



いつも応援いただきありがとうございます。相手が木曽義仲であった事が既に不運なマタドール維盛。倶利伽羅峠の戦いの現地で、ファイヤーな牛の像を見たときには「すげー!義仲!」っと興奮しましたが、訪問時はまだ「フイルムカメラ」を使ってたので、落書きですみません。今はメルモモちゃん、という、ゆるキャラさんがいるようで。鼻血出るほどかわいいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに平家物語には出てきませんねσ(゚ー^*)

田舎者なので・・

「ブタも煽てりゃ木に登る」とはヤッターマンの名言ですが、小生は傷心小心もの田舎者ゆえ地中深く潜ります・・・(笑)

角に松明を翳した「火牛の計」については、火を怖がる獣の習性からして見える位置ではありえない、というのが一般的ですね。なので、お尻に火を翳せばその熱さ故に一目散に走るだろうと推察されています。

ま、いずれにして500頭もの牛を短時間であんな山の中に連れて来れたのか?というのは無理があり、火牛の計は吉野家の牛丼並のコストという訳では無かったと思われます。

観阿弥世阿弥に感銘を受け、その世界を観てみたいと思いつつ、青二才が呆けて寝言を申すな!と云われるのでしょうか(笑)

全国区で活躍される中世城郭研究者の方々には敬意を表すものの、小生は地域密着型で充分かと。さりとて義仲の辿った道は「追っかけヨロシク関西も出張るゾ」気分(笑)
その節は、ご案内お願いしますw

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
そうなの。出てきませんね。牛さんの悲哀、では題材として情緒に欠けたのかしら。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

何を仰いますやら。ご謙遜は損損。
私の方が、せんせにおだてて戴いて、今宵もアルコールの海へどぽん。

あ、火牛の計、そうですか。なるほど。
飢饉を生き延びた大事な財産をよしぎゅーに出荷されたら、反乱が起きそうです。

お尻に火。それは仕事中のわたくし。ファイヤー。

義仲主従とご一緒に関西へお越しの際は、ぜひ生の舞台をご鑑賞下さいませ。
京阪神は能舞台が複数ありますので、どこかでなにかを上演してるかと思います。

ぜひ。ぜひ。

丑っ

IRいしかわ鉄道線(JR西日本)津幡駅に火牛の銅像があるんですよね。
なかなかカッコいいですよん。
メルギューとはまるっきりベクトルの方向違うのがミソ。

義仲くん好きって言っても細かいことはほとんど知らなくて(なんでもそうなんですけど)、津幡駅になんで火ぃ点いた牛おるのかさっぱりわからないけどインパクトがすごくてあとで調べて合点がいった次第です。

意識してじゃないけど、わたしの旅ってなんとなく源平の足跡辿ってるんですよねぇ。
まああの方達あちこち行ってるからどっかでぶつかるんでしょうけど。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

検索してみましたー。すごいわ、ほんまに雄々しい火牛の像でしたのね。
あははは。これ、ほんと、メルぎゅんとは違いますねー。

ちゃんと後から調べるさかした様が好きだなぁ。

東奔西走というか、とにかく右往左往のような動きをしたこの時代。
数々の記録があるので、こんなところにまでこの人が来たの?っと追跡調査ができて、楽しいですね。

チラ見しただけの記憶なのですが、この頃から関東の歴史の授業はイケイケになるとか。ほんと?

名古屋にいた頃は、私の中を皆が通り過ぎていくわ・・・と、メーテルの心境だったんですが、関西で暮らしていると、

「ぎゃー。関東からなんか来たー!」

な、気持ちに。

私の勝手な印象ですが、関西を東西に移動すると源平(特に平家)の旅、南北に移動すると修験道を含む信仰の旅。

さかした様の旅、全国に及んでいて、羨ましいです。
私ももっと長距離を移動したいなー。いろいろ知りたいなー。

んモーファイアー

こ・・・この記事には何としてもコメせねば義仲萌えとは言えなくなる・・・腰イテテ、イテテ

昔っから史実としては??疑問視されてるモーモーファイトですよね。^^
自分も、らんまる先生と同じく500も集めるのは無理なんじゃないかと(一桁盛ってる?)・・・^^;
でもヒーロー義仲だから(・∀・)コレでイイのだ!

>鳩が飛び翔る
神社の境内って鳩パラダイスなイメージなんですが、
神使ってことは真っ白なのかな?^^

>メルモモちゃん

視た!!( ゚д゚)ンマッ!!
こんなんユルユルでいいんだろうか^^;
平氏ファンでもあるので感想に困る複雑な気分^^;

ぽちぽちぽちーーー☆

メーテルwww

お返事ありがとございますー。

さかしたはうっすら行きたいところを決めてそこに何があるかなんとなく調べてあとは流動的に旅程を決めます。
だから何があるか調べた時にほとんど場所と交通手段しか調べないんですよ。
故に見かけてありゃなんだ?となり後で調べることが多くてですね。
効率悪い旅なのですが、このくらいでちょうどいいです。

で、ご質問の源平のあたりから関東の歴史の授業が盛り上がる件ですが、高校は日本史取ってなかったので中学の授業の記憶だと平家は悪者でいい国作ろう鎌倉幕府あたりを長くやってたような。
高校の国語の授業で読み物の存在は知ってたけど平家って物語になるくらいそれなりに繁栄してたんじゃん!と知ったのでした。
国語のセンセ、平家物語好きみたいで祇園精舎の鐘の音やら義仲の最期やら教科書そっちのけでプリントで授業してましたなぁ。

歴史で盛り上がるのって源平とか戦国時代とか幕末ですよねぇ。
比較的天下泰平な徳川あたりは、うーん。

あ、高校の日本史を受けたやつら全員がセンセの授業で寝てしまうのでセンセのあだ名がマジシャンでしたw

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
大丈夫ですか・・・( ノД`)…

平家物語を読んだのが先だったので、モーモーファイトには驚きました。
能では幽霊になった平家の人々が、私は誰でこんなことありましてん、と語るのが常なので、モーモーファイトよりは、まだ幽霊の方がしっくりきてしまいます。

義仲の戦いっぷりが、ほんとに、鮮やかだっんでしょうね。

誉められることの少ない彼ですから、せめて戦の時だけは輝いてほしいです。

平家物語を読むと、山鳩、なんです。
神使だからといって、白かったわけじゃないようで。
というより、くるっぽーっと飛んだ鳩ぽっぽを勝手に良き方へ解釈したというか。

あ、ミモフタモナイコトヲ。

メルモモちゃん、かわいいでしょ♪

ゆるっとしながら心を鷲掴んで、ぐぐぐいーっと引き込む。
ゆるキャラの王道ですよねー。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ざっくり決めて流動的な旅、いいですねぇ。

分刻みでタイトな旅は苦手だなぁ。
あまり調べすぎても、旅の楽しみが半減する気がしますしねぇ。
海辺で、ぽー、お社で、ぼけー、そそくさとお宿に入ってのんびり。

あ、ご回答ありがとうございます(o^-^o)

そうかぁ、平家は悪者なのかぁ。ちーん。

名古屋が古墳時代の次に、戦国時代で生き生きとするようなものかしら。
熱田神宮にある堀尾金助の母の奉納したギボシとか、すごくマニアックでした。

うちの古文のセンセも、平家物語、が好きで。
特製本でまったりと授業してましたわ。
源平時代はあまり歴史では盛り上がらず。通り道だったのねぇ。
唯一、野間で入浴中に襲われた頼朝パパのお話ぐらいかしら。

マジシャン・・ヽ( ̄▽ ̄)ノ
学生って、天才ですねー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼