『平家物語』平維盛。水鳥の意地悪、富士川の戦い

こんにちは。



祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
驕れる者も久しからず、たゞ春の夜の夢の如し。
猛き人もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。(『平家物語』)





見目麗しく、「桜梅少将」と讃えられた平維盛。1158/保元3年生。


平維盛は、清盛の嫡孫。

父・重盛は清盛と先妻の間に生まれました。
時子(二位尼)に比べ身分が低く、出自不明。

父・重盛と同様に、「桜梅少将」維盛の母もまた、官女とはされるものの出自不明。
正妻の子である弟の資盛の方が初めは昇進が早く。

13歳でようやく嫡男として認められます。(『玉葉』)



1177/安元3年の鹿ケ谷の陰謀(平家打倒の陰謀事件)で、重盛の妻の兄であり、維盛の妻の父である藤原成親(後白河法皇の側近)が殺害され、平家一門の中で親子共々立場は微妙に。

1179/治承3年7月、父・重盛が清盛に先立ち病死。

有力な後ろ楯のない維盛と兄弟達は、平家一門の嫡流でありながら、次第に孤立。

そんな中。

1180/治承4年4月9日。以仁王が諸国の源氏と大寺社に平氏追討の令旨を下し、


8月。令旨をを受け取った源頼朝が伊豆で挙兵。


9月。北陸で木曽義仲が挙兵。

武田信義・一条忠頼(信義の嫡男)・安田義定等、甲斐源氏も挙兵。

この年は、極端に降水量が少なく、旱魃により農産物の収穫量が激減した年でもありました。


【富士川の戦い】

9月5日、源氏の挙兵に対して、清盛は東国追討軍の派遣を決定。
総大将は維盛。副将、忠度。先鋒は侍大将の伊藤忠清。

が。


実は出発前から、維盛の足を引っ張る奴あり。

侍大将の伊藤忠清。

出発日の日が悪いと言い出し、出立したのは約一ヶ月後。ぎゃー。


大将軍権亮少将維盛は生年二十三。容儀帯佩絵に画くとも筆も及び難し 。
重代の着背長唐皮といふ鎧をば、唐櫃に入れて舁かせらる。

路中は、赤地の錦の直垂に萌黄威の鎧着て、連銭葦毛なる馬に金覆輪の鞍を置いて乗り給へり。

副将軍薩摩守忠度は紺地錦の直垂に黒糸威の鎧着て、黒き馬の太う逞しきに沃懸地の鞍を置いて乗り給へり。

馬鞍鎧甲弓矢太刀刀に至るまで、光輝くほどに出で立たれたればめでたかりし見物なり。(『平家物語』巻第五「富士川」)



麗しい出立の姿です。

しかし。



旱魃により、近畿地方は大変な飢饉。
兵糧どころかまともに訓練もできないほどでした。

東進する道中で、各地の武士を参戦させ、人数こそ増えていった平家軍ですが当然その士気は低く、「寄せ集め」の大軍。

10月18日。平家軍、富士川の西岸に布陣。

出立が遅れる間に甲斐源氏側は軍勢を増やし、やる気満々。
それを知って逃亡する者が平家の軍勢から多数。

結果「水鳥の羽音に驚いて戦わずして平家は逃げた」事態に。


その夜の夜半ばかり。
富士の沼に幾らもありける水鳥共が、何にかは驚きたりけん、一度にはつと立ちける 。
羽音の雷大風などのやうに聞えければ(略)

あまりに周章て騒いで、弓取る者は矢を知らず、矢取る者は弓を知らず。
我が馬は人に乗られ、人の馬には我れ乗り、或いは繋いだる馬に乗つて馳すれば杭を繞る事腹踏折限りなし。

その辺近き宿々より、遊君遊女共召し集め遊び酒盛りけるが、或いは頭蹴破られ或いは腰踏み折られて喚き叫ぶ事夥し。(『平家物語』巻第五「富士川」)



甲斐源氏の動きや周囲の状況を見れば、平家軍は、あえて合戦をしなかったとも言われますが、とにかく、維盛達は敗戦。



福原に帰り、清盛じーちゃんに叱られる、の巻。


1181/養和元年閏2月。清盛が病没。

3月。維盛は、墨俣川の戦いで叔父の重衡らと共に大将軍となり、勝利。

祖父・清盛他界後は、清盛三男の宗盛(維盛の叔父)が一門の主導権を握り、維盛と兄弟達は前にも増して、孤立。

実際、公卿昇進は宗盛の長男・平清宗に1年遅れています。

さぁ、次は木曽義仲との戦です。どうなる、平維盛!?



いつも応援いただきありがとうございます。絶妙に不運な平維盛物語。清盛の嫡孫にあたるものの、既に子供の頃から異母弟に負けつつ人生のスタートです。桜梅の少将と絶賛された頃が人生のピークだったのかしら。がんばれ、平維盛!

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやあ、面白い!
後ろ盾のいない公達や姫君、可哀想な運命が待ってるんですよね。
維盛殿、本当に青海波が絶頂期だったのね。
最初から、戦向きの人ではなかったんだわ、きっと。
正妻の子どもの中では、孤立感が半端なかったでしょうね。
次はいよいよ義仲公ですか。
最初から叶うはずがないってば、維盛殿。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
帰省、楽しみですねー。お戻りになってからのレポ、楽しみにしてまーす。

>いやあ、面白い!

ほんと?ほんと?

うわぁい。興味をもっていただけて、嬉しいです。
平家物語の面白いところは、もはや武家ではない平家の公達が、武将として無理矢理戦に出なくてはならないところで。

まだ武将の雰囲気の残る清盛の兄弟世代と公達に近くなってしまったその息子世代との格差も面白いです。

なので、維盛は、今さら武将って言われてもなー、と思っていたかも。

>次はいよいよ義仲公ですか。

晩酌しながら書いてると、あー、こっちがいい~ヽ( ̄▽ ̄)ノっと、書き直すことがしばしば。
お仕事の疲れもぶっ飛ぶ勢いの時があります。えへー。

好きなのー。平家物語、好きなのー。なのです。

>最初から叶うはずがないってば、維盛殿。

木曽義仲、強すぎです、奥さま。
平家は木曽義仲に全敗しました、おしまい!ってなってしまいます。るるるー。

No title

つねまるさーん、こんばんわ~♪

ちょっと潜行していましたので、久しぶりになってしまいました!

富士川の戦いは、両軍とも真面目に戦ったのでしょうかねぇ。

木曽義仲さんは、興味ある武将のひとりです。
次回が楽しみです♪

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
ご多忙そうなので、ちらちらと拝見だけしていて、失礼しております。

富士川の戦いは、どうだったんでしょうねぇ。
平維盛が緊張してただけなのかなー。
それにしても、富士川って遠いなぁー。

木曽義仲、お気の毒な人ではありますが、人気ありますね。
でも、関西に来てからは不幸続きのお話ばかりで寂しいです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼