『平家物語』と補陀落渡海。平維盛

こんにちは。



祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
驕れる者も久しからず、たゞ春の夜の夢の如し。
猛き人もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。



ご存じ、『平家物語』冒頭。




補陀落渡海を果たした僧侶達の中に、平清盛の嫡孫である平維盛(これもり)の名前が残ります。



後白河法皇50歳の祝賀の際に、四位少将であった維盛が、桜の花を烏帽子に差し「青海波」を舞ったその姿は

「露に媚びたる花の御姿、風に翻る舞の袖地を照らし、天も輝くばかりなり」

「深山木の中の楊梅(※山桃)とこそ覚ゆれ 」(『平家物語』巻七「熊野参詣」)



皆うっとり。維盛を、「桜梅少将」と讃えます。

或は、「光源氏の再来」。
青海波は『源氏物語』第七帖「紅葉賀」で、光源氏が頭中将と共に舞った曲。



父・重盛は、時子(二位尼)の子ではなく、先妻の子。この先妻、あまり身分の高い人ではなかったようです。

重盛が清盛よりも先に他界し、有力な後ろ楯のない維盛と兄弟達は、平家一門の嫡流でありながら、次第に孤立。

祖父・清盛他界後は、清盛三男の宗盛(維盛の叔父)が一門の主導権を握り、維盛と兄弟達は更に孤立。

こんな背景から、後半の『平家物語』では、維盛の ヘタレ 苦悩にかなりの頁を割いています。


結末から言えば、彼は源氏との合戦にて落命したのではなく、所謂、入水自殺。

補陀落渡海を果たした僧侶達の中に、平維盛の名前が含まれる由縁。
彼の死の間際は、熊野と深く関わります。



一の谷の敗戦前後。
維盛は、わずか3人の供のみを連れて、屋島の戦線を離脱。
知り合いの滝口入道を頼り、高野山で出家。


熊野三山を参詣。

そして、1184/寿永3年3月28日。


小舟で漕ぎだし、補陀落渡海を果たしたのでした。享年27。


平安の世であれば、優雅な公達として日々を楽しく過ごしたことでしょうに。

『平家物語・維盛くんの苦悩』はじまりはじまりです。


いつも応援いただきありがとうございます。補陀落渡海の赤いお舟での船出ではなく、維盛は小舟から海へ身を投じますが、補陀落を目指し渡海したことには変わりはないということでしょうか。絶妙に不運な彼のお話にしばらくお付き合いくださいませ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
うっとおしい梅雨空が続いていますが、今週もよろしくです(*^。^*)

光る君^^

絵にも描けぬ美しさ~(*´○`)o¶~~♪

公達(きんだち)って言葉が、これほど似合う殿方はいないですよね^^

相手が義仲だなんて、
実質初陣(関ヶ原)の敵が真田だった徳川秀忠クラスの気の毒さです(><;)

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

ううーん、
出口のない小舟に乗せられて、遥かな補陀落目指して飢え死によりも、小舟で入水の方がマシかなぁ・・・
って、そういう問題じゃないか。
青海波!
私は光源氏よりも頭中将派!!
そういう問題でもないか。
維盛さん、重盛お父さんが早くに亡くなったのは大きいんですね。
絶妙に不運な維盛殿のお話、期待して読ませていただきます。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちょっと朝晩寒いぐらいですが、今週は台風の影響で高温多湿になるとか。ご自愛くださいませ。

こちらこそ、よろしくです。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

公達と呼ばれて有頂天では平家の男の子としては、いいのか悪いのか。
まぁ、でも、似合っちゃうんだからしょーがないですね。

身内からなめられまくって、お気の毒です。

そうですよねー。ほんと、初陣の相手が真田さんみたいな感じかも?
でも、パパのタヌキさんみたいに、びびでばびでぶ~♪ってしなかったところは、ほめてあげて~♪

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

長い恐怖の時間を過ごすより、ましやと私も思います。

あ。万見仙千代様も頭中将派ですかぁ~(≧∇≦)
私も、光源氏より頭中将派ですわー。わぁい。
周りを巻き込んで不幸にして、一人で盛り上がる光源氏にはついていけません。

絶妙に不運な彼。五平餅くんに、けしょんけしょんにやられます。

後ろ楯のないことは、かくも悲惨なことかと改めて考える次第。
平家物語らしいお話です。

能!

能は猿楽から発展して現在のようになってきたのですね!
つねまるさんの記事で勉強させて頂いています!

No title

維盛さんといえば、水鳥の羽音に驚いて戦わずに逃げ帰ったというチキンなイメージが定着していてお気の毒。

しか~し、その反面、イケメンのイメージもあり、女性に人気がありますね。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いえいえ、勉強などと固いことをおっしゃらずに、楽しいものもあるのねーっと晩酌のお供にしてくださいまし。

能にも大道具を用いたスペクタクル♪な曲があるので、このような楽しい曲を薪能などで上演することが多いです。
羽衣等の静かな、能らしい能も良いですが、たまには派手なものも楽しいです。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

チキン維盛。さすがです、しずか様(≧∇≦)スキー

>しか~し、その反面、イケメンのイメージもあり、女性に人気がありますね。

ねー(o^-^o)

光源氏に例えられると、ぷっくりちゃんのお顔になってしまうので、そこは好きな顔に脳内変換してー。
貴種なのに肩身の狭い生い立ち、顔よし、ちょいとヘタレ、家族好き、最期は儚く入水。

んまー、女子の好きな要素が満載ですものねー。
入水に至ってもヘタレて、滝口入道に、はよせんかいっと心のなかで毒づかれるとこもまた、たまりません。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼