『吾妻鏡』の補陀洛渡海。鎌倉武士というもの

こんにちは。


那智権現の末寺のひとつ、補陀洛山寺。本尊は十一面千手観音。


観音菩薩のいる浄土である「補陀洛」を目指し、小船にのり大海に身を預ける捨身行が補陀洛渡海。


「熊野那智参詣曼陀羅」(16世紀頃)に描かれた補陀洛山寺と熊野三柱大神社と補陀洛渡海へ出航する光景。


那智の浜からの補陀落渡海は、平安前期の868年/貞観10年の慶龍上人から江戸中期の1722年/亨保7年の宥照上人まで25人。

平安時代に5人。鎌倉時代に1人。室町時代に12人(そのうち11人が戦国時代)。安土桃山時代に1人。江戸時代に6人。

この、「鎌倉時代の1人」である智定房(ちじょうぼう)のお話が『吾妻鏡』に記されています。



※『吾妻鏡 5』 (岩波文庫 )より引用

【 『吾妻鏡』天福元(1233)年5月27日条】
 
「武州(※執権・北条泰時)御所に参り給う。一封の状を帯し御前に披覧せらる。
 
申せしめ給いて曰く、去る三月七日、熊野那智浦より、補陀落山に渡る者有り。智定房と号す。これ下河辺六郎行秀法師なり。

故右大将家下野の国那須野の御狩の時、大鹿一頭勢子の内に臥す。幕下殊なる射手を撰び、行秀を召出して射る可きの由仰せらる。仍って厳命に従ふと雖も、其の箭中(あた)らず、鹿勢子の外に走り出づ。小山四郎左衛門尉朝政射取り畢んぬ。

仍って狩場に於いて出家を遂げて逐電し、行方を知らず。近年熊野山に在りて、日夜法華経を読誦するの由、伝へ聞くの処、結句此の企てに及ぶ。憐れむ可き事なりと云々。
 
而るに今、披覧せしめ給ふの状は、智定、同法に託して、武州に送り進ず可きの旨申し置く。紀伊の国糸我庄より之を執り進じて、今日到来す。

在俗の時より出家遁世以後の事、悉く之を載す。周防前司親實之を読み申す。

折節祇候の男女、之を聞きて感涙を降す。

武州は昔弓馬の友たるの由、語り申さると云々。

彼の乗船は、屋形に入るの後、外より釘を以て皆打ち付け、一扉も無く、日月の光を観るも能わず。只だ燈に憑る可し。三十箇日の程の食物並びに油等、僅かに用意すと云々。」
(引用終わり)



意訳します。


天福元(1233)年5月27日。(承久の乱の2年後)
 
執権・北条泰時(1183~1242)のもとに紀伊国糸我荘より一通の書状が届く。
泰時は将軍・藤原頼経(1218~1256)の前で周防前司親実に読み上げさせた。


 
3月7日、熊野那智の浜より補陀落山に向け渡海した智定房は、元は下河辺六郎行秀という御家人であった。



かつて、下野国・那須野での狩りの際、勢子に取り囲まれた一頭の大きな鹿がいた。

源頼朝は特に上手な射手である行秀を呼び、大鹿を射るように厳命。



ところが、行秀が放った矢は命中せず、大鹿は勢子の外に走り出してしまった。
行秀に代わり、小山四郎左衛門尉朝政が討ち取った。



頼朝の前で失態を演じた行秀はその場で出家し、行方不明に。



近年、行秀は智定坊と名乗り、熊野山で日夜、法華経を読誦していることは噂で聞いていた。

その彼が、最終的に補陀落山への渡海に及んだというのだ。



まことに憐れむべきことである。


 
この書状は渡海前の智定坊が、泰時に送り届けるよう規則に従って言い置いたもので、紀伊の国糸我庄より今日、届いたものである。


そこには在俗の時より出家遁世以後のことが、事細かく記されていた。

周防前司親実が読み上げると、周囲の人々は感涙し、泰時は昔、行秀とは弓馬の友であったと語り憐れんだという。


 
智定坊の乗った船は屋形に入った後、外から釘を打ちつけられて一つの扉も無いものだった。



そこには日月の光が入ることもなく、燈火だけを頼りとした。
三十日程の食料とわずかばかりの油を積んでいたそうである。
 


以上、『吾妻鏡』による、元御家人・下河辺六郎行秀の補陀落渡海のお話でした。


参考文献
『熊野検定テキストブック』(編集・発行/田辺商工会議所)
『仏教民俗辞典』(仏教民俗学会(編)/新人物往来社)
『吾妻鏡』 (岩波文庫 )


いつも応援いただきありがとうございます。みなさーん、鎌倉幕府の良心、北条泰時ですよー♪・・・すみません。とーちゃんの義時は永井路子さんの小説『炎環』の台詞「私じゃ駄目ですか」の一言で心臓を鷲掴みにされたのですが、地味に頑張る金剛くん=泰時も好物です。深謀遠慮の彼がわざわざ傀儡の将軍・藤原頼経の前でこのお手紙を披露したのは、鎌倉武士というものを教えようとしたのかな、と思ったり。鹿を射損ねた恥ずかしさで出家して、補陀落渡海。極端な例ではあるような。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、おはようございます。

熊野へは、20年ほど前にバス旅行で熊野三山と那智の滝、熊野古道と有名なところだけを見て回りましたが、今度は自分の車でまわって見たくなりました。
その時は補陀落山寺にも行って見たいです。

昔はバス旅行ばかりしていましたが、ああいう旅行をするとあまり自分の頭には残りませんね。
よくよく考えると、旅行地にはあまりお金を使わずただ通り過ぎていくだけでした。
パック旅行で多くの観光客を呼んでも、豊かになるのは旅行業者と宿泊施設ばかりで、肝腎の観光地はあまり潤っていないような気がします。それでは観光地の持つ情緒や歴史的景観は守れませんね。

No title

こんにちは。お邪魔します。
補陀洛渡海のお話、、こちらで初めて知りましたが、、
内容伺っただけで恐れおののいております~~~

平維盛の話に続くので期待

この捨身行の話、数か月前に読売新聞の日曜日版に熊野灘の海の景色とともに井上靖の短編小説の「補陀洛渡海記」のあらすじが記載されていて大変興味を持った次第。まさか貴女が記事にしてくれるとは有り難や有り難や・・(笑)

名簿の17番目に掲載されている金光坊の物語なのだが、修行に疑問を持ち生への執着で奇跡の生還を果たしながら、結局は地元の民衆によって捨身行を強制させられた悲しい結末なのだという。今度真面目に読破したいと思うております。

つねまる様の事ですから、きっと名簿の5番目に記載されている「平維盛」に続くのでしょうネ。
義仲つながりなので、絶対に書いてくれるでしょう(笑)

何が起ころうと、極楽浄土に行けようが、生ある限り、このような恐ろしい漂流船に乗ろうなどとはゆめゆめ思いません。
船酔いが酷くて死んだ気になれませんもの・・(爆)

No title

ミニモニ狛ちゃは、色んな場面で活躍ちゅうですね^^

北条泰時さま・・・'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`
御成敗で式目されたひ・・・←コッチは悩乱中

自分が鎌倉時代に興味を持ったのって、
一つは頼朝の某青年漫画なんですが、
その漫画を読んでみたいと思った、大元のキッカケが北条泰時なんです。
ちょっとだけですが、御成敗式目の勉強をば・・・チョット、ほんとにチョット・・・^^;

郷土史オタのボヤンとしたイメージなんですけど、
御成敗式目の影響って、武家諸法度の制定以前まで、かなり残ってたみたいな感じがするんです。
女性の権利関係とか。特に相続関係で感じます。
勉強不足(テーマが壮大すぎ)なので、論として表現できない^^;

金剛って幼名に萌え撃沈しました。
前記事、読み逃げしてすいません~ぽちぽちぽちーーー☆

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。貴記事に興奮してうるさくしてごめんなさい。

熊野は遠いので、バス旅行で行かれる方も多いですね。
ご指摘の通り、観光名所と宿は団体さんで溢れているのに那智勝浦の町は閑散としています。

私は余程の山奥でない限り素泊まりで、地元の居酒屋でお話するのが楽しみなもので、何で皆はるばるここまで来てホテルに籠ってるのかなー?っと、とても寂しいです。

知床半島や屋久島などでも同じ現象なのですが、世界遺産に認定されると、わーっと押し寄せてわーっと去る観光客ばかりで、現地は悲惨なことになっていますね。

ただの観光地に成り下がってしまい、現地の価値が著しく失われてしまいます。世界遺産に認定された瞬間が、次々と破壊される始まりのような気がしてなりません。

しばやん様には、見たいところをゆったりとご自分の足で巡る旅をおすすめします。

熊野三山各々の資料館も、それはそれは物凄く興味津々なものばかりで、規模は小さいながらも国宝の山で、驚きました。

阿弥陀寺と補陀落山寺は、那智の滝を飛ばしても、ぜひ。熊野全体を考えるのに、このふたつは絶好です。

温泉は、那智勝浦から車で少しの湯川温泉が個人的にはおすすめします。歴史的背景ももちろんですが、ほんとに、ここはお湯が素晴らしいです。

熊野で腑抜けになるのは、ここの温泉のせいなのですわ。おほほ。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どうですか、ぞわぞわしませんかぁ?むふふ。

シーカヤックでさえ心臓がバクバクするのに、狭いよ、暗いよ、揺れるよー、ですよー。

でも、極端な信仰のお話には、ドン引きするんです。だって、酒好き、酒好き、酒好き、の俗物だからー。えへへへへー。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うっわ。くやしー。絶対そこへ向けて前フリ前フリ、せっせせっせ、ってしてるのご存じのくせにぃ。くうぅー。

どうですか、らんまるせんせ。酒酔いと二日酔い以外に酔ったことない私と樽酒搬入で、船上の宴会。ふははは。

冗談はさておき。

おや、読売新聞にそんな面白い記事が掲載されたのですか。

金光坊のお話は残酷な反面、渡海する人全員が悟りきった者ではないのかな、と、少しほっとしたものです。この短編小説の金光坊が補陀落渡海の転機となったので、是非真面目に読破を。ふふふふ。

名簿五番目の人はそりゃもう野性児義仲に叩きのめされた見目麗しい方なので、あはははー。女々しくても、この人の兄弟も含め、平家物語好きにはたまりませんもの。

平家物語はあくまで物語なので、史実と区別するべきではありますが、西に住まう者はやはり平家贔屓になりますね。

らんまるせんせが新幹線に乗って西向きに進軍されるのを、ぴょへーっと笛を吹きつつお待ちしております。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。ほんとに忙しい中、申し訳無い。

ミニモニ狛ちゃ、助かりますわ。ほんとにこの子は、いい子。

御成敗式目は、不比等の定めた律令のように、ずーーーっと根幹の法として残っていたでしょうね。
「六法」があるから、「条令」を作ることができる、てな感じなのかなー?

おや。おでこに鶏の足を貼り付けてお仕事に邁進した泰時に目を付けたとは。素敵。
時房とのコンビで、THE・鎌倉の良心ズ。
一昔前の鎌倉好きは、まずこの二人から入ったもんです。

義時と不比等が好き過ぎて、歴史オターになったわたくし。

『吾妻鏡』の読み下し文に義時と泰時の出演場面に色分けしたマーカーして、にやにやした中学時代。この本、今見ても、たまりません。

金剛くんの生い立ちを追えば追うほど、ドツボにはまりますわよ。うふん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼