スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《書写山》本多家廟所⑦ 本多さんちが大騒動で松平様の登場!さあ、書写山へ行こう!

    忠政ー(忠刻逝去)ー政朝ー政長(本家だけどちびっこ)
忠勝[
    忠朝(忌むべきは酒の人)ー政勝


政勝。忠朝の嫡男でしたが、父が戦死したときわずか2歳。

初代忠勝の遺訓「ちびっこは継いだらいかん」のため、父の跡を継げずにいました。代わりは、夢の人・政朝。(⑥参照)


政朝の辞世「夢の世の夢の内なる夢の身の夢の浮橋今とたえたり」

ところが兄・忠刻逝去のため急遽本家に戻った政朝。
姫路藩を継いでまもなく、大和郡山藩15万石に移動になります。

大多喜藩→移動して龍野藩主、の地位は、本来継ぐはずだった政勝に戻されます。政勝、やっと藩主になれた。


ところが政朝が早逝し、嫡男はちびっこ政長。これでは忠勝系本多家は継げません。
「政長が成長したら本家の家督を譲れ」と遺言を残し、政朝は政勝に家督を譲りました。


しかぁし、自分の子に跡を継がせたくなるのが人情ってもんで。

やらかしまっせ、政勝。

政勝は、実子の政利に継がせようと画策し始めます。

その最中、政勝逝去。おい(ノ-_-)ノ~┻━┻


はい、家督を巡るお家騒動の勃発です!!

大和郡山藩15万石は、本来襲封するはずだった政長に9万石、政勝実子の政利6万石、に分割されます。
これを、九・六騒動、といいます。

大和郡山の他に既に相続していた姫路新田3万石とあわせ12万石持ちとなった政長。

しかし、あほーな政利は、父の所領丸ごと15万石を相続できなかった恨みで、政長を毒殺。

したとかしないとか。

しかし、政長、さすがは夢の人の子(?)、幸いなことに、養嗣子をとっていました。


じゃーん!

松平頼元の次男坊、忠國君でーす!

経歴は…水戸藩初代藩主・徳川頼房の孫で、2代藩主・みとこーもん徳川光圀の甥。

まつだいら、だじぇー♪


政長死後、家督相続と同時に福島15万石に転封となり、後、姫路15万石に転封となります。

本多家の姫路藩主の第2期の初めとなります。



お利口さんの忠國は、不遇だった養父・政長の廟所をちゃんと大和郡山から移動させ、自分の横に廟屋を建ててあげました。
(政勝は排除?)



政長、父の政朝と祖父の忠政の前にいて、横には優しい養嗣子忠國。ううう…(T_T)


忠國は、誠意あふれる人だったようで。

赤穂四十七士吉田兼亮の娘婿伊藤治興が家臣にいたためか、1703年に吉田兼亮の遺児吉田兼直が連座して伊豆大島へ遠島となると、幕府に許可されている持ち込み上限の金20両・米20俵のぎりぎりに近い、金19両米19俵を伝内に贈って支援しています。

藩主在任中に死去し、家督は三男の忠孝が継ぎました。


ちなみに、政長を毒殺したらしい政利は、忠國に所領の一部を返還させられ、減封・転封を繰返し、侍女殺害や領民への過酷な使役などの不行状で除封、岡崎城に幽閉されました。


そんな、本多家の廟所。



忠勝の横に忠刻とその息子の幸千代の五輪塔。


書写山へ、おいでませ。

ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら本多家廟所案内をエンドレスで致します

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。