狂言版「薩摩守」平忠度

こんにちは。


熊野生まれの熊野育ちの忠度。


一ノ谷の合戦時にも、箙に付けた短冊に歌を記していました。


能楽「忠度」では歌人として武人として、とても素敵な男前。

今日は、能と対の「狂言」のお話。

世阿弥の時代の狂言は、滑稽な所作や秀句(洒落)などの言葉遊びを主体とした即興芸で、芸術としては未完成であったようです。

「狂言の役人の事。是又、をかしの手立、あるひはざしきしく(座敷秀句)、又は昔物語 などの一興ある事を本木に取りなして事をする(略)。」 (世阿弥『習道書』)


能楽「忠度」謡本。

狂言の台本は1576(天正6)年の「天正本」が最初。
能に比べ150年以上の遅れです。

ただ、狂言の台本は、筋立ての概略しか記されませんでした。
これは、言葉遊びや民俗芸能を取り入れたり、即興を重視する狂言の特徴でもあります。

実際、現在も、謡曲のお稽古には謡本が必須なのに対して、狂言のお稽古は先生からの口伝なのです。
(それでは無理なので手書きのペーパーが・・・内緒)


何が大変って、言葉のアクセントが関西弁で、ですな。
これは「以呂波」のお稽古。いろはにほへと、すら言えない。


さて。「座敷秀句」、つまり、シャレを楽しむ狂言。


男前の忠度が、狂言では、とんでもないことに。


【天正狂言本『青海苔』】

《あらすじ》
とある茶店。
旅の修行者が来て茶を飲むが茶代を持っていない。

問答の末 亭主はこれを許します。
修行者の行先には大きな川があり、渡し船に乗らなければなりません。
船頭は秀句好きだから何か秀句を言えば大丈夫だと教えます。

さて天橋立、切戸の文殊への参道。舟に乗ろうとすると


(画像は丹後半島、間人の海)

船頭「船賃は?」
修行者「平家侍」



船頭「船賃か、秀句か」
修行者「なかなか」(まあまあ、そんな感じ)


(歌っているのは狂言「千鳥」)

舟の中では歌などを言い交わして、船頭と修行者は仲良く過ごしました。

さて。舟を上がる段になり。


「薩摩守青海苔」とは?


薩摩守→忠度→ただのり→※★◇◎!


船頭「???・・タダノリかよー!」

二人は笑いあい、酒盛りをして能「船弁慶」の謡を謡いましたとさ。

めでたしめでたし。


《曲趣》
1・「船」「別れ」といえば能「船弁慶」のクセの謡(静との別れ)。
2・薩摩守といえば、平忠度。
この二つを誰もが連想して初めて成り立つ、「座敷秀句」のお話。

「船弁慶」の謡が用いられているため、狂言「青海苔」の制作年代が「船弁慶」上演後とわかります。

「船弁慶」の作者は観世小次郎信光(世阿弥の甥の音阿弥の第七子 1450-1516)と判明しているので、狂言「青海苔」の制作はほぼ1500年代前半と推定されています。


【狂言「薩摩守」】

この「青海苔」が半世紀後には「薩摩守」に変容します。

主役/修行者→遠国方の出家
行き先/切戸文殊→住吉・天王寺
渡る川/天橋立からの参道→神崎川

《あらすじ(大蔵流)》

とある茶店。
旅の僧、無一文。
茶屋の亭主は、神崎川の渡しをタダで行けるように知恵を授けます。

船頭はダジャレ問答が好きなので、 船に乗ったら「船賃は薩摩守」と言い、心は?と聞かれれば「忠度(ただのり)」と答えると、船賃をタダにしてくれるだろう、と。



船頭「船賃は?」
修行者「平家の公達」



船頭「船賃か、秀句か」
修行者「秀句」



船頭「その先は?」
修行者「平家の公達、薩摩守」
船頭「あははは」

船が着いて



船頭「そのココロは?」
修行者「・・・(忘れたー!)」



船頭「薩摩守のココロは?」
旅の僧、思い出せません。



修行者「青海苔(あおのり)の引き干し!」



僧は、「薩摩守忠度→ただのり→ただ乗り」を忘れて、唯一覚えていた「ノリ」から、知っている言葉を絞り出したのです。


ひぃぃ。


(いや、舞台が大阪の神崎川なんで、つい)

船頭「やくたいもなし。とっとと行かしめ(怒)。」
修行者「面目ござらん」

となって、おしまい。


《曲趣》
「青海苔」と同様、「ただのり」の秀句が焦点。

本来、僧は無賃乗船が認められていました(能『碇潜』に「無縁の僧に船賃を 取らんと思ふ人こそ 無道心」とある)。

船頭は、無賃乗船を怒ったのではなく、秀句好きなので「言いかけ」の「薩摩守」にワクワクし、そのココロが期待はずれに終わったので、怒り心頭の事態になるのです。

このように、「薩摩守→忠度→ただのり→ただ乗り」の連想は、少なくとも室町時代の終わりには一般に使われていた「シャレ(洒落)」だったんですねー。


こんな決意で一ノ谷の合戦に向かった忠度ですが、


死後数百年経過したらこんなイメージになってしまいましたとさ。

でも、いいんだ。薩摩守といえば忠度、ってのがいつまでも残ったんだもん。

めでたくもあり、めでたくもなし。ちゃんちゃん♪


参考文献
「狂言ハンドブック改訂版」(監修者小林責)
「狂言鑑賞二百一番」(文・金子直樹)
「狂言記 新日本古典文学体系58」(校注 橋本朝生・土井洋一/岩波書店)


いつも応援いただきありがとうございます。「薩摩守」は現在も上演回数の多い曲で、流派やその時の上演する先生によって様々な演出があります。アドリブで台詞を変える時もあります。だからこそ、狂言は面白くて、同じ曲を何度見ても飽きないのです。狂言師では、野村萬斎先生が有名ですね。ドラマや映画で拝見しても、所作がひとつひとつ綺麗でうっとりです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
狂言はホントに面白いですね。
関西は大蔵流が多いんじゃありませんか??

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもご訪問、コメントありがとうございます。

このブログの歴史と写真とコメントいつも感心して読ませていただいています。歴史を知ってますます興味がわいて来ることが多いですね。

またいろいろと教えてください。

よろしくお願いいたします。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。関西は大蔵流。特に、茂山先生御一門です。

関西に来て、先代の人間国宝の茂山千五郎・千之丞ご兄弟の舞台を何度も何度も拝見出来たことは、とても幸せなことだと実感しております。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
kotodayori様の福井の記事、とても興味津々で拝見申しました。こちらこそ、いつもありがとうございます。

記事を書くのが下手くそなもので、ひとつだけでも何か伝わればよいのですが。
歴史ある史跡や寺社に恵まれて、つくづく幸せな土地に住んでいるなぁとありがたく思っております。

こちらこそ、kotodayori様の記事を楽しみにしております。
よろしくお願い申し上げます。

No title

1500年・・・つ~と明応年間か^^

つねまる様の記事を見るまで、
平忠度本人がタダ乗りしたかと思ってた^^

狂言、野村萬斎さんの「のぼうの城」を観たんですが、
踊りがすっごい素敵でした^^

楽しいイラストと紹介記事にぽちぽちぽちーーー☆

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

狂言は、やはり口伝なのですか。
日本古来の文化は、音と口伝がおおいのでしょうね。
先輩が笛をやっていて、譜面はないとか言っていたのを思い出しました。

タダ乗りくん、ついに登場しましたね。
結構有名なのでしょうか。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

忠度本人がただ乗り・・・(。´Д⊂)カネモチナノニ

wikipedia等を見たら、さらーっと「薩摩守といえば、ただ乗り」を意味すると書いてある程度には、狂言の薩摩守も広く知られていたんだなーと改めて思った次第。

でも、だんだん、死語になっていくのかな。

「のぼうの城」、「陰陽師」、「にほんごであそぼ」。
萬斎先生のいいとこ満載で、とても良かったですよねー。んふふ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

薩摩守といえばただ乗り、の話はwikipediaにまで掲載されてすから、有名だったんでしょうねー。有名というより、当たり前のたしなみだったのかもしれません。

お稽古事は先生と一対一で教えていただくのが醍醐味ですからねー。楽しいです。

先輩様の笛が、どの笛なのかわからないのでなんとも言えませんが、能管(能楽の笛)には大小鼓や太鼓の手も記した「八つ割」とか、唱歌とか、ありますよ。

能楽において、お囃子は各々が即興で鳴らしているものではなく、ちゃんと決まっています。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼