後白河上皇。『梁塵秘抄』と35回の熊野御幸

こんにちは。


熊野那智大社【第6回】


熊野速玉大社の石碑。

白河上皇9回、鳥羽上皇21回、崇徳上皇1回。

後白河上皇(1127~1192)、35回(諸説あり)
後鳥羽上皇(1180~1239)、29回

後白河上皇は35年の在院期間のうちに35回の熊野御幸を行ったのに対し、後鳥羽上皇は24年の在院期間のうちに29回。

熊野御幸は、往復におよそ1ヶ月費やすので、後鳥羽上皇はおよそ10ヶ月に1回という驚異的なペース。


いくら上皇は「ふりーだむ!」な立場とはいえ、お供もいい迷惑。


【後白河院、その濃いーい人生】

後白河院の生涯は、源平の争い、そして、武家政権の確立の時代。

どんな人がいたのか。院の前に現れた面々はこちら。



仲良しだったり、幽閉されたり。思ひで深い人。

清盛の日宋貿易に興味を持ち、協力的な後白河院。
宋人とも面会します。

宇多天皇の遺戒により厳禁だった外国人との接見です。
「我が朝延喜以来未曽有の事なり。天魔の所為か」(by九条兼実)

平清盛は、第1回目の後白河院の熊野御幸に同行(当時の清盛は大弐の位)。


序列を争う叔父と甥。新宮行家と木曽義仲。


「以仁王の平家追討の令旨」に呼応。

倶利伽羅峠で平家をなぎ倒し、行家を迎え、後白河院を救出しつつ上洛。

いけずな都人にいじめられ、後白河院を幽閉したり、「打倒平家!」のはずが、いつのまにやら「打倒、頼朝!」。

最期は源範頼・義経の追討軍により、粟津で討死。


びみょーに諸悪の根源な人。頼朝の叔父。

父は河内源氏の棟梁・源為義。
同母姉に、新宮別当家嫡流の行範(19代熊野別当)の妻・鳥居禅尼。

以仁王の平家追討の令旨を各地の源氏に伝達。
頼朝→義仲→義経、と身を寄せる相手は変幻自在。お口が達者なのが特徴。

後白河院の碁仲間。


義仲の後、都へ来たヒーロー義経と、最強のSP弁慶。


速玉大神に仕える熊野三党のひとつ、鈴木一族の出自と熊野速玉大社では伝わる武蔵坊弁慶。

義経は、幼い頃鞍馬にいたので、ちょっと都風。後白河院の狛犬、いや、駒。

平家を滅ぼした後、兄の頼朝と不和になり、後白河院に要請して頼朝追討の宣旨を賜るも、次は逆に源頼朝の要請により義経追捕の院宣が下る。少し残念な悲劇の人。


後白河院に「日本国第一の大天狗は、更に他の者にあらず候ふか」(『吾妻鏡』11月15日条、『玉葉』26日条)と言った人。

1190(建久元)年11月7日。頼朝は千余騎の軍勢を率いて上洛。

後白河院と頼朝は何度もお話。

頼朝の諸国守護権が公式に認められ、「武家が朝廷を守護」する鎌倉時代の政治体制が確立することになりました。

しかし、後白河院は頼朝に地頭職を握られた事で、院政の財政的な基盤を失うのです。


1192(建久3)年3月13日。後白河院、崩御。

同年7月12日。 源頼朝、征夷大将軍に就任。


【後白河院の熊野御幸】

35回。


(画像:熊野速玉大社の小太りな狛犬さん)

・・・ひまじん?


後白河院は、自宅の法住寺殿に、鎮守として日吉社の他に熊野社を建立するほど熊野信仰に夢中。

熊野社は、熊野詣に出発する前の精進・参籠の場となりました。

ちなみに、この法住寺殿の南殿の北側に造立されたのが、蓮華王院(三十三間堂)。平清盛の寄進。


《『梁塵秘抄』にみる熊野御幸》

後白河院といえば、「今様」好き。

院の撰述による『梁塵秘抄』は、歌集十巻、口伝集十巻の計二十巻であったと推定されますが、現存は、歌集巻一の断簡と巻二、口伝集巻一の断簡と巻十。

口伝集には、1回目と2回目、そして12回目の熊野詣のことが記されています。


《後白河院の熊野デビュー》

1159年。平治の乱が勃発。

1160年。後白河院、初めての熊野御幸。34歳。


平清盛、同行。

10月17日より精進を始めて、法印覚讃(かくさん)を先達にして、23日に出発。

道中の長岡王子で、後白河院は今様を歌います。


熊野の権現は、名草の浜にこそ降り給へ、
 
和歌の浦にしましませば、年はゆけども若王子

(『梁塵秘抄』「巻二 四句神歌 神分」) 

 

11月25日、幣を奉り、経供養・御神楽などを奉納。
礼殿にて院の音頭で、古柳・今様・物様まで数を尽くす間に、次々に琴・琵琶・舞・猿楽を尽くした。初めての熊野詣のときのことである。

 
《後白河院の熊野御幸。2回目》

1162年。正月21日より精進を始めて、同27日に発つ。

2月9日。本宮に幣を奉る。本宮・新宮・那智の三山に三日ずつ籠って、その間、千手経を千巻(1000回)転読。


熊野本宮大社・本宮。第三殿(證証殿・主祭神の家津御子大神)


那智。

同月12日。新宮に参って、いつものように幣を奉る。



夜が更け、社殿の前へ上り、宮廻ののち礼殿で通夜、千手経を読む。
しだいに皆、居眠り。

夜半過ぎ、神殿の小さな火の光に御神体の鏡がところどころ輝いて見える。
しみじみと心が澄んで涙が出た。

明け方、礼殿で歌う。

「よろづのほとけの願よりも 千手の誓ひぞ頼もしき

枯れたる草木もたちまちに 花さき実なると説いたまふ」



この時、覚讃法印が社殿の前の松の木の上にて

「心とけたる只今かな~♪」、と、神の歌う声を聞いたという。




《後白河院の熊野御幸。12回目》

次は12回目。1169年、院43歳のときのこと。

正月9日より精進を始めて、同14日に発つ。26日に幣を奉る。


この時はまだ出家前。
「俗体では今回が最後の熊野詣になるだろうと思われる」熊野御幸でした。



熊野本宮大社・若宮。

今回は、両所権現のうちの西の御前(結の宮)から《麝香(じゃこう)の香》が漂ってきた。


熊野本宮大社・結宮。

神殿のすだれが動き、そこに懸かっていた御神体の鏡がみな鳴りあったので、びっくりして立ち去った後白河院一行。


「ほとけは常にいませども うつつならぬぞあはれなる

人のおとせぬあかつきに ほのかに夢にみえたまふ」

(『梁塵秘抄』巻第二 26)


なかなかシュールな体験をしたようで。




「巻二 四句神歌 神社歌 熊野二首」

 
「紀の国や牟婁の郡に坐(おは)します 熊野両所は結ぶ速玉」
 
「 熊野出でて切目の山の梛(なぎ)の葉は  

 万(よろず)の人の上被(うはぎ)なりけり」



熊野速玉大社の梛の木。


(私見)
後白河院の人生を見ると、権謀術数というよりは、目の前の事態に振り回されて、些かパニックになっているような。

今様に夢中だった皇子が成りゆきによって突然天皇となり、上皇となり。
これまた成りゆきで武家勢力と相対峙することになり。



しかし本来の後白河院は、35回に及ぶ熊野御幸から見るに、仏教への深い信仰心もさることながら、道中で今様を徹夜で歌い明かし、今様の名手の女芸人に歌を習ったりする日々こそ、本来の後白河院の姿のような気がします。


熊野に関してこんな記事も書いてます。

「丹鶴城の丹鶴姫。熊野別当物語。」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

「阿須賀神社と大威徳明王。狛犬はネックレスでおめかし」速玉大社の境外摂社
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

「大斎原。水霊の斎く霊地」熊野本宮大社の旧境内地
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-214.html

「波田須の道は鎌倉石畳。伊勢路最古の熊野古道」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-216.html



参考文献
『熊野三山信仰事典』(加藤隆久編・神仏信仰事典シリーズ(5) 戎光祥出版)・『和歌山県史』・『神道事典』

「熊野学」(新宮市教育委員会)http://www.city.shingu.lg.jp/div/bunka-1/htm/kumanogaku/index.html


いつも応援いただきありがとうございます。白河上皇は9回に及ぶ熊野御幸!と昨日は叫んでおりましたが、今日の後白河院てば35回。鎌倉目線の小説では、まさに「大天狗」な後白河院ですが、熊野御幸では家臣とごろ寝したり、恐怖で走って逃げたり、とても楽しい人です。エネルギッシュな人物だったのかなー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日は、源平の主役たちのオンパレードですね!

やっぱり私はこの時代が好きです。

毎年、大河ドラマを追って各地に行きますが、改めて源平の時代は良いと・・・

また「義経」観ようかな~

No title

こんばんは。
木曾義仲公、御土産が五平餅とお蕎麦ってところが泣ける(泣)
今夜の「空から日本を見てみよう」が、那智大社でしたのよ。
なんとまあ、あんな山深くて、おまけに階段の多い所に35回も行かれましたこと。
私なら絶対に無理だわ。
昔の人のパワーって、想像を絶してますよね。
行家(呼び捨て)は私は嫌いだに~

No title

こんばんは。いつも楽しく勉強になる記事をありがたうございます。

後白河院の御世は激動の時代でしたね。なるほど、仰る通り後白河院は時代の浪に翻弄されてしまつたのかもしれないですね。
後白河院と白拍子と言ふとつい祇王と仏御前の話を思ひ出してしまひました。

さうですか、歴代陛下の中で後白河院が一番熊野に御成りになれていらつしやるのですね。お書きのされていらつしやるとほり、蓮華王院の近くに新熊野神社がありますね。あそこ、寫眞を撮り忘れて記事にせず仕舞ひにゐますが、大変興味深いお社でした。

No title

松田翔太の後白河院が好きでした^^

らんまる様のとこでも書いたんですが、
某青年漫画で頼朝主役の漫画があるんです。
いま頼朝が義仲討伐の兵を挙げたくだりまで話が進んでます^^

義仲=朝日将軍^^
画像・義仲の頭にあるv-278の意味が解って、ちょっと嬉しい^^

今様や双六好きで仏教に熱心な教養人、お話したり宮中での遊びをしたら、すっごい盛り上げ上手な感じですね^^
ほんとの院は政治向きじゃなかったのかも^^

ぽちぽちぽちーーー☆

梁塵秘抄!

つねまるさんは『梁塵秘抄』から歌を取りだして記されています。
今更ながら大したものだと感嘆しています。熊野三社も4年前車で訪れた所で大変懐かしく記事を拝見しています。

ピュアな後白河翔太法皇

この方も後世の評価はパッとせず腹黒オヤジのイメージが付きまとうのですが、政争の渦中にあってやむを得ずヒールを引き受けた感じなんでしょうネ。
それでも清盛が死んじゃったあとの朝廷の切り盛りは凄みとキレがあって、どこに熊野御幸を35回も出来る時間があったの?と思いたくなります(笑)
この方がいたからこそ、頼朝は悪知恵に磨きがかかり武家政権の樹立が出来たのだと思います。
義仲も義経も軍人としては一流ですが処世術は三流以下。後白河松田翔太法皇はやりたくもない政治に関しての閃きは天才でしょうか。
実のところは貴殿のおっしゃる通りとてもピュアなお方だったのでしょうネ(笑)

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はーい。「思い出が走馬灯のよう」にしてみましたー。
私もこの時代が大好きです。いいですよねー。

なので、しずか様のお部屋が居心地いいです。
お部屋の中をあちこち放浪してます。
ほんとに全国の史跡にお出掛けで、すごいですね。うふふ。

お。やはり「義経」ですよね。細々とよく拾ってくれてますもの。
芸能指導が、故野村万之丞先生なので、そこも好きですー。
ナンチャンさんは、このドラマがきっかけで、狂言の会を催すようになったとか。

お姉さま、「草燃える」も、いかがでしょう?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

義仲に悪気はなかったんですもの。都、ってのに憧れてただけで。
手土産は、やはり、五平餅と蕎麦でしょー。彼にしてみれば、ごちそうですっ。

>今夜の「空から日本を見てみよう」が、那智大社でしたのよ。

ええええー!知らなかったー!くやしーい!

山深くて、階段の多い所・・・(≧∇≦)タシカニ!
当時はまだ坂道でしたが、鎌倉時代になると、現存の石段が作られ始めるんです。
通称「鎌倉石段」。そのまんまー。
ものすっごく、段が高くて、ふんぬー!ってしないと登れないところが多くて。下りはとても危険なんです。

徒歩で上がった時は、帰り道は車道を通りましたもの。

昔の人の足腰の頑健さには、脱帽です。

あ。私も行家、諸悪の根源のようだで嫌いだに。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

私は、後白河院は実は牛車ではなく、自転車に乗っていたに違いない!と思っております。

斬首があると聞けばほいほい見物に、お寺がもめればほいほい仲裁に。

いい意味で、やじうま。悪気はない、いや、なければいいってもんでもないぞ!っと、そんな方かと。

>後白河院と白拍子と言ふとつい祇王と仏御前の話を思ひ出してしまひました。

あ。清盛と姉妹と母のお話ですね。切ないというか、清盛のばかもんっというか。
京都、行こうかしらー。

後白河院といえば、熊野!熊野といえば、後白河院!
白河院と後鳥羽院に比べて、あっけらかーん♪とした、楽しいピクニックの印象があるんです。
ここではこれをしなければならない、とか、そんな縛りもなく、何だか楽しげ。

ええ、私も何故だか、新熊野神社、ぽけーっと通ってるんです。
お猿は撮影してるのになー。

三十三間堂北側の地元用のうどん屋さんが好物です。
まだあるのかな。おうどんとおいなりさんが、素朴で美味しくて。
観光用うどん屋の半値だけど、ぜったい、うまうまー。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>松田翔太の後白河院が好きでした^^

きれいでしたねー。清盛が若いから、院も若くて、それが新鮮。
白河上皇の伊東四朗が強烈過ぎて、好物です。

私は、平幹二郎の後白河院が好きでした。

お。そうそう、漫画になってるんですね。
鎌倉ものの聖書は、永井路子さんな古い私なので、最近のものは読んだことなくて。ほほう。

あさひに気づいて下さってありがとなのだー。んふ。
十日間だけだけど、将軍様だもーん。

後白河院は、趣味に没頭して、たまにお仕事したら裏目に出た。
そんな感じなのかな。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

謡にも、今様朗詠の場面が出てきまして。面白いです。

熊野三山に行くには、車がないと不便ですから頑張るのですが、やはりちょいと遠いですねー。
でも、あの、独特の雰囲気は何度訪れてもいいものです。

夏は、海!です。今年はどこへ行こうかなーっと、地図とにらめっこしております。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
せんせの木曽義仲シリーズ、楽しみにしてます(≧∇≦)キャホーイ♪

タッキー義経の平幹二郎上皇の印象が強すぎて。
お上品だけど、下世話。腹黒だけど、無邪気。そんな感じ。

半分都人の頼朝ですが、離れていたから俯瞰して熟慮出来た気がします。畿内でしたら、近すぎて考える時間も少なくて。

この時代に頼朝が伊豆にいた意味は大きいですねー。
宮中のしきたりや都人の事を知らない武家だけでは、武家政権樹立にはもっと時間がかかったでしょう、かなー。

義経や義仲では、いいひと過ぎたんですよー。
ライバルや意地悪な人間が周囲には少なくて、僕は好かれて当たり前。
他人は足元をすくうんだぞ、とは全く考えもしてないですもの。

敵を負かしたら、それだけでおいらはヒーロー!いえーい。

田舎から都会へ出るときは、重々注意しないと、はめられる。
・・・誰か教えてあげてー(。´Д⊂)

後白河院、ピュアというには、少し、下世話で、へそ曲がり。

らんまるせんせのお言葉でいうなら、「でも、そこがいいんです」なのです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼