熊野那智大社へようこそおこし

こんにちは。


やた殿とやた姫。


那智。

熊野那智大社はご覧の通りの高い所にあるので、


さかみーちー♪



熊野古道の雰囲気を味わいながら、坂道をてくてくすること5m。


車道と古道が接してますので。

おほほ。

那智の滝前を過ぎ、民間駐車場勧誘のお姉様方を振り切って、鋭角に右折すると、


有料ですが、防災道路を通ることができます。


横着者です。


青岸渡寺という「お寺」と


熊野那智大社という「神社」が並び立つ那智。これは二の鳥居。

明治の神仏分離を経ても残った光景。詳細は後日。


車で一気に登ってしまったので、


下りてきた。一の鳥居。


柄の悪い声がします。


大事にされてるのかと。


日曜の朝は神馬さんとお散歩~ヽ(*´▽)ノ♪

んなわけあるか。


狛犬さん。


んふ。


勇ましい狛犬さん。


いつものように前後左右から堪能したいのですけど、


トイレを激写する変な人になってしまいます。うう。


10月に行くと、このキイロジョウロウホトトギスが満開なのです。

とってもきれいなお花なので、10月にまた熊野へ来たはいいのですがー。


うがぁー。


さすがにびびって、お宿でおとなしくしてました。


いつも応援いただきありがとうございます。お宿でおとなしくしてた、と言いつつ海の画像があるのは、実は伊勢海老天丼どーん!の解禁日が10月で、いつも行くお店が紀伊大島の魚釣り公園の食堂なので、仕方なく。ええ、仕方なく、です。だって、「天丼で1尾、お味噌汁に半身」がどどん、なんですもの。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

熊野はいいね~

こんにちは^^

ヨミガエリの熊野はいいですよね。
海と山と美味しい食材で確かに生き返えれるかも。
でもね~遠んですよね。
そんな訳で、熊野の記事を楽しみにしてます。

リンクを貼らせて頂きました^^

No title

こんにちは。
熊野行く予定にしていたのに、寝込んで行かれず、未だにリベンジできていないので、これからの記事楽しみにしています。
熊野は昔ツーリングで炭火焼きステーキとまぐろを食べに行ったことしか覚えていません(^_^;)
どんなに食い意地はってるんや!
当時、神社仏閣にあまり興味がなくて、勿体ないことしました。

No title

こんばんは。

この神馬殿、絶対にヤンキーの血を引いてるって(笑)
つねまるさんの仰る通り、「出せや、こらぁー」 って暴れてそう。
ニヤニヤ笑いが止まりません。

No title

やた殿、やた姫が可愛い^^

勇ましい狛犬は、狛ちゃ・・というより、狛さんな感じ^^

ナッチー滝は豪快に落ちてますね^^
この高さと仰角と階段を視るたびに、、、

あぁ・・・自分の体力では観るが身の程だと感じるのです^^;

スポーツ系趣味は自分への負荷が優しいプールで水中ウォーキングだったりする(*´pq`)
ぽちぽちぽちーーー☆

No title

つねまるさーん、おばんですばーい♪

山上の駐車場となっちーの滝が水平に見えますが、
徒歩では5mも登ると大丈夫なのかな?

紀伊半島はこの春に計画していたのに、なかなか行ける
ところではありません><

日本で一番遠いところです!

じゅみーcoco様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。吉野探訪記、面白かったです。時々お吐きあそばす毒が、これまた絶好調でしたねー。うふふ。

熊野は昨年、これでもか!ってほど記事にしたんですが、すっぽり抜けてるのが、那智大社。
熊野三山はいろいろ難しい事が満載なので、時間がかかるんですよねぇ。

一番遠い関西なので、やはり二泊はしないと、しんどいですね。
大阪から上北山村経由で熊野市までのんびり走ると半日。
走り出せば楽しい道のりなんですが、やはり遠い。

でも、那智勝浦の温泉が私には合っているようで、毎年出現する「体かいーかいー」が落ち着くのでまた今年も通いそうです。ふふ。

リンク、ありがとうございます。
今後とも末長くよろしくお願い申し上げます。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。こっちに必死過ぎて、Twitterが疎かになっておりまして、失礼しております。

ありゃ。寝込んでしまったのですか。
ちょいと遠いのですが、リベンジの時が来るのをお祈りしております。るるる。

ツーリングの人、多いですよねー。
いつも下道で熊野市まで走るんですが、道の駅で待ち合わせしてる集団さんとか、めっちゃ嬉しそうです。
酷道425号線、二輪なら楽しそうですもんね。四輪は、走ってはいけなーい、ですし。

熊野へ行くと、狛犬さん探しと、海、海、さかな、酒、海、です。こほん。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。浅間山、心配ですね。どうか何事もありませんように。

んふ。万見仙千代様にもそう見えたのなら、間違いなし\(^_^)/

何故なのかしら。
神馬さんって高い確率で、「なんやねん、こら」とか、「うらめしや」にしか見えないんです。目付きかしら、口許かしら。

本物のお馬さんはあんなにかわいいのにな。おかしいなー。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

んふふ。やた殿、やた姫、かわいいですねー。
帰りにこの子達の側で、那智黒ソフトを食べてきました。

水中ウォーキング、えらいなー。
なんかもう、着替えるのすら億劫だったりします。こほん。

なっちーの滝は、一の鳥居から行きはひたすら下りるので、るるるん♪なのですが。
帰りが。帰りが・・・がががが。

「あら素敵な、石♪♪」っと撮影するフリして、息を整える無様な有り様です。おほほほ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね、徒歩だと、3歩ぐらいかしらー?

那智の滝の滝壺近くの飛龍神社には、石段をずんずん下りてー。帰りはずんずん登ってー。

那智大社には、鎌倉積みの石段が延々と続きます。
これが、まぁ、しんどいのなんの。気絶しそうです。

なので、今回は、防災道路を利用でーす。へへ。

あ、春、そうでしたね。
日本で一番遠いところ、、、私も実感です。どこを通っても、えっちらおっちらと走らないといけないんですよねぇ。

ドライブ好きでも、時々、車を畳んでポケットに入れて、電車に乗りたくなります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼