《書写山》本多家廟所⑤ 嫁は千姫、母は熊姫…忠刻



と、



の、長男、忠刻。妻は…



の、千姫。

千姫の、父は秀忠、母は江、夫は秀頼、義母は淀君。



重い!重いぞ、忠刻 (T_T)!

そんな忠刻。
父・忠政と大阪夏の陣で頑張り、戦後には千姫と結婚。

祖父の忠勝の桑名で生まれ育ちましたが、父がもらった姫路藩の所領15万石とは別に、千姫の化粧料の姫路新田藩10万石を背負って父・忠政と共に姫路に入ります。

まー、誰もが振り返る眉目秀麗、ちょー美丈夫になった忠刻(ここ、大事ね♪)。うひゃー。


さらーに、剣術にも熱心な美武両道 ( 〃▽〃)☆☆☆

宮本武蔵を姫路藩の師範に向かえ、武蔵の養子の三木之助を小姓にします。


千姫との間には、長女・勝姫、嫡男・幸千代が生まれますが、幸千代は3歳で早逝。

忠刻も31の若さで逝去します。



小姓の三木之助は殉死。その介錯をした角兵衛は三木之助の供をして殉死。

遠方にいた岩原牛之助も駆け戻って、墓前で殉死。


牛之助辞世
「二世までと思いしことのかないきて君もろともに行くぞ嬉しき」


美武両道の忠刻、すんごーく慕われてたのね。


この時、父の忠政はまだ健在だったため、忠刻は藩主を継いでおらず、代わりに弟の政朝が姫路藩主を継ぎます。

千姫は、徳川家に引き取られ、弟の家光にも大切にされ、江戸で逝去しました。


弟の政朝。これまた、アレな人です。続く!


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら男前が添い寝します

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します^^/

千姫は旦那様が早死にした為に、あとから色々噂されちゃって気の毒です。

本多忠刻は徳川+織田のサラブレットですね^^
自分の中のイメージも眉目秀麗・文武いけちゃう系です

時乃★栞様
ありがとうございます。
ご理解いただけてひと安心…。

忠刻君、廟屋はないけど、周りから愛されてます…。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼