妙見信仰と天御中主神。天御中主神社ノ狛犬ナノダ

こんにちは。

但馬妙見日光院【第20回】


明治維新の思想的な柱である「水戸学や後期国学や復古神道」の中心は平田篤胤などの国学者。

「復古神道」では、天孫降臨以前の万物の創造を行った「造化三神」(天御中主神・高皇産靈神・神皇産霊神)を「復古神道」の究極神とし、その中で天御中主神は最高位である、と考えます。



この天御中主神が、明治以降、妙見大菩薩の代わりに祀られるようになります。


妙見菩薩(妙見尊星王、北辰妙見菩薩)は、仏教において天部の一つ。

「妙見」とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す者ということ。七仏八菩薩所説大陀羅尼神呪経に曰く。

「我れ、北辰(※北極星のこと)菩薩にして名づけて妙見という。今、神呪を説きて諸の国土を擁護せんと欲す」。


妙見大菩薩と天御中主神の共通点を無理矢理見つけた明治政府側は、妙見大菩薩を天御中主に付会し、強制改宗させる等の行動に出たのです。




【『天御中主神』を祀る神社・傾向】

全国で「天御中主神」を主祭神としてお祀りしている神社は多数ありますが、主に二つに分類されます。

「日本の塔婆」より抜粋。
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/myoken44_4.htm

1。国家神道により明治に創設の新しい神社
東京大神宮(東京)、四柱神社(長野)

(古社ではあるが、国策によって祭神が追加されたと推測される神社)
陸奥仙台・青麻神社、播磨西宮・岡太神社、

2。妙見信仰の本尊、妙見大菩薩と置き換えられた神社
(妙見大菩薩を天御中主に付会し、妙見宮を強制改宗させた神社)

相馬の小高神社・中村神社・太田神社(相馬妙見三社)

熊本県の八代神社、千葉神社(千葉氏)、九戸神社(九戸氏)、埼玉県の秩父神社

※千葉県では宗教法人登録をしている妙見社は50社以上。全国の小祠は数知れないとか。
(私見)これは、妙見信仰の厚かった「千葉氏」が一大氏族であったことと関わりが深いと思います。

妙見信仰の詳細(神社になった寺院)は、こちらで細かく説明されてます。面白いですよー。
こちら→→→「妙見菩薩・妙見信仰」
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/myoken48.htm


【『天御中主神』を祀る神社・現地】

和歌山県新宮市の「天御中主神社」。


こんもりとした鎮守の森が素敵なお社。


すごいでしょ。


ナノダダ?


ダー。


カワイイノダ~。

と、こんなかわいい狛犬さんがいるのに、記事に出来なかったのです。

なぜなら。


(クリックで拡大)
この由緒書を見て、絶望したから。

和歌山県神社庁の解説もこれまた訳がわからんもので。
こちら→→→和歌山県神社庁「天御中主神社」
http://wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=8005

今回、見直してみて何となくわかったのは、ここもまた、妙見信仰があり、祭神が天御中主神なのでした。


(クリックで拡大)


(主祭神)天御中主神 
(配祀神)武南方大神 八坂刀売神 天照大神 仁徳天皇

あれこれ調べて混乱して、放置。やっと日の目を見ます。



おーい、こまちゃーん。


いひひー。


ね。


ああ、かわいい。


ほんとねぇ。


老けた気がします。


尻尾、好き。


おやつー。


思ったけど言わないよー。


そのようで。

祭神に「天御中主神」の名前を見つけたら、おや?っと思い、神社の歴史を調べるべきなのかな。
しかし、いちいち地元の図書館へ行くのもなー。





ナノダ。


天御中主神社
《住所》和歌山県新宮市佐野山田1065


いつも応援いただきありがとうございます。前記事のコメントで、神社はフレキシブル♪とのお言葉をいただきまして。大雑把なところが神社のいいとこなんですよねー。しかし、仏教のように教義が確立されていなかったところに目を付けた復古神道により、強引な教義付けを押し付けられたわけで。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソフトクリーム

妙見大菩薩と天御中主神は
違うのですね。

妙見信仰が北斗七星からということだけ
うっすら知ってる程度の私です。
歴史的に変わっていったり、
古くて不明だったり、本当に難しいものですね。
でもそこがまたいいのかも♪

こまちゃん、かわゆす。
頭の上に、ちょこんとしたものが乗ってますね。
キスチョコにも見えましたw

No title

これはまた随分と個性的な狛犬さんで!
平らな頭がいい感じです(笑)

鍵コメ様

こんにちは。ご丁寧にありがとうございます。

知れば知るほど訳がわからなくなっている現況でございます。

建造物の装飾や、建物の構造をたくさん見ているうちに、きっとご自分の好きなパーツが出てくると思いますよー。

私の内緒のツボは、床下です。きれいに並んだ基礎の石がたまりません。うふふ。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>妙見大菩薩と天御中主神は
>違うのですね。

ですです。妙見大菩薩は仏様で、天御中主神は神様です。

この二人は、、天照大神と大日如来が同体として信仰されたような「神仏習合」でもなく、本文で述べたように明治政府の強制的な差し替えにより、ニコイチの如き状態になってしまったようですねー。

>妙見信仰が北斗七星からということだけ
>うっすら知ってる程度の私です。

ぴゃー。ゆず様、さすがですー。
英彦山に親しまれているだけあって、造詣が深くておいでです。
私なんか、「妙見?あー、能勢電の終点ねー」(ローカル話)って程度でしたもの。

古くて不明になったので、研究者が今でもたくさんいるんでしょうねー。
数学のように、答えがひとつ!なら、簡単なのに。
でもそれじゃ楽しくないですね。うふふ。

>こまちゃん、かわゆす。
>頭の上に、ちょこんとしたものが乗ってますね。
>キスチョコにも見えましたw

こまちゃんを誉めていただき、ありがとうございます(≧∇≦)ヤター

頭上のちょこんとしたもの、あ、なるほど、キスチョコー。
かわいいじゃありませんかー。ありがとうございます(≧∇≦)

クリームを絞るのに失敗したやつ、とか、落ちたメレンゲ、とか、ろくでもないものしか思い付かなくて。こほん。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふん。やーーーーっと、表に出すことが出来ました。
うちの個性派筆頭でございます。むふん。

和歌山県南部は、なぜかお茶目な狛犬さんがいっぱいで。天国天国。

平らな頭。

なんか、のせなくちゃいかんような、そんな誘惑。ふっ。

がまーん!

No title

こんばんは。

天御中主神の由緒書
新興宗教の匂いがプンプンとするのは私の鼻がおかしいの?
あんまり難しいことは分からないんだけどね。
でも、頭ペッタンコの狛ちゃん達に罪は無いのよね。
それにしても、明治の頃に神仏分離の為にこんな事を真剣に考えた人たちがいたと思うと、何だかなぁって感じです。
当の本人たちは必死だったんでしょうけど。

天御中主神さん

このところのつねまるさんの記事が輪をかけておもしろいのでwktkしております。
天御中主神さんって(造化三神自体)ここ5年くらい前に知ったくらいでよくわからないんですよ。
まあ、おまえ神社さんに何しに行ってんだってくらい御祭神もちゃんと確認してないようなやつなのでアレ(写真撮りに行ってるのはわかってる)。
呼ばれたところに足を向けてるような感じで行ってる程度なのでほんと勉強させてもらってます。

wiki読みながら水天宮も天御中主神さんが御祭神だったのでアレレと。
日本橋の方を散歩してたら行きついてしまい御祭神も確認せずこれからお母さんになる女性とお宮参りの家族がいっぱいで優しくて居心地良くて母子わんこかわいくてへらへらしてたんですよね。
平家の方々も祀ってたんですねぇ。

つねまるさんのここ数日の記事を拝見して気付きをいただきました。
詳細割愛ですが傾向と対策みたいなものです。
毎度あまり本文とは関係ないコメントで申し訳ないですが、でもありがとうございます。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>天御中主神の由緒書
>新興宗教の匂いがプンプンとするのは私の鼻がおかしいの?

いえいえ、私もそう思って、躊躇したんです。
場所もあってるのに、なんじゃこりゃ?って、現地でも散々迷ってうろうろして、石碑とか灯籠の年代を確認して、間違いないとは思ったものの・・・。

「天御中主神」に全く馴染みがなかったこともありまして。

なんだー?宇宙の神様だから、狛犬ちゃんも宇宙人風かぁー?とか、頭がくるくる。

明治の復古神道に燃えた人々は、確かに勉強熱心で門下生も多く、その影響力は甚大だったのですが、目指した方向が時代錯誤でもあり、明治政府の目指すものと違ってしまったんでしょね。

しかしまぁ、ほんとに、なんてことをしたんだっとイライラしてしまいます。
今見ると、ちゃんちゃらおかしいですが、この政策によって千年に渡り綿々と受け継がれてきた日本人の精神文化が失われたわけですからねぇ。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お社巡りをしていて、あれー?あれー?っと漠然とした疑問がずーっとあって、その度に調べはするもののさっぱりわからず。

トドメがこの宇宙のわんこがいる天御中主神社の由緒書。

いっつ、ぱにっく。

>このところのつねまるさんの記事が輪をかけておもしろいのでwktkしております。

そう言っていただけると、号泣しちゃうほど嬉しいです。
仲良くして下さる皆様のあたたかいお言葉で、私は生きております。よよよ。

祭神、私もあんまり見てないですよー。(←こら)

だって、どうせまた、筆頭は天照様御一同様でしょー?っと。

見るなら、三番手以下、若しくは、配祀神。
見たことがない名前があれば、myヒットかなー。八百万、おったー!やったー!ってな感じで。

なんだかいい香りがするよーっと立ち寄って、かわいい狛犬さん発見して、建物見て、うはうはして。

さかした様と同様、呼ばれたところに足を向ける感じです。

たくさんのお社に出会って、考える材料を溜め込んで、経験値を増やしてから、のーんびり調べていけば、ポンッと、なにかひらめく時がいつか来る気がします。

って、何の話だー。

まぁ、参拝作法含め、神社に関して一般的に頭にあるものは押し並べて明治の復古神道から展開した国家神道のものだということも、神仏分離された寺社が当たり前の景色だと思っているのと同じくらい、こそーっと植え付けられたものなんでねぇ。

「洗脳」までは言いませんが、「教育」とか「広報(?)」って怖いもんだなーと思っています。

なので、ですね。

熊野などの自然信仰が残るお社が、一番好きー。

と、なってしまうのです。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

七曜紋といったら九鬼氏が思い浮かびますが、徳川大名となった
守隆に代に七曜紋から左三つ巴紋に変えられていますが、
鳥羽を離れたため、星は必要ないということだったのでしょうね。

No title

あーたまーの うぅ~え~の~♪
マッシュポテト~~(*´○`)o¶~~♪
尻尾はソフトv-367
お菓子の家ならぬ、お菓子の狛ちゃ(*´pq`)カワユス

自分がブログを始める前まで、神社関係を胡散臭く感じてたのは、この手の由緒の怪しさからなんです^^
郷土史を調べるようになってから、漸く偏見がなくなった^^;
狛ちゃんは悪くないのよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

神社に教義がないからこそ、仏教も日本に受け入れられたのだし、日本という国の精神性の豊かさの土壌だったのになぁ・・・(´・д・`)

自分が知ってる他の神社仏閣ブロガーは
御朱印ゲッツ
狛ちゃLOVE
のどっちか(または両方)で、他は触れないようにしてます^^;
特に神仏分離に関しては、記事にするのを避けてると言ってました。
下手に記事にすると、道場破り?が来て議論を挑まれるそうで、いろいろ大変なんだそうです^^;

上知令から入ったのは今までにない視点で目からウロコでした。
日の目を見たスィーツ狛ちゃへ、ぽちぽちぽちーーー☆

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

九鬼氏の家紋については存じませんので、申し訳ないです。

鳥羽の海を離れた水軍さん、三田の山奥に池を作って水軍の訓練をしていたようですから、「星は必要ない」ってのは「もはや水軍なんかいらん」と言われているようで、悲しいですねー。

だから明治期に、さっさと綾部を離れたのかしら?

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>あーたまーの うぅ~え~の~♪
>マッシュポテト~~(*´○`)o¶~~♪

ごーがつぅいつかぁに、一気に食べるぅ~♪♪♪けぷっ。

そちらで食べるマッシュポテト、さぞかし美味しいでしょうねぇ。
いいなぁ。羨ましいなぁ。

やーっと、お披露目の狛犬さん、いかがでしたでしょうか?

こまちゃんに罪はなく、かわいければそれでよし!ちゃんちゃん(o^-^o)

裁判ってのは、判例が判決の判断材料になるので、考えやすいんです。
結論に向けて根拠を並べたら、はい、出来たー。そんな感じ。
日光院が裁判になった旨を明記してくれていたので、とても助かりました。

祭神、由緒、これも社格を定める為に必死に作文したかもしれないわけでー。
今まで野っぱらでのびのびと遊んでいた子が、急にお受験して、私立に行かされるような感じですわ。

>特に神仏分離に関しては、記事にするのを避けてると言ってました。
>下手に記事にすると、道場破り?が来て議論を挑まれるそうで、いろいろ大変なんだそうです^^;

あ、そうなんだ。やだなー。

私はこまちゃんが好き!おしまい!

これで勘弁。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼