FC2ブログ

さようなら山上の社殿。但馬妙見日光院の神仏分離

こんにちは。

但馬妙見日光院【第15回】

但馬妙見日光院を襲った神仏分離の嵐は、廃仏毀釈とまではいかないまでも、「まず神社ありき」で強引に進められました。


守札の配札を控えて困窮し、抗議しつつもご沙汰を待っていたところ。


明治5年3月13日。

日光院檀家が多く日光院の基盤であった石原村、大火。


90余軒中77軒を焼失。



明治5年6月。土地上知令により寺の所有林を奪われ。

 
「こうして政府は、敢えて本尊妙見大菩薩を妙見信仰とは全く無縁の名草彦命と称し、日光院を名草神社としようとしたのです。

当初は住職と同一世帯のものが神主として奉務することになっており、第四十七世弘応上人と同一世帯の北垣伊佐美をもって初代名草神社の神主とされましたが遂に明治9年7月8日には豊岡懸から『寺号を廃し、同寺が所有してきた不動産を神社に明け渡すこと』との布達が発せられました。

これをもって名実共にお寺を神社にせよ、との命令でした。」(日光院HPより引用)



明治9年7月8日。兵庫県通達。

『      名草神社
石原村鎮座妙見社之儀先官参事田中光儀失錯ニテ曩ニ名草神社帝釈寺互立処分ニ及ビ置候処客年10月25日教部省達之旨有之候ニ付今般更ニ伺ノ上断然帝釈寺号相廃候條仏像仏器之外動不動産悉皆可受取此段相達候事
   明治9年7月8日       兵庫県権令三吉周亮代理

豊岡県権参事 大野右仲 印  』



「帝釈寺は廃寺」とし、名草神社は「仏像仏器を除き動不動産を悉く受け取るように」との兵庫県通達。

いよいよ、日光院は山を下りなくてはならなくなったのです。(ここまで前回)



《ちょっと寄り道》

通達文に「不動産」の文字が見えます。

1898年(明治31年)に施行された「民法」(明治29年法律第89号、明治31年法律第9号)により、下記のように定められます。

「不動産」は「土地及びその定着物をいう」(第86条1項)
「不動産以外の物は、全て動産である」(同条2項)

日本において「所有権」を明確にしたのもこの民法です。

「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する」(第206条)


動産・不動産を定義する民法の施行(明治31年)前なのに、通達(明治9年)では既に「不動産」の言葉を用いていたところが、面白いなと思いまして。

また、民法成立後の「所有権」の概念を、民法成立以前に援用すると大いなる勘違いに陥るので、ここは注意しなくては。



すみません。


名草神社では、

明治9年7月13日、元楯縫神社祠掌であった井上賢次郎(雪江)が名草神社祠掌に任ぜられます。



【さようなら】

明治10年。
兵庫県より、帝釈寺号再称、成就院への合併などが裁可されます。

成就院?

秀吉の但馬攻めの際に社殿が焼失した後。



1632(寛永9)年。「奥の院」に妙見大菩薩を奉持して登り、日光院を妙見山の山腹に移転復興させたとき、旧寺域に唯一復興させたのが「成就院」。

旧伽藍域の経営にあたっておりました。


9月5日。午前5時。
九鹿村から奥の小佐谷中は各1戸から1人ずつ。他に諸国信者、数百人が山上に集まります。


違うよー(T▽T)

いよいよ山を下りる時が来たのです。



「妙見七尊体尊像を始め全ての仏像、教典、法具、蔵書等、寺宝を護持し、鐘楼以外の日光院の建物のみを山上に残し、元の日光院が寛永年間まであった山麓の石原に降り、末寺成就院と合流しました。」(日光院HPより引用)


1655(寛文5)年9月に杵築大社(出雲大社)より移築。

三重塔の本尊の虚空蔵菩薩も、山麓へ。


仏塔から、ただの「建物」になりました。


寛永9年から明治9年まで、この245年間の但馬妙見日光院が、如何に盛隆を極めていたかを伝える建物達ともお別れです。


護摩堂。


1688(元禄元)年5月建立(棟札による)。


日々の護摩焚きによって真っ黒になった天井。



1754(宝暦4)年建立の本殿。

「宝暦四年 日光院現住宝潤(日光院の第四十世)」の棟札が残ります。


この中に、妙見七尊体尊像が納められていたのです。

皆、山麓へ。


あなたは残るの。


妙見大菩薩である「七曜紋(北斗七星)」はこのまま。


みんな、残るの。


(T_T)








午前10時には作業を終え、大護摩が焚かれました。

午後には説教があり、多くの信者が聞き入ったといいます。



現在の日光院は、「成就院」に合併し、旧寺域に立っているのです。



参考文献
「但馬妙見日光院ホームページ」http://www.tajimamyouken.com/
「兵庫県史」(兵庫県編纂)

本文中「」内緑字の引用元は「日本の塔婆」http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/touba3.htm


いつも応援いただきありがとうございます。山を下りなくてはならなかった日光院。どんな思いであったのか、想像すらできません。さぞかし無念であったことでしょうね。
しかし、日光院は泣き寝入りなんて致しません。リベンジの巻へ続きます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

三重塔のドナドナカメラワークに

泣いた6月の夜哉・・・(´;ω;`)ウッ
記事構成とか、臨場感ありすぎて思いっきり感情移入してしまいました^^;

土地所有の概念とか法的な解釈とか・・・ほんと難しいのだなぁと。
(幾つかソレ系PDFとかチラ見したけど、速攻で挫折^^;)

リベンジ・・・ドキドキ(0 ̄*O)(O* ̄▽)Oワクワク
次記事のラストは狛ちゃの笑顔で終われるでしょうか^^ 
ぽちぽちぽちーーー☆

どんなリベンジ?

あまりに哀れな最後に、涙がチョチョ切れる(涙・涙)
と思ったら、日光院はどんなリベンジに出たんだろう。
でもさ、残された狛ちゃんや、1688(元禄元)年5月建立(!)の建物は、この有様なのよね。
これは何としても納得できないわ。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

う~ん。
歴史は傍観者ではいけない、かじって初めて味が出てくるのですね。

政策や命令に翻弄しながら、歴史は積み重ねられていくのねしょうが、
歴史は利用されることはあっても、救済の措置は聞いたことがありません。

いつも傍観者ですから、たまには齧らないとダメですね><

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ありがとうございます・・・(。´Д⊂)クゥ

日光院のお手入れされた境内と名草神社の傷んだ社殿と比べると、維持できないなら日光院へ返せー!っと思ってしまって。

土地所有の件ですが、まず、wikipediaでいいから単語をひとつずつ拾って、言葉遣いに慣れてみてはどうでしょう。

ソレ系PDFは多分論文だと思うので、尚更難しく論じていると思います。歴史に造詣の深い弁護士さん等のコラムがいいですよー。

さて、狛犬さんの笑顔で終わることが出来たらいいんですが。うふ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>あまりに哀れな最後に、涙がチョチョ切れる(涙・涙)

そうですねー(。´Д⊂)

神仏分離は日光院に限らず、神社とお寺が一緒になっていた全国の社寺で起こった事ですが、ここは、式内社とはいえ実体のなかった神社に奪われた点が、横暴というか、なんというか。

日光院さんは檀家さんや信者さんが集うお寺で、いろいろ考えながら運営されている様子です。
それに比べ、過疎化で廃村になり、氏子さんがいなくなっている神社は、荒れています。

無理矢理作った神社を大切にする気持ちなんて、わかないですよねぇ。
地元の方々なら、特に。

No title

こんばんは~。

明治政府は廃仏毀釈に限らず、
厳島神社を白木にさせたり、
三原城を壊して鉄道通したり
「うおぉい、元長州藩!三子教訓状は!?」
とつっこみたくなるところが結構あります。

神社や寺は、管理者がいなくなると本当に朽ちるのが早いですね・・・。
あの有名な賀茂神社でさえ、
修繕費用が・・と前話題になっていましたが、
維持するのは大変なんだなと思います。
隆景さんの神社の時にも思いましたが
多額の費用を自治体が払えないのであれば
富くじの復活を認めたらいいのにと思います。
もしくは、きちんと宝くじの儲けから文化財保護費を出すか。
こうしてせっかく残ったものが無残な姿になっているのをみると、
無念でならないです・・・。

あ、それとお気づかい、ありがとうございました。
あのぐらい奮起する子であれば、歴史を極め、
いつか新説を突き止めていくのではないか。
と暢気に考えております。
私ももう少し、ブログは公共物である
という意識をもって書かねばならぬと反省をしております。

個人的に経久さんの三重塔がとっても気になってます。
こんな素敵なものがあったんですね・・・!!
うわあ、ぶち行きたいです!!
日光院の手挟と海老虹りょうも細工が本当に見事ですし、
是非是非保存をして欲しいなあと思いました。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

かじってカミカミして、飲み下して、それでもやはり味がよくわからない場合もありますが、まずは食べてみなくちゃ。

政策や命令に翻弄されても、信仰なり信念なりを曲げなければ歴史に残るのかもしれません。
日光院のすごいところは、無茶な仕打ちと承知の上で従いつつ、毅然と自分の信仰を貫き、記録を残し、じっと機会を待っていた点かと思いました。

かなり手酷い仕打ちを受けながらも、感情的にならず、根拠を示しつつ事実を淡々と述べている日光院のホームページは、見ごたえがありますよー。

たまにはpigletくんと一緒にかじってみて下さいなー。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。トロロヅキ様の記事、いつも簡潔にまとめられていて、試験勉強に役立ちます。うふふふふふ。


>明治政府は廃仏毀釈に限らず、
>厳島神社を白木にさせたり、
>三原城を壊して鉄道通したり
>「うおぉい、元長州藩!三子教訓状は!?」
>とつっこみたくなるところが結構あります。

あらやだ。厳島神社を白木に?んまぁ!★○◆※◎@!(←自粛)
三原城はねぇ、びっくりしましたよー。珍百景にしてどうするのよー。

トロロヅキ様から見て、元長州藩はどう映るのでしょうか?
ずっと気になってましたの。

>隆景さんの神社の時にも思いましたが
>多額の費用を自治体が払えないのであれば
>富くじの復活を認めたらいいのにと思います。
>もしくは、きちんと宝くじの儲けから文化財保護費を出すか。

トロロヅキ様の着眼点は、すごいなー。
そうですよねぇ。直せ直せと連呼するだけでは先に進みませんもの。
先立つものさえあれば、何とでもなりますからねー。

ほんとにねぇ、画像で見るよりもはるかに傷んでいるんです。
護摩堂なんて、舞台造りなのかつっかい棒なのか、もうわかりませんもの。

あ、余計な口出ししてごめんなさい。

「あのぐらい奮起する子」←←すみません、笑ってしまって。年上かもー?っと思って。いいなぁ、トロロヅキ様の親分肌(≧∇≦)

>私ももう少し、ブログは公共物である
>という意識をもって書かねばならぬと反省をしております。

以前、会津藩の事を書いた時、つい、攻めた側の事を非難したら、早速突っ込まれたことがありまして。

でも事実は事実なのだから、困ったなーと悩みましてねぇ。
読んで下さる皆様が不快にならないように気を遣っているつもりでも、思わぬところで筆が滑ることはありますね。

私はトロロヅキカラーの記事、ぶち(←変?)好きですよー。

>個人的に経久さんの三重塔がとっても気になってます。
>こんな素敵なものがあったんですね・・・!!

そうなのー!こんな山の中で、経久さんに会えたんですよー!
そりゃ元春様とか隆景様のものに会いたいのは山々なんですが、もう、経久さんでもオケー!です。

標高800mに静かに佇む三重塔from出雲大社、ほんとに素晴らしいです。
関西に遊びにいらした時は是非お立ち寄りくださ・・・全然方向ちがうですね。うー。でも、いつか、来てくださいねっねっねっ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼