神殿狛犬は箱入り息子。元・日光院、現・名草神社

こんにちは。

但馬妙見日光院【第13回】


賑やかな本殿です。


各部分の名称はこんな感じ。

「虹梁」がうねっているので「海老虹梁」といいますが、近世寺社建築の中には、これが龍になっているものもあります。


「手挟の彫刻が細かくて素晴らしい」と言えば、ツウです。多分。


ラスボスにゃんこは


ここにいました。

天井の朱が鮮やかに残っています。


風雨にさらされず、直射日光も当たらない内部は、鮮やかな色が残ります。

新築の社殿は、どれほど美しかったことでしょうねー。


何やら思いもよらぬ所から声がします。


どうやら、この角から聞こえるようなので、覗いてみましょ。


実は社殿自体が大きくて、不可能。

ぴょんぴょん跳びつつバンザイして、パシャッと・・・十数枚、棄てる羽目に。るるるー。

横の階段から必死にじゃんぷ。


なんか、いる。


鋭い牙が見えまするっ。


寝起きで機嫌がよろしゅうないようで。

こーまーちゃん♪その牙、すごいねー。


番犬が寝てたら駄目でしょ。


さて。おーい、吽ちゃーん♪


じゃーんぷっ。


あらやだ、かわいい。

この子の右目だけ、お目目が残ってます。


あれれ?ここから会えるかも。こーまーちゃん♪


ひいいいい。


狛犬の本性現る。


嘘つき。

もしや、阿ちゃんも本性は同じなのかしらっ。おーい。


・・・こら。


こらこら。


あなたたちっ。



いつも応援いただきありがとうございます。劣化する前の社殿はさぞかし色彩豊かだったことでしょうねー。一対の神殿狛犬さん、屋内にいるのに随分傷んでいます。それほどここの気候は厳しいのかなぁ。標高800mの気候はあなどれませんのね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。旅行がすきなのでネットサーフィンさせてもらっています。関西なのですが、夏に関東方面へいくので参考にさせてくださいね。

志茂京香様

はじめまして。
あいにく関東のネタはございませんので、参考にはならないと存じます。関西オンリーでございます。

こんにちは。

新築の時は、どれほど鮮やかだったのでしょうね。
見てみたいな~

>「虹梁」がうねっているので「海老虹梁」といいます。近世寺社建築の中には、これが龍になっているものもあります。

はあ~そうなんですね。
こちらの神社めぐりの時
気をつけてみてみよう♪


神社の中にゃんことは
珍しいですね!

No title

中があれだけ綺麗なのでさぞかし豪華な社殿だったのでしょう。

あの、例の、妙な色を着けるタイプの写真とかはないのでしょうかね(笑)

No title

こんばんは。

なんだか、見れば見るほど可哀想になっちゃう(涙)
だって、狛ちゃんたちがボロボロなんだもの。
本当に何とかしなくちゃ。
こんなにズタボロになっても、一生懸命お仕事に励んでる狛ちゃんたち。
頑張れー

No title

つねまるさん、おばんですばーい♪

内部に色彩が残っているにビックリしました。

あらら、左側にも松葉杖が・・・。

なんとか頑張って欲しいものです。

No title

こんばんはー お邪魔しました。
わあ、、、 年数経てまた一段と味のあるお顔になられた皆様方と思いますが、当初の鮮やかな社殿や狛犬ちゃまや彫刻さん方にもお会いしてみたくなっちゃいます~。。。

No title

新築当時は色彩豊かだったんだろうなぁ^^

ほんとに細部まで丁寧に彫り込んでますね
夢心地・・・(人´∀`).☆.。.:*・ポワ~ン

社殿攻略すると登場する狛ちゃ・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
なにやら萌えるフォルムのかほり・・・(*´・`)クンクン

木造っぽい感じですけど、劣化が進んでるみたいな~~(@@)
保全が間に合いますように~~~ぽちぽちぽち☆

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

新築の頃はほんとに鮮やかだったでしょうね。動物達もフルカラーで。

「海老虹梁」の形は禅宗寺院に多いと聞きます。

外陣と内陣に段差がある所に取り付けるために生み出された形なんですが、これだけで充分面白いですねー。

にゃー。

このにゃんこさんも、とても精巧に彫られていて、かわいい顔してましたよー。うふふふ。

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんとに、さぞかし豪華な社殿だったでしょうね。
今はむしろ貫禄がありますねー。

ふふふ。あの、例の、妙な色をつけるタイプの写真、青がついていたら不気味で面白いかなー。
でもポストカードになってると、ついつい、じーっと見つめて買ってしまうのですよねぇ。こほん。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

標高800mの気象はとても厳しいのかなー。

三重塔の大修理した姿の後にこちらを見ると、年月を経ていい感じになっているような気がするものの、やはり早く直してあげてほしいな、と思います。

狛ちゃん達、雨の日も雪の日も猛暑の夏も、ボロボロになっても、じいーっと耐えてるんですよねぇ。

ぎゅーっとしたくなる愛しい子達ですねー。

ほんと、頑張れー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

内部だから色彩が残っているのかと思いますが、画像になると肉眼よりもよくわかりますねー。

今年の冬が来る前に、現状をなんとかしてほしいですねぇ。
また「わちゃー」って嘆き悲しむことがないように。

動物達がかわいいだけに、余計に思い入れが強くて。ううう。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

多分、動物くん達の顔は、カラフルな新築時よりも今の方が穏やかに見えると思います。
余計な装飾がない分、彫物師さんが思い描いた表情になっているかと。

要は、すっぴん。

すっぴんがかわいいなんて、羨ましいお話ですわ。おほほ。

鮮やかな社殿になったら、一緒にお化粧してあげてほしいなー。
化けた狛犬さん達の顔も見てみたいですねー。うふふふ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

新築時は、きっと極彩色の社殿だったんでしょうねー。
内陣を見た限りでは、柱が黒くて、渋いです。

細部まで丁寧に心を込めて彫りましたー!って意気込みがひしひしと伝わってきます。ちょっと意気込みが、大きいかしら。

社殿攻略しないと会えない狛犬さん。
木造なんですが、標高800mの気候はあなどれませんね。もしかしたら、外陣にいたのかもしれないなー。

修復のスペシャリストの手にかかれば、生まれたときの姿に戻ることが出来るでしょうから、期待してるんです。

新品と入れ替えられたら、怒るぞぉー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼