スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元は日光院の護摩堂。現・名草神社拝殿

こんにちは。

但馬妙見日光院【第9回】

小難しいお話が続いたので、今日は現在も残るすばらすぃ~社殿のご紹介。


日光院が秀吉の兵火に焼失した後


こんな山道を延々と登った「奥の院」の場所に造営した社殿です。


高野山釈迦文院の高僧朝遍阿闍梨が日光院第35世を兼務、その弟子快遍阿闍梨を第36世として復興に尽力。

1632(寛永9)年。「奥の院」に妙見大菩薩を奉持して登り、日光院を妙見山の山腹に移転復興。


このわくわく感がたまらなくて。


出雲大社からやって来た三重塔。

このお向かいに


何かしら。


「弘化」年間。1844年頃かしら。


きれーなトイレがあるので安心です。


広々とした石段が私を待つ。


石段のふもとにあった謎の基礎。山門かなー。


神仏分離時まで幕末に寄進された青銅の鳥居が立っていました。

明治7年4月に青銅製の大鳥居を京都の商人に売却、重量は688貫目(2580kg)あったといいます。(『八鹿町史 下巻』引用元はhttp://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/myoken43_2.htm)

名草神社になった後の十年前の画像では鳥居が写っていて、再建された鳥居があったのかと思います。

この左奥には。


妙見山からの湧き水でもあったのかしら。


妙見山登山口にもなっています。


振り返ると鳥居の基礎が残っていました。


社務所向かいの石灯籠。

「現住龍寶代」「文化元年六月吉日」の文字があります。
「龍寶上人(日光院第四十三世)」が1804年に建立したもの。


気になるわぁ。


1689(元禄2)年、竣工(棟札による)。


三重塔も素敵ですが、こちらも迫力のある木造建築物です。


旧・日光院の護摩堂。現・名草神社拝殿。

桁行5間、梁間2間。椽を四周に廻らせた構造。
割拝殿(建物の間に通路がある)の形式を採り、正面は懸造、屋根は入母屋造・柿葺。


向かって右側に掛かる額。


真ん中の通路部分の天井。

わずかに彩色が残っています。木組の美しさにうっとりです。


視線を下に移すと、本堂(現・本殿)。1754(宝歴4)年竣工。


通路の天井にかかる牛さんの額。


牛さんの彫刻。


向かって左側の部屋の天井。

「歴代住職がこの拝殿で寛永9年から明治9年までの245年間、ここで妙見護摩を焚いていました。そうです、ここは日光院の護摩堂だったのです。

天井が真っ黒になっているのはその為で、格子になっている部分が、煙抜きなのです。密教寺院の特徴の一つです。」(日光院HPより引用)



ちょっと不気味な感じがしましたの。


通路を挟んだ反対側の部屋。ふたつとも、2間四方。

昔は何のお部屋だったのか、何もないのでわからないです。


柱は円柱。

外の木々の巨大さが伝わりますかしら。


おにぎりー。おなかすいたー。



残る彩色から、建築当時は朱色と白の護摩堂だったのかな。
さぞかし緑に映えたことでしょうね。

でも、今の光景の方が味わい深いなー。



いつも応援いただきありがとうございます。山の中の素敵な社殿。実物は想像以上に大きく、迫力がありました。什器などは一切残っていませんが、天井と壁の真っ黒な煤を見れば、確かにかつてここで護摩を焚いていた事が一目瞭然。うわー♪うわー(≧∇≦)っと、一人で笑顔になって拝見してきました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

長い歴史の中、戦火や兵火などで
今まで多くの建造物が損失してきたのでしょうね。
現代に残るというのはすごいことですね。

鳥居の跡が、しっかり残っているのですね~
 
旧・日光院の護摩堂にかかった額
何の絵だったのか、気になりますね!

新緑の中のお堂、やっぱりいいなあ♪

No title

こんにちは~♪
ときどき可愛いこうやくんがお出ましになりますね(*^^)
ありがたいこうや君のようで^^

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもお世話になっています。

養父市のHPを見てみたら、名草神社は標高800メートルのところなのですね。ここに立派な拝殿や本殿を造営した時代(歴史)に興味が湧いてきますね。私も行って見てみたくなりました。

これからも、知られざる歴史を紹介してください。よろしくお願いします。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。レシピ、参考になります。うふふ。

こんなところまで兵火で焼失?と思うような山の中でも、当時は一大寺院を形成していたのでしょうね。

十以上の塔頭があったといいますから。それが全てファイヤー。残念至極。

幸い、画像のような社殿を再建出来たこともすごいですし、現在まで残ったのはもっとすごいなぁーと思います。

平成9年の画像では鳥居があったようなので、その基礎だと思います。
豪雪で倒壊したのかもしれませんね。

絵が描かれていたであろう額。野ざらしですから、そりゃ消えてしまいますよねぇ。もったいないなー。

新緑、晴天、素敵な社殿。とってもよかったですよー。
けむっしーが落下さえしなければ・・・ううう。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

さすがこうやくんは遣り手です。兵火で焼失した堂宇を再建してしまうのですもの。

こうやくんの動く実物は、ただいま高野山で皆様をお出迎えしてますよー。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。葵祭の画像、素晴らしいです。さすが京都を知り尽くしたkotodayori様。

あら。わざわざ養父市のHPまでご覧いただきまして。ありがとうございます。

京都市内へ行く方が遥かに近いのに、えっちらおっちらと遠方へドライブしてしまいます。山の中の古いお社が好きでして。おほほ。

城崎温泉やハチ北へ行く通過点になってしまいがちの養父市ですが、なかなか面白い地域です。よろしければ、ぜひ。

No title

こんばんは♪
ここのところ暑いですね。
体調崩してませんか?

色んな物がファイヤーですもんね。
ホントに勿体ないです。
趣きのある社殿見せていただき、ありがとうございます。
なかなかこちら方面へは行けないので、いつも楽しませてもらってます(*´ω`*)

No title

愚想一句
 新緑の、天井ふとみれば、
      ジブリの如く、まっくろくろすけ~(*´○`)o¶~~♪

護摩堂って、屋内天井がこんなんなっちゃうのね^^;
燻されて祈祷僧の燻製が出来そう^^;

寺社仏閣の木組の美しさは芸術品だなぁと思う
ぽちぽちぽちーーー☆


宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。季節限定のご朱印、素敵な絵柄ですねー。

あー、もう、ほんとに暑いですねー。
昼間は会社でエアコンつけているので快適なんですが、夜は、まだもったいない気がして扇風機です。

あちー。

宙海様こそ、体調はいかがですか?

こちら方面は高速を使わずにドライブを楽しむことができるので、好きなんです。今回は養父市まで足を伸ばしたので、張り切って早朝から出発。

GW初日だというのに、渋滞もなく、というより前後に車はなく、快適。
いいお社なんですが、やはり車がないと不便なので観光客は少なくて。私の他には・・・登山の人、3人とすれ違っただけでしたのよー。

しくしくしく。

No title

>出雲大社からやって来た三重塔!
つねまるさんは大変な勉強方ですね!老生の知らないことも良く勉強され掲載されています!
感嘆!強面の老生にはできないことです!
土岐まり姫さんと競合ですね!

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
うふふ。弊ブログは皆様からのコメント欄で成り立っております。本文より充実してます。いつもありがとうございます。

>愚想一句
> 新緑の、天井ふとみれば、
>      ジブリの如く、まっくろくろすけ~(*´○`)o¶~~♪

おおおー。うはははー。まさに、その通りでしたよー。賞品はどこかの狛犬さんがこっそり枕元へお届けします。

護摩を焚く、と一口に言っても、あれ、すごいですからねぇ。
かなりの火力ですもの。祈祷僧の燻製どころか、ウェルダンに焼かれそうな勢い。

あっけらかーんっと日の光にさらされる護摩堂内部なんて見たことないので、珍しい光景を目にすることが出来ました。

奈良の墨工房以来のまっくろくろすけでしたのよ。

木組の妙を堪能すると、頸動脈圧迫で気絶しそうになります。
しかし、なんで上を向くと口がかぱっと開いてしまうのか。こほん。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いえ、こちらの三重塔を知ったのは「しばやんの日々」様の記事でございまして。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-228.html#comment728

私はその内容と画像に惚れ込んで、せっせと訪問しただけでございます。
様々な歴史を明確な根拠に基づいて考察されている素晴らしいブログ様です。
通説について「おかしな点」に自分で気づく大切さを教えていただいております。
お社巡りをすると必ず遭遇する神仏分離については私自身もずっと気になっていたので、これを機に一夜漬けしている次第で。

私の本来の記事は、狛犬さんが勝手に喋り出すいつもの画像ですよー。

何事も楽しく楽しく。これだけがモットーでございます。

No title

名草神社拝殿それは綺麗だったと思われます。
ですが今を見ながら想像するのも楽しそうです。
残念は青銅の鳥居
富士山でもそうですが当時の面影ってなくて
貴重な写真があればラッキーですよね。
しかも不自然な色彩が入っていたりして(笑)

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

想像するだけでもわくわくしますねー。
大修理を経ると、ちょっとびっくりする程よみがえってしまうこともありますし。加減が難しいなー。

富士山は浅間神社かしら。

貴重な写真に不自然な色彩。ふふ。
ピンクとか、変な色が上乗せされてるようなアレ、ぷぷぷ、ですね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。