神仏分離の実施。法令を確認

こんにちは。

但馬妙見日光院【第7回】


1867(慶応3)年10月徳川慶喜大政奉還

さあ、明治の始まりです。



出雲大社の穏やかな神仏分離で日光院へ移された三重塔。


出雲大社が神仏分離を早々に行った事からわかるように、当時の神社では神殿と仏堂が同居し、神と仏は同列に祀られ、神殿に仏像・仏器が置かれ、僧侶が神に奉仕し、神前で読経などが行われ、さらに寺社の経営、人事管理までも行っていました。

それが、ごく普通の光景でした。


【明治の神仏分離概要】

政治背景として、幕末より「神社の復興・廃仏」を唱えた後期国学者や復古神道家の台頭があり、彼等は性急に諸法令を布告させ、実行に移します。

神仏習合の廃止、仏像の神体としての使用禁止、神社から仏教的要素の払拭などが行われます。

祭神の決定、寺院の廃合、僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊、仏事の禁止などを急激に実施したために大混乱。

当初は「神道と仏教の分離」が目的で、仏教排斥を意図したものではなかったものの、結果的に廃仏毀釈運動(廃仏運動)とも呼ばれる民間の運動を引き起こしてしまいます。

明治4年(1871年)ごろ終熄したものの、あまりにも影響は大き過ぎたのです。


各法令を見てみましょう。




「王政復古の太政官布告」

【太政官布告】慶応四年三月十三日

「此度 王政復古神武創業ノ始ニ被為基、諸事御一新、祭政一致之御制度ニ御回復被遊候ニ付テ、先ハ第一、神祇官御再興御造立ノ上、追追諸祭奠モ可被為興儀、被仰出候 、依テ此旨 五畿七道諸国ニ布告シ、往古ニ立帰リ、諸家執奏配下之儀ハ被止、普ク天下之諸神社、神主、禰宜、祝、神部ニ至迄、向後右神祇官附属ニ被仰渡間 、官位ヲ初、諸事万端、同官ヘ願立候様可相心得候事
但尚追追諸社御取調、并諸祭奠ノ儀モ可被仰出候得共、差向急務ノ儀有之候者ハ、可訴出候事」


まず、「王政復古・祭政一致」を宣言し、「神祇官」の再興が「太政官布告」の形で示されます。

明治政府は「古代の律令制に基づく官制」を目指し、太政官制を採用。
明治2年(1869年)6月には、神祇官は太政官から独立して、行政機関の筆頭に置かれます。

太政官布告により、全ての神社は、この神祇官に属することを定められます。

「王政復古・祭政一致」の宣言された新政府の下での神祇官は「太政官から独立した行政機関の筆頭」という存在として登場するのです。


「神祇事務局から諸社に対し、別当・社僧の復飾の達」

【神祇事務局ヨリ諸社ヘ達】 慶応四年三月十七日

今般王政復古、旧弊御一洗被為在候ニ付、諸国大小ノ神社ニ於テ、僧形ニテ別当或ハ社僧抔ト相唱ヘ候輩ハ、復飾被仰出候、若シ復飾ノ儀無余儀差支有之分ハ、可申出候、仍此段可相心得候事 、但別当社僧ノ輩復飾ノ上ハ、是迄ノ僧位僧官返上勿論ニ候、官位ノ儀ハ追テ御沙汰可被為在候間、当今ノ処、衣服ハ淨衣ニテ勤仕可致候事、右ノ通相心得、致復飾候面面ハ 、当局ヘ届出可申者也


復飾とは、僧侶が還俗すること。

神社に於ける僧職の復飾の命令が発せられます。



【神祇官事務局達】 慶応四年三月二十八日
一、中古以来、某権現或ハ牛頭天王之類、其外仏語ヲ以神号ニ相称候神社不少候、何レモ其神社之由緒委細に書付、早早可申出候事、但勅祭之神社 御宸翰 勅額等有之候向ハ、是又可伺出、其上ニテ、御沙汰可有之候、其余之社ハ、裁判、鎮台、領主、支配頭等ヘ可申出候事、
一、仏像ヲ以神体ト致候神社ハ、以来相改可申候事、附、本地抔と唱ヘ、仏像ヲ社前ニ掛、或ハ鰐口、梵鐘、仏具等之類差置候分ハ、早々取除キ可申事、右之通被仰出候事



神祇事務局から命じた事は

一、権現号あるいは牛頭天王号(共に仏教語)の廃止(仏教語を神号とすることの禁止)
二、仏像を神体とすることの停止(禁止)
三、本地仏・鰐口・梵鐘・仏器などを取除くこと(禁止)


ここで、滋賀県の日吉山王社のように、過激な神仏分離が多発。


【太政官布告】 慶応四年四月十日
諸国大小之神社中、仏像ヲ以テ神体ト致シ、又ハ本地抔ト唱ヘ、仏像ヲ社前ニ掛、或ハ鰐口、梵鐘、仏具等差置候分ハ、早早取除相改可申旨、過日被仰出候、然ル処、旧来、社人僧侶不相善、氷炭之如ク候ニ付、今日ニ至リ、社人共俄ニ威権ヲ得、陽ニ御趣意ト称シ、実ハ私憤ヲ斉シ候様之所業出来候テハ、御政道ノ妨ヲ生シ候而巳ナラス、紛擾ヲ引起可申ハ必然ニ候、左様相成候テハ、実ニ不相済儀ニ付、厚ク令顧慮、緩急宜ヲ考ヘ、穏ニ取扱ハ勿論、僧侶共ニ至リ候テモ、生業ノ道ヲ可失、益国家之御用相立候様、精々可心掛候、且神社中ニ有之候仏像仏具取除候分タリトモ、一々取計向伺出、御指図可受候、若以来心得違致シ、粗暴ノ振舞等有之ハ、屹度曲事可被仰出候事、
但 勅祭之神社、御震翰、勅額等有之向ハ、伺出候上、御沙汰可有之、其余ノ社ハ、裁判所、鎮台、領主、地頭等ヘ、委細可申出事、


日吉権現破壊を受け、再度「神仏分離・神仏判然」の主旨を述べ、神仏分離の実施に当っては「穏ニ取扱べし」と命じています。

全国各地で極端な行動に出る者達が頻発したんですねぇ。

しかし、苗木藩や富山藩等や、政府直轄地では、地方官がこれを無視して強硬な抑圧・廃仏策を進めたのです。




「寺院の統廃合」など神仏分離の方針を超えた「廃仏棄釈」とよばれる事態が1874年(明治7)ごろまで続きました。

過激な「廃仏棄釈」により破壊されてきたお寺に、とどめとなる法令が布告されます。

それが、

1871(明治4)年正月5日付太政官布告の「寺社領上知令」。

境内を除き、お寺や神社が所有していた土地を国に取り上げられる法令。
これにより、寺社は経済的な基盤を失い、益々困窮し、荒廃していくことになるのです。


参考文献
「但馬妙見日光院ホームページ」http://www.tajimamyouken.com/
「兵庫県史」(兵庫県編纂)

本文中「」内緑字の引用元は「日本の塔婆」http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/touba3.htm


いつも応援いただきありがとうございます。文章ばっかりになってしまいました。眠い原因は、この記事を考えていたからなのでした。お勉強、きらーい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

浦賀の近くで「青面金剛」と刻まれた所が何か鏨のようなものでえぐられている庚申塔を多数見た時に、廃仏毀釈の思想にかぶれた人間が色々な層にいたのだろうなと思いましたし、一方でその様な姿にされた石像も今まで保存されているということは、そういう時代にあってもそうした思想に取り憑かれることなく、引き続き信仰してきた人たちもいたのだろうとも思います。まぁ、あの頃は色々な分野で少々極端な思想が跋扈しやすい時期ではあったのでしょうね。

No title

こんばんは。

明治維新も革命で、革命に極端は避けられないのかもしれないけど、それまで神様仏様がうまくやっていたのにね。
おまけに、なんでも壊しちゃうし、そいういうところが考えなしだなあと・・・
今は(大変だったろうな)で済ませてるけど、当時の大変さは暴風雨なみだったでしょう。
今のお寺、葬式仏教で、戒名料とか拝観料とか檀家制度でやっているんでしょうが、それは「寺社領上知令」の後、やむに已まれず始まったことでしょうか。、

No title

>是迄ノ僧位僧官返上勿論

なんてこった!Σ(´Д`;)
僧階を失った「ただの人」になって生きていけたのかなぁ。
皆さん、幼少期からお勤めしてて、お外の世界知らないのに・・・( ̄ω ̄A;アセアセ

>衣服ハ淨衣ニテ

作務衣?(・∀・)

ふーむ・・中身を見たのは初めてですが、武家への断髪令、廃刀令に匹敵する僧侶にとっては屈辱的な措置ですね。

>1871(明治4)年

翌年に僧侶の妻帯の許可というか勝手にしなさい的な令が出る訳で・・・
これで他の仏教国にない日本独特の変則僧侶社会が形成される。

発布自体は僧侶の堕落が目的とも言われているけど、逆に経済基盤を失った僧侶たちからすると婚姻にからめて財産として寺宝を守るしか方途がなかったかも。

>幕末より「神社の復興・廃仏」を唱えた後期国学者や復古神道家の台頭

一種の原理主義者みたいな感じなんでしょうね。
神仏習合は日本の長い歴史において習俗化してたので、それを分離するとなると肉と皮膚を別々に分けるようなもので、穏やかに・・は無理でしょう(´;ω;`)ウッ

神仏『みんな仲良し』のほうが日本っぽい。
四角四面の神仏分離の方が不自然な気がするのは、自分だけかしらん^^;

長文・原文入力お疲れ様でした^^/
PCの漢字変換が妖しくなってませんか?(・∀・)
自分、戦国変換仕様にPCが自動学習しちゃって、通常の漢字が出ずらくなってます(爆

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

つねまるさん、こんにちわー♪

神仏分離は江戸時代初期から行っていた藩もあったようですが、
明治初期に行われた神仏分離は、目的がつがうのでしょうね。
そういう気がしました。

仏教は大陸から、神事は日本古来のもの。いつ合体したのか
興味ありアリです。

ここの六法全書だったのかな^^

kanageohis1964様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

仰る通りですね。
石仏や庚申塔に顔がないもの、仏の名前を削ったものは、よく見かけます。
これもまた日本の歴史の事実ではありますので、隠すことなく、残しておくべきだと思います。

しかし、顔のない石仏を見て、廃仏毀釈の思想にかぶれた人間がやったのでは?と思い付かない人もいるのは、残念ですねぇ。

極端な思想にノリノリになってしまう点は、気をつけないといけないなーとも思っています。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。合唱祭、お疲れ様でございます。

まー、この時は極端な人ばっかりですねー。
悶々としていた人間が権力を持つとろくなことにはならないという、いい事例です。

もっと考えて行動しないと、後の人間がいい迷惑ですねー。

破壊活動に勤しんだ挙げ句、貴重な寺宝等を売却してぼろもうけしてる役人もいますし。しかも、奈良。腹立つわー、もー。

檀家制度の始まりは江戸時代の「寺請制度」からだと思います。
民衆は必ずお寺に属していなければならず、お寺はその人々の管理を任される反面、仏事一切を行うことができたので。

このお寺の腐敗が幕末にかけて目に余るようになり、明治の神仏分離令等の下地になっていると思います。

葬式仏教・・・今後も成り立つんでしょうかねぇ。
今時、戒名料とか、あり得ないわーっと。
寺社巡りしといて、何ですが。こほん。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どうやって生き抜いたのでしょうねぇ。
武士だった人も僧侶だった人も。

まあ、この極端な政策も主流派が交代していきますし。

ただ、奈良の寺院を破壊しまくったことは、許せませんねぇ。
だから私は明治政府の・・・もごもご。

しかし、極端な改革をするときに「妻帯」が現れるのは何でしょう。
神父様は生涯を捧げて独身なのに、牧師様は妻帯。

神仏分離は、さぞかし不自然だったことでしょうねー。
しかし、教育というか慣れというか、世間一般的にみて、一緒にあると違和感を覚えるようになってきていることは確かですね。

むやみやたらと区切りたくなってるというか。

ふんわりと、神仏仲良しこよし♪が、一番落ち着きますよねー。うんうん。

私のPCは、こ、って入力すると「狛犬」って答えてくれます。んふふ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

明治の神仏分離は、こりゃもうむちゃくちゃやーんって感じですね。
とにかく、一定方向へ誘導したいというか。

神事と仏事はいつ合体したんでしょうねぇ。難しいです。フィーリングではだいたい、アレ、なんですけどねー。

理論をこね回すのは苦手なものでー。えへへ。

(六法は、お仕事です。)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼