但馬妙見日光院の妙見信仰

こんにちは。

但馬妙見日光院【第2回】


はいはい、きれいきれい。

ここは兵庫県養父市八鹿町、標高1139mの妙見山の中腹。



「妙見山」は、古くは「石原山」と言われた霊山。

「石原山とは妙見大菩薩の鎮座する霊場なり」(『石原山縁起』)として、妙見信仰の隆盛によりいつしか「妙見山」と呼ばれるように。


その中心は、但馬妙見日光院。

飛鳥時代敏達天皇(572年)の頃。開創は日光慶重。


【証拠は文書で】



ここに残る「日光院文書」(県指定文化財)は、巻子本6巻等に仕立てられた末成巻の6面と合わせ合計97通の古文書。

内容は主に1269(文永6)年から1579(天正7)年の間の寄進状。

中には、1445(文安2)年の山名宗全(但馬守護・山名持豊)・山名四天王の祈願状も含まれています。


この「日光院文書」の存在が、ポイント。


「日光院文書」により、日光院には但馬守護の山名宗全をはじめ、垣屋・八木・太田垣氏など但馬の有力武将たちの祈願所であり、武家をはじめとする諸国信者の寄進が相次いだ事がわかります。

因幡、播州、但馬、丹後、丹波の五郡にわたって荘園を有し「一千町歩の妙見山」といわれ、成就院をはじめとする塔中寺院は十坊に及ぶほど一山隆盛を極めたといいます。


【日光院の妙見信仰】

日光院の本尊は妙見大菩薩。


拝殿(護摩堂)の背後の本殿。



妙見大菩薩の信仰を「妙見信仰」といいます。

妙見信仰は中国で既に紀元前二千数百年前の堯舜時代に存在した信仰で(『尚書』『詩経』『周易』)、日本への伝来時期は不明なれど、奈良時代には既に妙見信仰が広く行われ、平安時代に書かれた『日本霊異記』に妙見菩薩の霊験が記されています。

妙見信仰を理論的に説いたのが真言宗の祖・弘法大師空海。
よって、平安時代以降、日光院は高野山真言宗に属しています。




妙見大菩薩は、北斗七星を象徴とした天空の中心を司る仏様。


日光院山門の七曜紋。

七曜といえば日月火水木金土ですが、密教では、「貧狼・巨門・禄存・文曲・廉貞・武曲・破軍」。



「但馬国石原山帝釈寺日光院妙見大菩薩北斗七星垂迹本地薬師瑠璃光如来」(『鎮宅霊符縁起集説』)

日光院の七曜紋(北斗星紋)は、本尊の妙見大菩薩を表わした大切なもの。

そして、日光院の妙見大菩薩の本地仏は薬師如来。

よって、第四世重明の時代に「本尊妙見堂」及び、「本地仏薬師瑠璃光如来を本尊とする薬師堂」が、この地(石原)に建立されました。


【妙見大菩薩の本誓】

本誓とは、仏・菩薩が立てた衆生済度の誓願(本願)のこと。

日光院の妙見大菩薩の本地仏は薬師如来であることから、薬師如来の本誓と妙見大菩薩の本誓は同じとされています。


薬師如来の瑠璃光浄土は「現世利益」(※阿弥陀如来の極楽浄土は来世)。



「諸の国土人民を救済せんと大誓願を発し」


「種々方便の時七星と顕れ或いは親友と化して人々を善道に導き」


「常に一千七百の大眷属を遣わし」


「国土の災患を除き人民の諸願を満ぜしめ給う」


妙見大菩薩様とは、「現世利益の開運厄除けを本誓」とするありがたい仏様なのでした。


本殿木鼻の狛さん。


いいよ、ほくとしちせい、だけ覚えといて。



日光院
《住所》兵庫県養父市八鹿町石原450番地

参考文献
「但馬妙見日光院ホームページ」http://www.tajimamyouken.com/
「八鹿町史」「養父町史」「兵庫県史」(各自治体編纂)
「歴史読本・空海と高野山の謎」(角川書店・第60巻第2号)



いつも応援いただきありがとうございます。ぜーはー。仏教のお話は難しいです。妙見信仰については、宗派により様々な解説がありますので、ここは日光院様の解説記事を参考にさせていただきました。あ、細かいことは検索して調べてみて下さいねー(ぽいっと放棄)。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>1269(文永6)年から1579(天正7)年の間の寄進状

'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'` 年代的にストライクゾーン

>七曜紋

'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'` 
日本最大の氏族、・・・千葉氏家紋

>天空に七つの・・・

お前はもう死んで・・・(._+ )☆\(-.-メ)アホ

いいですね~ホクホク・ワクワク
萌える要素がイパーイの予感(*´pq`)

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは
七曜紋(北斗星紋)・・・・・・・・・
お星さまは変わることなく居りますもの
ずっと見守ってもらってるのでしょうね。
理解しようにも、難しいのですが
その時代の人々はどうだったのって思っちゃいます。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

七曜紋は確か九鬼さんもそうだったかとおもますが、
この山奥は九鬼さんの世界ではないですよねー。

妙見大菩薩から、九鬼さんが戴いたのでしょうか。

拝殿もいいですけど、本殿はやはり重さを感じます。
goodです!

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えへへ。好物ですかー?そうそう、ちょうどストライクゾーンだろうなーって思いながら。

そうなのねー。千葉さんちも妙見信仰にご熱心でしたね。
妙見信仰の内容は自分で書いてても「?」ですが、七曜紋を見たら、よだれが。

天空に七つの星の・・・アレしか思い浮かばないです。こほこほ。

もういっそ、アレで話を進めたろか?っと。こほこほ。

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。熊ちゃんには気をつけて下さいねー。こわいこわい。

すみませんすみません。わかりにくいですよね。自分でもわからないまま進めてます。

多分、現世がいいか、来世がいいか、が、違いかなー?とは思うのですが。
ほら、簡単に理解出来たら僧侶さんがいらなくなってしまうから、きっと仏教は難解になっているのだわっ。

そして「?」を背負いつつ、さらに迷走していく予感。

北斗七星に見守られつつ、今日もせっせと書いてます。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。精魂尽き果てておりまするぅ。

七曜紋、九鬼さんもこれでしたねー。
方向をちゃんと把握しないとえらいことになっちゃう海の人だからかなー。

九鬼さんは、綾部ですね。海なし領地になってしまって。
お気の毒です。

本殿、いいですよね。どっちり重厚。なのに、木鼻の狛犬ちゃんは、お手手を食べてます。

ここでねー、私ねー、どでかい蜘蛛の巣にかかってしまったんですねー。
大きいと、弾き返されるんですよね。ええ、パニックでした。

No title

こんばんは。お邪魔します。
妙見大菩薩様 七曜紋 不勉強でまたいろいろ勉強させていただきました!

p.s. つねまる様から教えていただきました、淡路島玉ねぎーー新玉ゲット出来ましたーー!!
うまい、甘い、みずみずしい!!でマジ感動いたしました ♡ 出来れば本場で玉ねぎ入ったバーガーいただきたいですが、今は家で味わい喜んでおります!! 有難うございました\(^o^)/

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お。淡路島の新たまねぎ、GETですねー♪わーい。
お気に召された様子で何より何より。

淡路島のオニオンビーフバーガー、本気でうまうまです。
これのために道の駅が大渋滞で、販売箇所を増やしたんですよー。

甘いですかー。んふふふ。生でサラダ、火を通してさらに甘み倍増。
堪能してくださいねー。

妙見菩薩様とか七曜紋とか、心折れそうな内容ばかり並べてしまい、ちょーっとばかし現実逃避してます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼