スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代に孤軍奮闘。近衛前久と信長と猿と狸

こんにちは。


丹波市春日町の興禅寺。

春日局生誕地であり、赤井直正の黒井城の居館であり、近衛屋敷であったと思うと、とても面白いところ。

19歳で関白・左大臣・藤氏長者になり、上杉謙信と血盟を交わし関白のままで越後へ下り、関東平定を助けた近衛前久。

信長が連れてきた足利義昭と不和のため、石山本願寺と丹波へ下向し、数年間を過ごします。

ここまでが、前回。


この間の丹波の赤井直正は。

近衛前久の妹あるいは娘を内室に迎えます。

「妻近衛関白龍山公姫君」(『赤井系図』)
「龍山公殿下其姫君を直正に下したまふ」(『赤井家譜』陽明文庫所蔵)

特に陽明文庫の『赤井家譜』では、赤井直正の実父・時家が1563(永禄6)年に京都西院の近衛前久のもとに伺候してその息女を直正にもらい受けたとしています。

しかし、

「姫君天正三年八月廿一日黒井において逝したまふ、大梅山興禅寺に葬る。渓江院殿月下笑光と号」(『赤井家譜』陽明文庫所蔵)

せっかくお迎えした近衛前久の息女は、1575(天正3)年8月に逝去。



1570(元亀元)年。織田信長が台頭してきた頃。

直正は本家の赤井忠家と共に信長に降り、丹波奥三郡(氷上・天田・何鹿郡)の所領安堵を受けます(『寛永諸家系図伝』)。

1571(元亀2)年。氷上郡へ侵攻してきた山名祐豊を打ち破り、逆に山名氏が治める此隅山城・竹田城を占拠。

山名祐豊が信長に救援を頼みますが当時の信長は石山本願寺や三好三人衆や武田勝頼、浅井・朝倉と対峙し多忙。

この隙に赤井直正は反織田勢力の毛利・武田・石山本願寺と同盟を結び、信長包囲網を計画します。(『吉川家文書』『赤井家文書』『証如上人日記』)

1575(天正3)年6月、信長は光秀を丹波へ派遣。11月より本格的に黒井城攻めにかかります。


【いけいけ前久】



1575(天正3)年11月より光秀は本格的に黒井城攻めを開始。

これに先立つ3月。

丹波の赤井直正の動向を知っていたのか、薩摩の島津義久の家臣・喜入季久(きいれすえひさ)が、前久の警護の為に黒井城下に入ります。

1575(天正3)年6月。前久は不和になった義昭を追放した信長の奏上により帰洛。(『公卿補佐』『御湯殿上日記』)

以降、信長の下で外交・調停工作に奔走します。



1575(天正3)年。島津家の九州争乱の調停。

九州に下向し、大友氏・伊東氏・相良氏・島津氏の和議を図ります。(ここはサラッといくww)


《メモ・近衛と島津》


(高野山奥の院・薩摩島津家墓所)



薩摩・大隅・日向の3国は「島津荘」という荘園でした。

これは藤原頼通が寄進を受けたのが始まりといいます。



この荘園の荘官(下司)として九州に下り勢力を拡大した惟宗某が、源頼朝から正式に同地の地頭に任じられ「島津」を称したのが島津氏の始まりとされています。

突然、前久が九州へ下向したのではなく、近衛家と島津家にはかねてより繋がりがあった、と。



1580年(天正8)年。織田信長と本願寺の調停に貢献。
信長と石山本願寺との争いは10年にも及んでおり、落とし所を模索していた頃合。

義昭の征夷大将軍着任後、一時的に石山本願寺に身を置いていたこともある前久はまさに適任。

同年3月。正親町(おおぎまち)天皇の勅命として本願寺に講和が申し入れられます。

顕如等が大坂本願寺を退去することを条件に、籠城勢の命は保障するという内容であり、8月、ついに顕如は本願寺を出たのです。


実に11年間に渡る「石山戦争」の終結。

前久、頑張りました。


(画像:高野山奥の院・武田家墓所)

1582(天正10)年。織田信長の武田征伐(天目山の戦)に同行。

さあ、これから!というときに。

同年。本能寺の変。



変の当日、信長の嫡男・信忠の滞在していた二条御所に隣接した前久の屋敷から銃弾が撃ち込まれたことで、前久の事件への関与が疑われる事態に。

前久は身の潔白を訴えるため出家。「龍山」と号し、京都慈照寺の東求堂に隠棲。

改姓の労(松平から徳川へ)を執ったことから親しくなった徳川家康を頼り、浜松へ下向。

家康の取りなしにより、翌年、帰洛。

ところがどっこい。「小牧・長久手の戦い」


前久、しばらく奈良に滞在します。


【前久、猿との攻防】



秀吉は朝廷での官位を高めることで各地の大名を従わせる政権構想を立て(官位により自己政権の正当化を図ろうとした)、五摂家以外ではなれない関白への就任を望むようになります。

しばらくすれば、関白職は返上。近衛家には千石、他の4家にも五百石ずつの知行を贈る、と執拗だったお猿秀吉。

秀吉の強要に屈し、秀吉を猶子とすることで関白に就任させます。

しかし。

関白就任後、秀吉は豊臣の姓を創始して近衛家との関係を切り、甥の秀次に関白の位を譲ります。(「関白相論」)



1598(慶長3)年。秀吉死去。


1600年。関ヶ原の合戦。

前久は、敗軍となった島津家の落人を保護し、家康との和平交渉に奔走。
同年8月家康から島津領安堵の確約を取り付けます。


1605(慶長10)年7月。嫡男の信尹(のぶただ)が関白に任官。

1612年。77歳で他界。

まさに激動の時代を駆け回ったお公家さんでした。



参考文献
『春日町史』・『春日町の文化財』(春日町発行・編)
『近衛家と春日』(春日町歴史民俗資料館)
『流浪の戦国貴族―近衛前久』(谷口研語著 中公新書)


いつも応援いただきありがとうございます。さあ、これから!という時に毎回訪れる不幸。お気の毒。中でも本能寺の変は、心底ショックだったことでしょうね。丹波で見かけた前久は地味な印象だったんですが、なかなかスリルとサスペンス~(?)な人物だったんですね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すごい。

こんばんは。
相変わらず勉強されていてすごいなぁと記事を拝見していたところ、インスタントみそ汁に釘付け。
イチビキや。
水煮の大豆にはしょっちゅうお世話になっていて平伏せるしかありませんわ。
調べたら名古屋の味噌屋さんだったんですね。
創業が安永元年…いつや?と目が点になってしまいました。
すごいですねぇ。243年前から続いてるなんて。
つねまるさんのブログもそのくらい続けてください(

と、いつも記事とは関係ないことばかりのコメントでした。
暑くありませんか?
どうぞお身体の方ご自愛くださいまし。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きゃ。イチビキをご贔屓いただきまして。おおお、水煮の大豆かぁー。
豆味噌だからかしら?

そうなのです。名古屋の味噌屋さんなのです。
名古屋の赤味噌は岡崎の八丁味噌と少し違っていて、酸味が少なめなんですよー。
味噌と醤油とみりんはやはり生まれ育った名古屋のものじゃないとね。おほほほ。お取り寄せしてますー。

はーい。243年続けまー・・・続くかいっ。

こちらは天気予報が外れて雨。じめー。気持ちのいい季節はなかなか続きませんねー。
さかした様も、ご自愛下さいまし。ありがとうございました。

No title

こんばんは。いつもありがたうございます。

戦国期を代表すると言へる公家の山科言継と近衛前久。
言継のはうは、蹴鞠や連歌をしながら戦国大名の元を渡り歩いて朝廷の財政再建の為の寄附を募るやうなイメージで、前久のはうは、幕末の三條實美や岩倉具視のやうな信念と、信長公の元で各種の交渉を請け負つた交渉人、そして本能寺の黒幕説と言うイメージで「白」「黒」と書いてしまひました。解り辛い例へをしてすみませんでした。決して腹黒で黑ではないです。

丹波は歴史の宝庫ですね。
源頼政は亀岡にお墓があつたり、足利尊氏の挙兵も亀岡だつたり、知らなかつたのですが島津氏とも関聯があり、上杉氏は上杉庄でしたよね。

丹波は奥が深いですね。

No title

私もついついインスタントみそ汁に目が行ってしまいました(^_^;)
以前、岡崎の味噌工場に行ってことがあり、そこで八丁味噌を買っていました。
濃厚ですね~
でも、名古屋の味噌との違いは知りませんでした。酸味が違うのですね。
名古屋でも八丁味噌の田楽のお店に入ったことありますよ。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

す、すみません。腹黒なのだとばかり。

山科言継も自分の出来ることに活路を見出だして頑張りましたねー。
言われてみれば対照的な二人の公家。

丹波の面白さはたまりませんね。

仰る通り、尊氏の生誕地説の上杉町は、生母の上杉氏本貫地。
細川頼之とか、丹波猿楽の梅若家とか、わんさかわんさか。

ほんとに丹波は歴史が古いのですね。

丹波竜、いましたしね。がおー。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

名古屋味、という分野(?)がありまして。

周辺と微妙に味が違うんです。

名古屋味噌は酸味が少なく味がまぁるくて、みりんは砂糖不要な濃さで、ソースも名古屋独特の味がありましてー。あ、お刺身や照り焼きにはたまりを使います。

友人みんなに引かれるのですが、トーストと赤味噌の味噌汁、合うんです。味噌スープ♪です。

お。八丁味噌の田楽のお店ですか(≧∇≦)
菜飯田楽の、鈴の屋さんが有名店ですね。田楽がずらーっと並んで、菜飯で。

あーん。食べたいですー。

No title

こんばんは。お邪魔します。
近衛前久さま、、お公家様とは思えないような
激動の人生ですね。
それにしても・・ 狛オオカミさんにドッキュンで
ございます🍻

No title

>九州に下向し、大友氏・伊東氏・相良氏・島津氏の和議を図ります

おほほ^^
いらっしゃいましたわ^^
ちょっと迷惑だったみたいですことよ( ̄ko ̄)

確か本能寺の変で疑われた時に「匿って!!」だったか?「近畿にいれない~居候させて!」だったかな?
そんな感じ?なことも島津に頼んでた前久さん^^;

いま手持ち史料あさってたんだけど、島津家文書は年度順に並んでない(+量が膨大)で出てこない^^;
重くて図書館から全部借りてこなかったから、他の巻にあるかな?^^;

山科さんといい、近衛さんといい、キャラが強烈な公家さんで・・・・・・・・・・・




好き♪(*´pq`)ぽちぽちぽちーーー

そうでした!

>友人みんなに引かれるのですが、トーストと赤味噌の味噌汁、合うんです。味噌スープ♪です。

へ~初めて聞きました!
私、味噌好きなので大丈夫かも・・・(#^.^#)

>お。八丁味噌の田楽のお店ですか(≧∇≦)
菜飯田楽の、鈴の屋さんが有名店ですね。

そうです!名前を昨日思い出せずにいました。
鈴の屋さん、菜めしと赤だしがお替わり自由というのも嬉しいサービスです(^_-)

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛オオカミくん、実はやはり、もーもーさんではないかと不安になり、しゃこしゃこ検索してホッとひと安心の小心者です。

この子がもう、かわいくて。うふふ。
愛でて下さりありがとうございます♪

すごいですよね、前久。時々、こういうエネルギッシュな人が出てくるから面白いんですが。

ちょいと、不運な人です。よよよ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>九州に下向し、大友氏・伊東氏・相良氏・島津氏の和議を図ります

あとはよろしくぅ~(* ̄∇ ̄)ノポーイ

そんな感じで。

なんかもう、相良さんが出た瞬間、うきゃーっとなりました。
正直、ずーーーーっと続いたおうち、程度しか知らなかったけれど、時乃★栞様と仲良くしていただいてから反応が鋭くなった、つもり。

面白いですねー。古文書も。

そうそう、何かとお繋がりが出来てラッキーだったのは、前久の方かも。薩摩に行けば、殿扱い?やし。

島津家文書って、すごい量なんでしょうね。

近衛と赤井に絞ったので少なくなってラッキー。
それにしても、不運な前久。こういう人、いますね。

山科さんは、おじゃる丸のイメージ。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

赤味噌の味噌スープ、バターと合って美味しいですよー。と、思うんです。
まず野菜が山盛りの味噌汁がどかーんっとあって、「パンなの?ご飯なの?」と聞かれるのが実家の朝食。ぜひ一度お試し下さいまし。

お、鈴の屋さんで正解ー\(^-^)/

わーい。ありがとうございます♪

名古屋に着いたらまず鈴の屋。鈴の形の麩が入ってる赤だし、好き♪

そして何より。田楽、命です。うふふふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。