スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名草神社の真っ赤な三重塔

こんにちは。

兵庫県養父市で山道に挑戦。


素敵な光景。


山の中のここは日光院。


建物まで緑色に見えるほどの若葉たち。

住職さんらしき方に「おはよございます」と言い、「こんにちは」と返されてあたふたする。失態。

この景色から、さらに登ります。ここからが、んまー長いのなんの。


あひーんあいーんっと悲鳴をあげる車のアクセルを踏みまくって、少し広いところまで到着して、ひと安心。

コーヒーをひとくち、ごっきゅん。

さらにあひーんっと泣く車を「私は免許取得後20年間無事故無違反なのよー!」っと励まして、到着。


てくてく歩いて目にするこの光景。感激。


三重塔from出雲大社。しばし感動。

柏原八幡神社でもありましたねー。
神社なのにお寺の象徴の三重塔がある光景。

日光院と名草神社のお話は果てしないし、GWだし、今日は難しい事をさておいてー。(記事にするので気長にお待ちを)

会いたかったんだ、この子達にっ。



ねー。ねー。

この子、おばちゃん殺しのポーズしてます。右手に注目。


うぎゃー。

かつてこんなに萌えまくる向拝のこまこまがおったであろうかっ!?


聞こえてるでしょ。返事してるでしょ。

なんやのん、このかわいい子達。

あえて言います。
いくら可愛くても現実逃避はいけません。だってあなた達のおうちってば・・・


とても大変なことに。くすんくすん。

このお社は、養父市の妙見山(標高1139m)の中腹、標高800mに鎮座する名草神社。

山道が延々と続いていたのはなにせ標高800mだからなのでした。
ぷはーっ。

皆様、楽しい休日をお過ごしください。


名草神社
《住所》兵庫県養父市八鹿町石原1755-6





いつも応援いただきありがとうございます。今回、養父市へターゲーットオンしたのは、この名草神社と日光院に行きたくて仕方がなかったからで。標高800mは涼しいに違いない!っと上着を持参したのに、まさか夏日になるとは思わず。何はともあれ、素晴らしいところでした。まずはざくっとご紹介まで。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。ほんとに励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いい天気でよかったですね

とうとう行ってこられたのですね。

出雲大社から移築した三重塔があるということだけでも、もっと話題になっても良い神社だと思うのですが、私が訪れた時もほとんど観光客がいませんでした。
おかげで、素晴らしい歴史的空間を独占できたのですが、もっと観光客が来ないとこの文化財の維持管理もままならなくなります。

私も、この地に到着して、朱塗りの三重塔が見えた時に感動しました。もっと多くの人に知ってほしい神社です。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

とうとう行って参りました(≧∇≦)
憧れの三重塔と社殿の織り成す雰囲気にうっとりです。

本殿の彫刻群や建物自身も面白くて、見飽きることがありませんでした。

GW真っ只中で数時間滞在していたのに、妙見山に登山の方数名とすれ違っただけで。アクセスが難しいのも一因かもしれません。
集落がなくなり氏子さん方がいなくなったと聞きましたが、日本全国でこの現象は起きていることと思います。

名草神社のような素晴らしい神社、本当にもっともっと多くの方に知っていただきたいですね。

豪雪被害は深刻で、早くしないと倒壊しそうです。

No title

こんばんは。お邪魔しました。
うわあ かわええー狛さん達ですねーーー♡♡
標高800mですか~ すごいです。
でも倒壊しないか心配ですね。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

かわええでしょー?無邪気は無敵。どきゅん、されて、ずーっと見つめて参りました。

標高800mってすごーく高原のイメージだったんですが、んまー、あちくてあちくて。蜂がぶんぶん、毛虫が落下。

倒壊する前に早く修理していただけたらいいのですが、心配です。
せめてこうして、こんな素敵なところがあるのよー!ねーねー、行ってみませんかぁー?っと訴えるしかなく。

日本にはまだまだ面白いところがわんさかありますねー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。