ぷりっけつ。フレンチブル神殿狛犬の兵主神社

こんにちは。暑いですねぇ。

今日は思わずところてんを食べました。
あまーい黒蜜ではなく、三杯酢の、ねー。

さぁて。兵庫県丹波市春日町黒井の兵主神社。


いやげもの風の「扁額from近衛家」の真下を避けつつ


神職様にご挨拶して


拝殿で聞こえた怪しい声に反応。


本殿は箱入り娘(息子?)。隙間から失礼します。


仲良し二人組を発見。

おーい。


おっさんが二人。


どやっと言われましても困ります。


彼の名誉のために言いますと、ぷりっけつから何か出てるわけじゃなくて、尻尾が折れてしまっているのですわよ。

あーゆーおけー?


そりゃそうだ。


ずっしり。おすわりポーズではなく、赤ちゃんわんこのような座り方に萌え萌えファイヤーです。


言い訳しつつ反対側へ。


こっちも萌え萌えファイヤー。

後ろから抱きついていいですか、お父さん♪な背中。


ぷりっけつを見せつける狛犬さん、こちらは不在。

対の神殿狛犬さんですが、阿吽が常と逆だったり、阿吽が向かい合わずに二人とも正面を向いていることにお気づきでしょか。

「これは何か素晴らしいいわれがあるに違いない!ふーむふむ!」っと思ってしまうと、徒然草の兼好法師。(『徒然草』236段。出雲大神宮の狛犬話)

神殿狛犬といえども、格式張った形式はないのです。
「あ、ここは正面向きなんだー」程度でお納めください。


お社維持のためにけなげに働いておりまする。


本日の神殿お狛さん(と、ぷりっけつ)で、兵主神社狛犬5分の3番目。


兵主神社
《住所》兵庫県丹波市春日町黒井2956



参考文献
『全国神社祭祀祭礼総合調査』神社本庁・平成7年
兵主神社由緒書

いつも応援いただきありがとうございます。こちらの神殿狛犬さん、フレンチブルドッグ風のたくましい姿です。本多忠勝のような数珠ネックレスをしてるのかと思ったら、毛先カールだったんですよー。毎日ぷりっけつを見せつけられるお気の毒な向かって右側のふれんち狛犬。ひとりでお愛想ふりまく左側。何ともかわいいわんこさんなのでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。ほんとに励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
正面向いた狛犬さんはあまり見たことないかも…
たまに壁に向かっている狛犬さんを見るのですが、壁をずっと見つめるのは可愛そうだなと思ったことがあります。
毎日ぷりっけつ見せられる方がいいのかもと思った…

No title

こんばんは。

ぷりっけつの狛犬さん、
どうして色が違うんでしょう。
材質が違うのかな?
こんな悩殺ポーズの狛犬さんもいらっしゃるんですね。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

壁に向かってる狛犬さん、それはお気の毒な。宙海様か猫舌様の記事で拝見した覚えがあります。笑ってしまったんですが。

壁向きは、ぶーつぶーつと愚痴ってそう。
四季折々の風情も何もわからないですもんねぇ。
きゅきゅっと向きを変えてー、てー、って、駄目ですよねぇ、きっと。

毎日ぷりっけつの方が会話があっていいのかもー。うふふ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
今日も暑かったですねー。一時27度になりましたよー。

多分、ぷりっけつさんは陶製かと思います。
じーっと見つめるフレブルさんは、石製。

ぷりっけつ姿は出雲から丹後半島、その他あちこちで顔や尻尾を変化させつつ散見出来る姿のようでして。

ついつい、真後ろから見たくなるんですよねぇ。
一番の美ぷりっけつは、舞鶴の山王宮。
記事はこちらです。http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

全国津々浦々、狛犬さんは楽しく気ままな格好とお顔で参拝の人々を待ってます。
どこかに好みの子はいないかー?っと探すのが楽しいです。

No title

正面とか以前に本殿の屋根?で雨風凌いでいるような位置が珍しい気が・・・
もしかして、フレンチブル的な可愛いサイズの狛ちゃ?
体高(お座り状態)で50cmもない?

ぐぉ~~~~小母さんお姉さんキュンキュンしちゃうぞ!!

ほんとに子犬のお座りみたい~~
なんていうか小さい子って、普通にしてても腰が抜けたみたいな座り方するのが可愛いんですよね^^
これで円らな瞳で見上げられたら撃沈して、つい躾けを忘れそうになる^^;

ぽちぽちぽちーーー

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

神主さんの愛嬌が素晴らしい! ですね。
この愛嬌を見逃さないつねまるさんが、また素晴らしいです♪

尻尾は見えている感じもしますが・・・。

うーん。
向かい合わなくても阿吽の呼吸になるものなんですね。
ついでに「サンスクリット」を勉強しました^^

No title

こんばんは。お邪魔します。
阿吽が逆にってたまにあるので 素人の私などは迷う時あるのでございますが・・・
今回は・・プリップリで、どやー!なフレブルおやじ様(結構好き)のジャスミン嗅がない為の配置換え・・でございましょうか~~
フレンチな狛さまx2もキュートでございます♡

時乃★栞様

えーっと、続きっぽくなりますが。

狛犬さん、本来は仏様や神様の守護獣ですから、本堂や本殿にいたんです。それが次第にお外に出てきて、愛嬌ふりまく「参道狛犬」となりました。

本殿の屋根下にいるのは「神殿狛犬」といって、ここにいていいんです。出来ればもう少し上にあげてやって欲しいんです。
神殿狛犬、本殿の中にいる狛犬もいます。

文化財指定を受けている木造狛犬はこの神殿狛犬が多く、実に様々な姿がありますよー。

兵主神社の神殿狛犬さん、遠目に見てこの大きさなのでかなり大きいと思います。

小さい子のふにゃんって座り方、たまらないですよねー。
ぷくぷくのお腹とセットで、最強。ううー、撫でまわしたーい。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どもー。
愛嬌には愛嬌で返す、です。うふふふ。
とても恥ずかしがりやでかわいい神職様でしたよー。

尻尾、こんな短いものじゃないんです。巻いてるか燃え上がっていた残骸が後ろ足の側に置かれてまして。しくしくしく。

阿吽を調べるとドツボにはまり、気絶してしまいます。
寝落ちしないように、今夜はお茶で我慢です。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛犬さん、阿吽の位置が逆なこともありますねー。
ふたりでひとつ、ニコイチなので、まぁ、崩れることなく二匹が綺麗に残っているのが一番。

フレブル狛犬、めっちゃ筋肉質。なのに子犬の座り方。
どれだけ人を萌えあがらせたら気がすむのか。もー(≧∇≦)

自分がかわいいことを自覚する狛犬、最強。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼