見上げれば獅子と牡丹と龍。舟城神社の彫刻群

こんにちは。


丹波市の舟城神社。


でっかいわんこがお出迎え。


狛犬さんって、甘えんぼ♪


天井を見上げると、あるわあるわ。

双眼鏡、出番です。


きゃっはーな動物くんたちが。


お狛犬様なのかな獅子なのかな。


牡丹と戯れているから、獅子かな。


上を向くとなぜ口があいてしまうのでしょう・・・。


虎視眈々。獅子だけど。


お手♪してた。


お花がもこもこ。すごいなー。


獅子の他には、龍三昧。


首が痛いです。

地べたに体操座りして双眼鏡で見上げていたんですが。


そうね、怪しい人よね・・・。


細かい彫刻と木組みが素敵。


隙間あるとこ彫刻します!的な。



舟城神社
《住所》兵庫県丹波市春日町長王1



いつも応援いただきありがとうございます。番犬くんが吠え続けるのも仕方ないわねーっと思いつつ、れっつごー我が道。社殿を飾っている彫刻は小さく見えるけれど、実はきっと大きいんだろうなー。脚立持参でお詣りしたいお社なのでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。ほんとに励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

脚立持参ってわかりますよ~
どの彫刻も素敵ですもの♪

番犬の表情 
「あなた何者?」って感じですね(笑)

No title

体操座り・・・腰が冷えまする・・・
なまわんこセンサーが健気に働いてたようで^^;

牡丹と獅子の構図って、誰かの背中が定位置だったわけじゃないのか^^;

全方位に油断ない彫~首お大事に^^
ぽちぽちぽちーーー

No title

つねまるさーん、こんばんわ~♪

これでもかぁ~。 の彫刻が凄いですね!

今回、姫路市内をあるいて神社を少し廻ってきましたが、
その中のひとつで「お菊神社」と境内を共にする十二所神社
というものがあって、その神社の彫物が5番目の写真と同じ
ものがありました。

神社の彫刻物と神社の系列などに関連があるのかな。
思って拝見しました。

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

下から見上げるので、彫刻をはっきりと見ることが出来ないんですよねぇ。
龍さんも狛犬さんも獅子さんも、おなかばっかり。

彫刻、素敵。ありがとうございます♪

番犬くん、吠え続けるわりに「?」な顔。かわいかったんです。えへへ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントコンプリありがとうございます。

だいじょーぶ。分厚いお肉が保温効果抜群です。ふ。
なまわんこ、ほんとに健気ですよね。
この子、すごく大事にされている顔してて、吠えながら迷っているというか、何なら撫でてみる?って様子を示したり。

ツンデレかー?

牡丹と獅子、背中じゃないよ、定位置。こらこら。

狛犬さんは正面から見たときのポーズが一番見栄えがいいようになってるんですが、彫刻は下から見たときに見栄えがするとも限らないので、いつも微妙に残念。

木鼻の獅子は正面から見たときに美しくなるような気がします。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はーい。お社に彫刻を施す方の追っかけをし始めてますー。
木鼻の彫刻はある程度のルールが決められていて。振り向く獅子には二方向に獅子を付けないとか、象は獅子とセットとか。

また、お社の鎮座する地域に腕のある彫り物師集団があれば、中井権次一統の彫刻群のように銘を確認しただけでも200以上となり、丹波丹後のお社の特徴になり得ます。

下世話なお話となりますが、彫り物をする人の技量と、発注する側の格式と予算との兼ね合いでどこまで付けるのかが決まることも多いようですね。

神社の社殿といっても、古いお社ではお寺の本堂だった場合もあるので、まずそこのお社の由緒を調べることは重要です。
明治の神仏分離でぐちゃぐちゃにされたので、特に。

姫路市内は空襲に遭っているので、焼け残ったのか否かもポイントかなと思います。

シロスギ城、いいなー。まだ見てないですー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼