三重塔サバイバル。神仏分離を乗り越えた柏原八幡

こんにちは。


ん?


んん?


あらやだ。


丹波市柏原町の柏原八幡神社。

本殿の後ろにそびえ立つのは三重塔。

三重塔や五重塔は、「仏教の祖である釈迦の舎利(遺骨)をおさめる仏塔」の形式の一種。

神社に仏塔。現代では不思議に感じるこの光景は、神仏混合であった日本の寺社の本来の姿。

神社の多くは「村の鎮守の神様」ではなく「お寺の鎮守の神様」でした。

塔が現存する神社は極めて珍しく、全国で18社のみ。

「神仏分離の一連の運動(廃仏毀釈運動)は、神仏習合の廃止、仏像の神体としての使用禁止、神社から仏教的要素の払拭などが行われた。祭神の決定、寺院の廃合、僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊、仏事の禁止などが見られた」(wikipediaより)

しかし、全国のお寺の伽藍が破壊される中で、なぜ柏原八幡神社の三重塔は無事に残ったのかしら。

それは、これ。


「ここは『八幡文庫』でーす」と称して存続を特別に認められたのです。

柏原八幡神社は社内にあった仏像・経管・仏具等の一切を別当寺の東光院(乗宝寺)に移し、円満に神仏分離を行いました。


こらこらこら。


ここは吽ちゃんが正しい。


たとえ佐吉狛犬であろうとも、かわいいんだな。


この高台に建つ三重塔は、1469(応仁2)年創建。


本殿と同様に焼失。

現存する塔は江戸時代後期の1815(文化12)年、彫刻師・中井権次一統により再建。(『柏原八幡神社HP』より)

丹波・丹後地域の寺社建築を飾る彫刻を300ヶ所以上手掛けたという中井権次一統。

彫刻師が建築?だいじょーぶ?


だいじょーぶ。

初代中井道源は1615年頃、宮大工の腕を見込まれて与謝野町の中井役所(徳川幕府公認の宮大工集団)から柏原に移住。

4代目言次君音(ごんじきみね)から彫物師として活動、6代目権次正忠から「権次」と名乗り、9代目まで彫り物を仕事に。

三重塔の再建では、一族の宮大工が建築を、正忠、正貞が彫物を担当しました。


隅棟木を必死に支える力士のような人。


たいへんです。


鶴ってなんて鳴くんだっけ?


たいへんよくできました。

高さ26mの三重塔。現在は入船山に鎮座する全ての神をお祀りし、丹波柏原のシンボルとして広く親しまれています。



柏原八幡神社(八幡宮)
《住所》兵庫県丹波市柏原町柏原3625



参考文献
柏原八幡神社HP・『新井村史』(兵庫県新井村)・現地説明板・『旅の石工 丹波佐吉の生涯』(金森敦子著 法政大学出版局)・『中井権次の足跡』(中井権治顕彰会発行)


いつも応援いただきありがとうございます。神仏分離、廃仏毀釈運動についての詳細は検索してくださいませ。ポイントは、神社に仏教由来の三重塔等があったり、神社なのにお寺の建物にしか見えなかった時には、「明治の神仏分離かー?」っと思って戴ければ。そして、その光景は変な配置なのではなく、日本古来の姿なのだと気付いて戴ければ幸いです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

社殿ではよく見るけど、塔での建築力士像は初めてみましたー。

私の地元に神社とは関係ないけど堀江佐吉というすごく有名な方がいて、名工・佐吉で検索すれば丹波佐吉が出るんです。それで知りました(笑)

No title

こんにちは~♪
人文・科学のカテゴリーに狛犬が入ってましたよ(笑)
コマイヌさんを追っかけているのはつねまるさんだけじゃないみたいですねσ(゚ー^*)

No title

つねまるさーん、こんばんわ~♪

素人は説明文を読んでも、よくわかりませーん><
八幡文庫なら、なぜ許されたのかなぁ~

単純に三重の塔は神社の図書館なのですか?


それにしても佐吉さんの狛さんは素晴らしいです☆

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、そうなのですか。知らんかったです(*´∇`*)アリガトー
建築力士っていうんですねー。お相撲さーん♪

ぶふ。

なるほど、名工・佐吉。

堀江佐吉さん、検索してみました。おおおー!なんと素敵な洋館!
旧第五十九銀行本店とか、旧弘前市立図書館、いいですね。
知らない名工、知らない建物、まだまだたくさんありすぎて、一日が40時間あっても足りないわーヽ(^○^)ノ

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛犬さんを追いかけてる先輩方は全国に大勢いらっしゃいますよー。
細かく分類されたり、何百人もの狛犬さんをまとめたり、図鑑のようになってますねー。
博物館さんの主導で狛犬地図を作成されていたり、専門の研究者さんがいたり。すごい世界です。

雨の日は、そんな素敵なブログ様でうひゃうひゃーっと狛犬さんを愛でて、昼酒。

至福のひとときでございますことよ。うふ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

三重塔に本来は納められていた仏像や仏典等を別当寺へ移動させて、ここは神社の付属建物です、っと言い張ったのではないかと思います。

これが三重県や鹿児島県では破壊されていたかもしれませんが、丹波、奥播磨地域では比較的お寺の風情が残る神社が現存しています。

明治の廃城令のようでお城がことごとくぶっ壊されたように、お寺も同じだったんですね。

時代背景、利権、政権の目論見などが絡んでお話が長くなりますし、それぞれの感じ方もありますので、この件につきましてはご自身で一度お考えいただきたく存じます。すみません。

No title

>その光景は変な配置なのではなく、日本古来の姿なのだ

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
良い悪いの問題でなく、日本の習俗ですから。

だから「うちらが護らなきゃ(`・ω・´)キリッ」
と頑張った当時の方々のお気持ちは、史料を読む者として少しだけ判るような気がします。

そうして踏ん張った方々のお蔭で、私たちは過去の歴史を垣間見ることが出来るのだと思うと、感無量 (゜-Å) ホロリ

ところでですが最近、「丹波ファイアー」の光秀が嫌いになってきました^^;

ぽちぽちぽちーーー

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちーっと説教臭くなってしまいましたが、ごく最近に作り込まれた風景に慣れてしまうと、本来の姿がわからなくなってしまいますものね。

国家神道と、八百万の神々と、自然信仰、は別物じゃなかろうかと考え始めると、頭が大混乱します。

ただ、お社巡りをしているときに、「神社なのにお寺の建物。変なのー」って無防備に考えるのではなく、何があったのかと立ち止まるようにはしたいです。

そして、境内、もしくは隣地に、なにかが建っていたであろう平地、があれば、別当寺か?っとか。

お寺の行事でも、無事終わるのを神に祈願して祝詞をあげて、ってものがありますしねー。(ex.お水送り)

丹波の寺社は、光秀ファイヤーとの攻防なのです。むんっ。
これだけ焼きまくってるのに、福知山城主になった光秀。
「大河で光秀をしてほしいの」キャンペーンが丹波地域では繰り広げられておりますが、どうも微妙な雰囲気が・・・(;´∀`)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼