スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株荒神。株ってなんなの?おいしいの?

こんにちは。


どこかの神社にあった干支の絵馬。今年って戌年だったのか。

え。

さて。八坂神社の前の道をそのまま走ってみたら。


いいかほりがしたので立ち寄ってみました。


てるてるぼーず~てるてるぼーずぅ~♪(違)


社名不明。


とてもきれいに清められた境内です。


手がかりは、これだけ。

お社の前の道を進むと施福寺があります。
そこの鎮守社なのかしら。


ここまで無事に来ることができました。ありがとございます。


よろしく。


ぽー。


境内を外れたところにあった石碑。

「塩尻株荒神守護之碑」と刻まれています。


株。


これじゃない。

村内の本家・分家の同族集団を、「株(カブ)」「株内(カブチ)」と
丹波一円から丹後加佐郡辺りでは呼称します。

正確には、「株」は初期本百姓(名寄帳に記された百姓)の権利諸役を示し、「株内」は中・後期の集団的な権利や関係を示します。

株は本家・分家の関係から成り立ちます。
分家は血縁分家に限らず奉公人・従属農なども含んだ「擬血縁関係」によって構成される同族集団。

「マキ」と呼ぶ地方も多いです。

村内の全戸がいずれかの株に属しており、株は各々「株山・株田」という共有の山・田を持っていました。
また、株親の近くの種池(たないけ)に株内の者が種籾をつけ、株親の家の大田に株内一同が集まって田植えを行う風習がありました。


近世後期には株ごとに「株講」「先祖講」等の共同祭祀を行い、相互扶助(土地売買・借米・借銀・村内出入・農事・家作・婚葬)を中心とする集団となります。


株の共同祭祀としては、共通の荒神さんの小祠や、ソーバカ(詣り墓)を有し、定期的に寄り合いをして「株講」「先祖講」を営んでいます。
講は荒神の掛軸を順番に送ってそれを祀り、会食を行ったといいます。


「塩尻株荒神守護之碑」

これは、その株名と荒神さんを記した石碑。


近道でござるわ。


どこだー。


多分この辺かな、の場所です。




参考文献
『綾部市史』(綾部市史編纂委員会編・綾部市役所)

いつも応援いただきありがとうございます。お社の名前すらわからなくてすみません。株荒神の石碑にパラッパ~っと小躍りしたのでお許しを。この辺りから離合困難な道幅になったので、Uターン。目的地へは遠回りになるけれど広い道を走りました。「大型車通行不可」の標識が出たら、回避が一番。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんな狛犬さんありですかー
神が株に~,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

長閑でございます

春の日差しを浴びたこのような長閑な神社で、おだやかに時を過ごせたらたのしいでしょうネ。
貴殿と漬物でも頬張りながら昼酒かっくらってひと寝入りなんてオツでしょうか(笑)

土塁や竪堀じゃデカ過ぎて酒の肴には不向きです(爆)

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すごいでしょ。神が株になるお社です。
行き当たりばったり過ぎて、Google先生の航空写真のお世話になる始末。

ビンボー人には世間が騒ぐ「株」がなにかわかりませぬ。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

以心伝心でございますm(__)m

「かぶ~」と言っている画像は、漬物屋さんの店頭のおかぶ。

監視衛星でも飛ばされたのでしょうか。どきどきします。

せんせと昼酒かっくらいたいですねー♪
一升瓶持参でも笑って下さいますよねー?ねー♪ねっ。

紅葉狩再現、なんていいですねぇ。ふっふっふ。

せんせが土塁やかたぼり(違)を制覇してくるのを、麓で慣れないお化粧してお待ちしております。ご希望でしたら、舞います。謡います。

「ちゃっちゃと行ってこーい」なんて、口が裂けても言いますが。ふ。

No title

こんばんは。

本当に日当たりも良く、長閑な場所ですね。
こんな所で日向ぼっこしながらお弁当を食べたくなります。
株、北海道ではマキですね。
今でも厳然として機能してるんでしょうか。

No title

株講・・・みたいな相互扶助の組織って昔は普通に各地あったんだろうなと思います^^

限界集落とかになってしまった地域では、講として立ち行かなくなってるところが増えているのだろうと・・・

なんかこう・・・村社会って怖いイメージがあったんですが、
こういう手入れされたホッコリする社を見ると、怖さはないですね(*´・`)漬物・・・

ぽちぽちぽちーーー

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

のどかなのどかな里のお社でした。

おにぎりだけでも、ここで食べたら美味しいだろうなー。
希望は、昼酒。幸せだろうなー。

あ、北海道ではそうですか。なるほど。
今でも機能しているかどうかは、調べていないので断定しかねるのですが、石碑が真新しい事から、土地の人の意識のなかにはあるのかな、と思います。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

都会と農村の暮らしの一番大きな違いかもですね、相互扶助。
苦手かも。うちはうち、よそはよそ、かな。

お寺等に関係するなんとか講とか、趣味を同じくする講ってのは、現在も続いていますね。

うちの祖母はよく「謡講」に参加してました。
お稽古というより、お寺に集まって好きな曲を謡うもので、名古屋では盛んだったんです。昔々。

村社会って、授業で「ムラ社会」って字面で習ったので、なーんか変な感じがしたんですがどうてしょう。それと、横溝なんとか先生の小説ね。
実際は、ほっこりなのかなー。

漬物で酒を飲んでしまうので、居酒屋さんで叱られます。ほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。