四道将軍丹波道主命の玖賀耳討伐。毒を治癒の八坂神社

こんにちは。


京都府綾部市の八坂神社。昔は飯宮(はんのみや)大明神と称したお社。

「『永久五酉稔(1117年)三月総社麻多波牟宮神』の銘のある神鏡が伝わっていたので、平安時代には八田郷の総社であったと思われる」(『綾部市史』)。

【祭神】
素戔鳴尊・大己貴尊・少彦名命・受持之神



社伝によると

崇神天皇の十年秋、丹波国青葉山に「玖賀耳」という強賊がいて良民を苦しめるので、勅命を受けた日子坐王・丹波道主命が軍を率いて丹波へ入ります。


開化天皇の子、日子坐王。日子坐王の子が丹波道主命。親子で遠征。


ところが、丹波国麻多之東において毒蛇にかまれ進むことができなくなってしまいます。

ぴーんち!

そこへ、天より声が。


素戔鳴尊ほか三神を祀ったところ験があって病が治り、首尾よく賊を平げることが出来ました。


そして、帰途、この地に素戔鳴尊と諸神を祀ったのが八坂神社に伝わる由緒なのでした。

この社伝は『丹後風土記』の記事と符合するお話。



丹波の地域が大和政権にいかに服属するようになったのかは、記紀に記事があります。


【『古事記』】

「日子坐の王をば 旦波(たにはの)国に遣して 玖賀耳之御笠(くがみみのみかさ)を殺さしめたまひき」(崇神天皇の条)


【『日本書紀』】

「大彦命を以て北陸に遣し 武渟川別(たけぬなかわわけ)を東海に遣し 吉備津彦を西海に遣し 丹波道主命を丹波に遺したまふ 因りて詔して日く 若し教(のり)を受けざる者あらば 乃ち兵を挙げて伐て」(崇神天皇十年九月)

いわゆる「四道将軍」の派遣記事です。

記紀で丹波へ遣わされた人名が異なりますが、日子坐王と丹波道主命は親子。父子並んで丹波方面の征服にあたったものと考えられています。


新しい狛犬さん。

玖賀耳之御笠がどんな人物でどこに居たのか。

『日本書紀』の仁徳天皇の条に「桑田の玖賀媛」の説話があることから、桑田郡に住んでいた説。

他に、『丹後風土記残欠本』によれば

「古老伝曰 当リ于御間城入彦五十瓊殖天皇(祟神天皇)之御代当国青葉山中 有リ土蜘(つちぐも) 曰陸(くが)耳御笠一者而其状賊(そこなう)人民 故日子坐王奉勅而伐之」

(昔々。祟神天皇の頃、丹波国青葉山に民を襲う土蜘蛛と呼ばれる陸耳の御笠って奴がいた。勅命によって日子坐がやっつけた)

と、青葉山に住んでいた説。


若様。

いずれにせよ、文献から判ることは、丹波地方には「玖賀耳之御笠」を代表とする大和朝廷に服従しない首長がいて、大和朝廷は日子坐王・丹波道主命を派遣して平定したという事。


八坂神社拝殿。

日子坐王・丹波道主命に関係のある伝承をもつ神社は綾部市に二社。
ひとつはここ八坂神社。もうひとつは、伊也神社。

山家藩陣屋隣地にある甲ヶ峯城址。

の、登り口に鎮座。


伊也神社。丹波国何鹿郡の式内社のひとつ。


祭神は、大日靈賣尊(おおひるめのみこと・天照大神) 、月夜見尊 、素盞嗚尊。

崇神天皇十年、丹波道主命が何鹿郡に来て甲ケ峯の麓に宮殿を造営し、三神を祀ったのが始め。丹波道主命の死後、伊也神社を勧請(社伝より)。

二つのお社の伝承から、この地方では古くから丹波道主命父子による丹波の平定が信じられていた事が推察されます。


笑い話ではなくて、昔話ね。


丹波平定後、日子坐王と丹波道主命父子はこの地に土着したようです。



兵庫県(丹波)篠山市の宮内庁の雲部陵墓参考地。
考古学名は雲部車塚古墳。

丹波道主命が被葬候補者に想定されている丹波地方最大の前方後円墳。


八坂神社の拝殿。


記紀には、日子坐王を祖とする「丹波氏族」は大和朝廷と深い姻戚関係をもち、丹波で勢力を伸ばしていたことが記録されています。


■第九代開化天皇の妃竹野(たかの)媛は、丹波の大県主(あがたぬし)由碁理(ゆごり)の女(むすめ)(※皇妃を出すのは大和の県主と丹波の大県主であった)

■日子坐王は開化天皇と竹野(たかの)媛の子。その妃の息長水依比売(おきながみすよりひめ)は但馬の出石君家の出

■日子坐王の子・丹波道主命の妃は丹波の河上摩須郎女(かわかみのますいらつめ)

■日子坐王の女狭穂比売(さほひめ)は垂仁天皇の皇后

■丹波道主命の女日葉酢(ひはす)姫は狭穂比売の遺言により垂仁天皇の皇后となり、景行天皇を生んでいる

『三代実録』に出てくる何鹿郡の人、刑部首(おびと)夏継も丹波氏族。


なんとなく、いいかほりがするの。


いえーい♪

しかし、本殿を見上げて、私はものすごく悩むこととなるのであります。


なんでこんな所に、お餅ぺったんするアレがあるのか。

アレ。えーっと。

あ、杵だ。しかも。


こんなにいっぱい。

うーん。うーん。



八坂神社
《住所》京都府綾部市上杉町小島迫1



参考文献
『綾部市史』(綾部市史編纂委員会編・綾部市役所)

いつも応援いただきありがとうございます。「四道将軍」の一人、丹波道主命の名前は見たことがあるものの伝説の中の人。人間関係を見ても「命」とか「媛」がいっぱい登場してさっぱりわからなかったのですが、丹波篠山へ行く際に毎回通る雲部車塚古墳とも結び付いて、なんとなーくお顔が見えた気がします。史跡を巡る醍醐味ですねぇ。うろちょろした甲斐があるってもんです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

狛犬さん

狛犬さんはまるで猛虎のように神社を守っている感じがしますね(^^)

神社を守護する狛犬さんって感じがしまして、狛犬さんも大好きな自分です。

また楽しく拝読させてください、よろしくお願いします(^^)

No title

お絵かきだけで楽しめますね^^
どくへびが可愛すぎます(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

ぬくぬく猫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うーん。狛犬さんは猛虎じゃなくて獅子さんかと(;´∀`)
仏様の守護獣や古代エジプト・メソポタミアの神を護るライオンさんを由来とするので、まさに「神社を守護する」なう、が狛犬さんです。

ぬくぬく猫様のように筋肉むきむきーな狛犬さんはとても強そうでいい顔をしてますねー。

大阪の狛犬さんは、かわいい笑顔な子達が多いので忘れそうになりますが。こほん。

うちの狛犬さんはおしゃべりさんなので、お嫌いでなければまたのお越しをお待ちしております。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

疲れた頭に少しだけでも癒しとなればこれ幸い。

どくへびなんて動物園でしか見たことないので、想像で描いてみました。おほほ。

真冬に戻ったような気候ですので、ご自愛くださいませ。

No title

こんばんは。

何であんなに杵がたくさん??
不思議ですねぇ。
いずれ曰く因縁があるんでしょうね。
次回でその謎を解決!!していただけるんでしょうか。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

もやーんっとしてます。見つけた時は小躍りしてたんですが。
ううう。
きれいに彫られた訳ではなく、傘立てに立てるが如き形であるのも気になります。悶々とする日々です。

No title

つねまるさーん、おばんですば~い♪

今日は寒、寒でした~><
桜の花が散ってから、雪が降るのは許せないですね`ェ´

ぺったん、どうしたの?
賽銭はいらないから、餅もってこい!  なのかな。

それに彫りも忘れているようですが、ぺったん作るのに時間が
かかってしまったのだろうか。

やきもちの海苔巻き美味しいです^^
が、やきもちなんでサラサラ食べた記憶がないですよー˃⌂˂

No title

近畿全般、殆ど知らないので色々新鮮です^^

古い社の由緒って土地の由緒なんだなぁ~と感じる此の頃。

媛とか比売とか、どう違うのか・・・調べても判らん^^;

杵が沢山だ~、餅まきしてくれないかな~~

ぽちぽちぽちーーー

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

大阪でも朝の気温が4度でしたよー。さむさむー。
今夜は湯たんぽ。
しかし、そちらは雪が降ったのですね。それはちょっと辛いですねー。

お賽銭の方が使い道が選べていいと思うんですが、買いに行くのが面倒なのかしら。

ぺったんぺったん。

pigletくん達うさーずさんの、ぺったんぺったん。
想像しただけでもかわいいなー。うふふ。

やきもちの海苔巻き、食べたくなります。危険な時間帯。
piglet01様がお外に夢中だと、うさーずさん達がやきもち焼きますね。うふふ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

記紀当時の丹波は、現在の丹波・丹後・但馬になるので、とても広範囲です。四道将軍の項目で、他が東海、北陸、とある中で「丹波」があるのは面白いと思うんです。

また、この旧丹波地域には鬼や土蜘蛛退治の伝説があちこちに残り、中央に従わない首長が頑張っていたのかなーっとわくわくします。

ただ、丹波は光秀ファイヤーがあって、惜しいことに焼失した寺社が多くて。室町以前のお社、珍しいんです。篠田神社で騒いでたのは光秀のせいよー。

>古い社の由緒って土地の由緒なんだなぁ~と感じる此の頃。

ですねー。特に記紀や風土記と一致する由緒があると、当たり見つけたーって踊り出します。

中井権次一統の彫刻とか、石工丹波佐吉の師弟系列の狛犬とか、素晴らしいものがてんこ盛り。丹波、おいしい。

そして。杵、悩み中。

いっそ、ここは餅の神社だよーって言って欲しいです。

お祭りで餅まきしてると参加したいけど、よそ者は遠慮しとこかな、って思ってしまう気弱な奴です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼