中井権次一統の彫刻いずこ。彫りの深い美形探してます

ごきげんよう


ごきげんよう


京都府綾部市の篠田神社。第3日目。


筍神事のたけのこにょきにょき。

ふっふっふ。


でたー。


まだおったー。


歯のひとつひとつもはっきりしてます。


にらまれちゃった。


うらやましい。


龍さん、はみ出ています。


おくちの中まで見えますわよ。


うっす。


見てほしいくせにぃ~。


うっとりします。


・・・鳳凰かなぁ。

たけにょこにょきにょきに小躍りして、拝殿の彫刻の銘板を探すのを忘れ。
これは誰の作品なのかなぁと悶々としております。

というのも、丹波・丹後・播磨の寺社をうろちょろすると、社殿の華麗な彫刻に出会うことが度々ありまして。



いらんっ。

玉手箱といえば、浦嶋太郎。ここは丹後半島の


浦嶋神社。これは拝殿。


みので編んだかめかめ。


拝殿の彫刻に注目。


江戸時代から昭和にかけて活躍した兵庫県丹波市柏原(かいばら)の彫刻師、「中井権次(ごんじ)」一統。

初代中井正清は宮大工の棟梁として中井一統を率いて柏原八幡社の造営等に携わり、徳川家康に仕え、江戸幕府の京都大工頭の地位にあった名工です。

法隆寺の修理 ・江戸城・日光東照宮・大坂城の築城等にも関わりました。


初代から3代目までは大工職でしたが、4代目からは彫刻師を名乗ります。


彫刻師として活動したのは1700年代中頃から昭和初めの4~9代目。

主に中井権次(言次)を名乗り、丹波・但馬・丹後などの寺社の山門や本殿の破風に、迫力ある龍など霊獣の飾り彫刻を残しました。

「西の左甚五郎」と賞賛される見事な彫刻。

6代目中井喜一郎のとき丹後宮津に移転しますが、丹波柏原の彫刻師「中井権次(言次)」の作品は数々の寺社を飾り続けました。

柏原(かいばら)といえば、美形狛犬(だけじゃないけど)の石工、丹波佐吉が居たところでもあります。


浦嶋神社の拝殿は四方ぐるりと中井権次の彫刻が施されていて、見ていて飽きません。

丹後半島は遠いわー、という方には京都府福知山市の大原神社。

産屋で知られる「おはらざし」の神社。

過去記事はこちら→→→

絵馬が豊かな大原神社。京都府福知山市。
神秘の蛇のヒゲがある大原神社は彫刻ぶらぼー。京都府福知山市。
命を生み出す「産屋」の残る大原神社。京都府福知山市。


ありがたいことに、実は弊記事中でこの「大原神社」「産屋」が検索ワードで継続的に多いのです。



拝殿の彫刻が、中井権次一統の作。素晴らしい龍がいます。


これじゃない。


退治されかけて逃亡中におひげを落っことした龍の伝説がある大原神社。


ぱっと見た瞬間、こりゃすごいぜっと思う彫刻です。







大原神社は水軍で有名な九鬼さんが綾部に転封となり、再建したお社です。現在は綾部市のお隣の福知山市が住所になります。

綾部市には現在、国宝仁王門のある光明寺の本堂含め6棟の建築物に中井一統の彫刻が確認されています。

中井権次一統の彫刻については、柏原市の研究家と中井家の方が作品を探して記録に残している最中で、その数200以上。

素敵な彫刻を見つけて、じいーーーーっと見上げてにやにやするのも、丹波や丹後地方の寺社巡りの楽しみのヒトツなのです。

うひひひ。


あ。しまった。


篠田神社
《住所》京都府綾部市篠田町宮ノ下6-1



参考文献
大原神社・浦嶋神社各現地説明板

いつも応援いただきありがとうございます。神社仏閣の建築に欠かせない「彫物師」ですが、残念なことに廃仏毀釈のあおりをまともに受け新たな中井一統のお仕事は昭和でお納めになっているようです。それはそれは見事な作品の数々、様々な方が追いかけて記録に残しているので、ぜひ検索してみて下さいませ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

これは!

連日のコメント、失礼します^^

中井権次一統に惚れました~
すごーーい!!この彫刻。

中井権次の作品を検索しまくりです。

絶対、丹波に行くぞ!!

No title

立体感も素晴らしくお見事な木彫りです。ぴゃー!!

No title

こんにちは。

リンクの件、ありがとうございました<(_ _)>

彫刻見事ですね。
彫刻とか見てると撮影するの忘れることが多いです(;´∀`)
きっと、ここへ行ったら、撮影忘れちゃうかも。

↓のロールケーキではないのを見て、楽しかったです。
それに、わかりやすかったです。

No title

こんにちは~♪
診ているだけで楽しめますね^^
ゴンジーは西の左甚五郎ですか(笑)
左甚五郎はわが故郷飛騨の宮大工でしたよσ(゚ー^*)

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

見事!すばらしい彫りですね☆

竹の子も珍しいですが、その下の超立体は彫り出しているのか
張り合わせているのか判りませんが、見事の一言です。

あぁ・・・。立派なものをthanks ♪

No title

こんばんは。もう春真つ盛りですね。勧修寺の櫻、今年も見たかつたです。あ、そんなことはさておき。

昨日の記事で拝見させていただいた分でも筍で凄いなと思ひましたが、いやはや、見事ですね、これ、龍は本当に精巧と言ふ表現で良いのでせうか、緻密で躍動感があつて、本当に言ひ現す言葉が見つかりません。
ただ凄いとしか表現できず、自分の語彙の少なさに恥じ入る次第です。

さう、玉手箱と言へば浦嶋神社。昨年に中味と絵解きを拝見させていただきました。社殿は古くて多少痛みも目立つて来てゐましたが、ほんたうに立派な社殿でしたよね。

今日も素敵な記事と写真をありがたうございました。

じゅみーcoco様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いいでしょ、中井権次一統さんのとこの彫刻。
現物のすごさは画像では伝わりにくく、作品収集が目的でもないのではしょっていますが、あらやだ、こんなとこにこんなものが!っと宝探し気分でじっくり見つめてきました。

寺社の彫刻、全国各地に素晴らしい作品の数々が残っていますね。
拝殿正面の龍の裏側などに残る銘板を探すのも彫り上げた職人さんを知る手がかりになります。

私は丹波丹後方面へのドライブが好きなので、中井一統の彫刻があったら嬉しいなーっとわくわくしながら回ってます。

神社仏閣の場合は近付けないところが多いのですが、その時は双眼鏡が大活躍です。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

立体感あふれる彫刻に隠れて、なにかかわいいものはいないかと探しております。

歌う狛犬さんとか、いないかなー。ぴゃ、ぴゃ、ぴゃー♪

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ、ありがとうございましたm(__)m

そうなんですよね。あれ?あの子、映ってない。やっちまったー!の繰り返し。
それと、撮りすぎてどれがどこだかわからなくなります。

あ、ご覧いただきまして?
素晴らしいですよね、やはり実物は。

丹波黒豆のぜんざいに釘付けになってましたわ。おほほ。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

彫刻の下絵や奉納記録が残っているので、中井権次一統の作品群は、寺社の建物の建築年代の特定の根拠になっています。

講談等で有名になったブランドの左甚五郎の名前を使わなくても、中井権次の作品ははるかに素晴らしいですし、まさに知る人ぞ知る存在。

あ、これ、見てみたいなーっと思ってくださる人が一人でもいればいいな、と思っています。

とにかく知ってもらうこと。これが課題ですね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はぁい。お待たせしましたー。

ちょー立体の彫刻、どうなんでしょう。
仁王像や仏像とはまた異なる技術ですから、もっと勉強しないとわからないです。
ただ、柱や壁面とは部材が異なっているので、ちょー立体の部分をはめ込んでることだけはわかります。

欄間は彫り出してますね。

祖母の家の欄間は一本の材木から作ったもので、表と裏とで模様が違っていました。
一介の住宅にある欄間でさえそんな技術があったのですから、寺社へ奉納した作品はもっとすごいんだろうなーと思います。

piglet01様がまた関西方面へお越しの際は、ちょろっと寄り道してくださいねー。

丹波、いろいろとおいしいですよー。

No title

見惚れてしまいます (人´∀`).☆.。.:*・
象さんとか足裏をコショコショしたくなるような立体感です^^
睫毛パフパフ♪

掃除するのが恐ろしい・・・力入れて拭いて国宝建造物の彫師作の睫毛が折れたりしたらと思うと・・・ガクブル


これだけ彫るのに日数はどれくらいなんだろうなぁ
お仕事に入る前は潔斎とかするんだろうなぁ

とかとか、神域に入って仕事をするから神事の一部として継続してた風習もあっただろうと。
そういう伝承も彫りの仕事がなければ途絶えてるだろうと思うんです。

地道な記録作業を行われてる方々には頭が下がります(__。)
ぽちぽちぽちーーー

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

さくらー!今年はまだ近所の桜しか見てません。勧修寺どころか5本以上並んだ桜、見てません。よよよよ(ノ_<。)

ほんとに素晴らしいものを見たときは、言葉にならないですねー。
ぱっかーっと口を開けて見つめるのが一番。

龍のおなかを愛でるのも好きですの。
銘板を探すとき、裏側を覗くので。おなかも一切の手抜きなし。
・・・かわいい。です。

丹波佐吉の作品のように、ここまで執着して彫るものなのかとぞくぞくします。

浦嶋神社、いいですよね。大好きです。
丹後半島日帰りドライブ、帰りは死にそうなのですがまた行かなくちゃ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

惚れてやってー。
コショッとムニッとしたくなりますよね。そりゃもう、愛でる他ないかわいさです。

睫毛、羨ましいわぁ。

国宝の仏像って、文化庁の許認可がないと蜘蛛の巣すら取れないんですよ。長浜市の湖北で尋ねたからこれは確か。
そして、耐火金庫、もしくは耐火建築物を建てて保管。これは和歌山のお寺で聞きました。木造の仏像と違和感がないように特注です、っとー。

「伝承」の現場は先立つものがないと難しいですね。
能舞台サイズの茅葺きの葺き替えに最低1500万円。琵琶湖湖北のとある神社、氏子25件。思わず神社の栞を買いましたよー。

下鴨神社のマンション建設の件が報道されていますが、わぁわぁ反対するなら金をくれ、が本心やと思います。
下鴨神社ですらこの状態ですので、地方のお社を取り巻く環境はとても厳しいのではないでしょうか。

朽ち果てていくぐらいなら、合祀もやむを得ないとは、私見です。
せめて神様のお住まいだけは確保。

No title

一度に見れちゃうなんて圧巻です!
写真でこれだけインパクトあるので
実際は息するの忘れるかも(笑)
羨ましい♪

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。実物はそりゃもう素敵でー。
一部を拡大しても伝わらないので、悔しいところです。きゅー。

狛犬さんと彫刻を探して放浪してます。ほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼