スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽「東北(とうぼく)」って?

東国出身の僧の一行が京へ上ってきます。
東北院(和泉式部が仕える中宮彰子の持寺)で美しい一本の梅に出会い、門前の男(間狂言)に「和泉式部」という名だと教えられ、うっとーりと見とれます。

一人の女性(前シテ)が現れ、「おバカ。それは梅の名ではなくってぇ、有名な『和泉式部』が愛した『軒端の梅』どす」と語り、「私、軒端の梅に住んでますのんえ」と言い残し、やがて姿を消してしまいます。



僧が梅の前で法華経を唱えると、ほわーっと女性の姿の霊(和泉式部・後シテ)が現れて、

自らが詠んだ歌『門の外法の車の音聞けば我も火宅を出でにけるかな』を口にして、懐かしく誇らしい昔日を語ります。

式部は、この和歌の力によって六道輪廻の苦しみから解脱して、今や歌舞の菩薩となって、この寺に宿っていたのでした。

そして、和泉式部の霊は、東北院の情景を愛で、昔を偲んで舞を舞います。(序之舞)

舞終わり、昔を懐かしんで袖を濡らしてしまって恥ずかしい…と、方丈へと姿を消します。そこで、僧がほわーっと見てた夢は覚めました。


かいつまむと、「僧侶が梅を見てたら、知らない女が現れてなんか喋って、次に『実は私、和泉式部!』と名乗る霊が現れて語って舞って消えた」話。(能楽の定型)

この「東北」が仕舞のお稽古の曲なのでご紹介させていただきました。


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら枕元で謡います

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村
ありがとうございます。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。