愛宕神社。建物をまもる神様四柱に会いました

こんにちは。


JR綾部駅南側で、気がついた。


位田城。

お山のてっぺんに郭の形が見えまする(≧∇≦)

むんっ!今日は神社巡り仕様の格好なので、次はここ!

1489(延徳元)年より1年間、地侍の大槻氏と荻野氏がたて籠もり、丹波、摂津など十三カ国の兵を集めた守護代上原豊前守元秀・紀伊守賢家父子と戦った城。籠城側が自ら城に火を放ち落城したと伝えられています。


花粉が済んだら行くだよ・・・くしょん。

などとぶうぶう言いつつ、お社発見。


こんな雰囲気好きです。お社のいいかほりがします。くんくん。


あらまあ。

今日はいいお天気。


いいなー。


鳥居の上にまだまだ階段が。ああ、天国へ続いているのかしら。


お稲荷さんなのかなーっと眺めつつ、ちょいと休憩。


今さら引き返すことも出来ぬっ。とりゃー!


心が折れそうです。ぜーぜー。


「寛政七乙卯年 当(?)村願主」「奉寄進」「若者中」の文字が見えます。
寛政七乙卯年は、1795年。


静かなお社。ここは、愛宕神社です。


宝暦年間は、1751年から1763年。


右側の棟札を見ると、本殿の基礎等が平成25年に補修されたようです。今も大切にされていて幸せなお社です。

左側の札は、「愛宕神社本殿屋根改修工事」の棟札。年代は多分裏側に書かれているかと。

「奉鎮祭」の文字の下に、上棟の際に産土神様の他に祀る建物に係わる四柱の神様のお名前が並んでいます。竣工後も建物が無事であるように祈願したのですね。

手置帆負命(たおきほおひのみこと)
讃岐忌部の祖
古代の建築技術者、また笠・矛の製作専門技術者
木工の祖神

屋船久久能知神 (やふねくくのちのかみ)
木の神

屋船豊受姫神 (やふねとようけひめのかみ)
建物の神

若狭知之神(若狭知命・わかさしりのみこと)
紀伊忌部の祖
古代の建築技術者、また盾の製作専門技術者
木工の神様


拝殿正面上部。


簡素かと思いきや。


かわいいな。


清掃が行き届いた清々しい社殿の周囲です。


本殿様は恥ずかしがり屋さん。


どちら様かしら。こんにちは。


何か遺構があればいいなーっと思ったの。


郭だったら面白いのにぃ。残念。


この集落の愛宕さんなのかな。

大事にされているお社は心がほっこり。


愛宕神社
《住所》京都府綾部市栗町桧端1-乙




参考サイト
「城郭放浪記」様→→→城郭放浪記「丹波・位田城」

富山県神社庁様→→→富山県神社庁「上棟祭」


いつも応援いただきありがとうございます。通りすがりに立ち寄ったお社なので、記事にする前に、どこだったかしら?っと、探してしまいました。ほほほほ。ふらーっと立ち寄るお社巡り、好物です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
わ~~再び。。見ざるのお猿さんの目があまりにもかゆそうでございます~~
本当にお社の清々しさが画像でも伝わって来ますね。

素敵♪

可愛らしいと感じるのは、地元で大事に守ってるのが伝わってくるからなんだろうなぁと感心しきり。

最近、あちこちの神社仏閣ブログを拝見して達観したのは・・・・
階段は「手すりがついているだけマシ」です^^;

石段が崩落しかけだったり、苔ティッシュロードだったり、勾配がぁ~だったり、などなど
「雨天決行」すると命がけになりそう?って思う所が・・^^;

遷宮とか昔は大変だっただろうなぁって思います^^
つねまる様の太ももとふくらはぎにペタっとな~(*´∀`)ノ□□

ぽちぽちぽちーーー

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おさるさんはかゆそうなのですが、こちらは、かーゆーいーーーです。
薬で大分抑えてはいますが、阿須須岐神社のお社の杜はスギが。スギが。スギがー!

飛んで花粉に入る春のムシでございます。

少しでもお社の雰囲気が伝わればとても嬉しいです。
ほんとにいつもありがとうございます~。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どんなに立派な社殿であっても、大切にされていないと無惨な姿をさらけ出す事になってしまいますねぇ。
藪漕ぎまではいかなくても、草をかき分けて礎石を探すこともあります。車止めになっていたこともありますしねぇ。くぅー。

階段。

こちらの愛宕神社さんの手摺も、皇紀記念に寄進されたものでした。
氏子さん方が高齢化している中、手摺は必需品。

役行者様を追いかけるともれなくゆるーい山岳登山が味わえますよー。
美味しいところなら、ほぼ直角の石段とか、ご覧になりましたでしょ?うふふふふ。

修験道の吉野の大峰山、素晴らしいです。但し、今も女人禁制。

苔ティッシュロードでは、踊るんです。つんつるりん♪
岩に生えた苔はねぇ、ほんまにつるーんって剥けるのでキケン。
雨上がりのお社、素敵♪っとは、思わなくて。嫌だわ、滑るわ、きゃー、ですねぇ。

自然信仰の残るお社で、磐をお参りするのに登山届を出すところがありますよ。年齢制限もありますし。実際、滑落事故で亡くなった方がいらっしゃいますので。

なので、神聖な場所は立ち入り禁止でいいと思います。

女人禁制なのは、危険だからだという考えをされる方もあります。

君子危うきに近寄らず、です。何か起きてからでは遅いですものねー。先人方に申し訳ないです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼