FC2ブログ

書写山と和泉式部と能楽「東北」

書写山圓教寺の常行堂。









この舞台は、正面に建つ大講堂(本殿)のご本尊様に舞楽を奉納するためらしい、と現地案内板。
それにしても、でかい楽屋。10間もあります。


ここで、能楽「東北」(とうぼく)が奉納された写真がありました。

なぜ、東北?

それは、シテ(主役)が、書写山に縁のある和泉式部だからです。

書写山の参道に、和泉式部の生涯がこんな風に何枚もの案内板で説明されてました。

こ、こ、この絵は…(T_T)

びみょーに合ってて、でも、激しくちがーう(T_T)
なんてこったい。


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら謡って舞います

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村
ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼