まけきらい稲荷。負けず嫌いな藩主をお助けどすこい

こんにちは。


違います。花の粉です。

さて。

王地山稲荷社ですが


案内に「まけきらい」。


意地っ張りな水口ぴょん太。


ぴゃー。

なんなの、このアグレッシブな神社は。


末社、平左衛門稲荷。

扁額に「平左衛門稲荷大明神 まけきらい」と記載。

ここかー!


なんだなんだ?大阪場所か?

私の知ってるお狐様は


華奢だとか


にーちゃんと


反省する弟とか


マイペースな兄と狭い弟とか

(兄弟2組は徳島市諏訪神社境内社・稲荷神社の狐くん)


丹波篠山藩主は松平家が続いた後、青山氏。


青山家は家康時代から徳川に仕える譜代。

とある日。老中、篠山藩主青山忠裕は憂鬱でした。


毎年、江戸吹上御殿にて将軍上覧大相撲が行われます。


(三重県熊野市、産田神社の狛犬)

他藩ではお金で本物の力士を雇い、優勝を目指します。


(京都府亀岡市、穴太寺境内社の狛犬)

しかし、篠山藩5万石ではお金で強い力士を集めることもかなわず、負けず嫌いな藩主青山忠裕は、悔しくて悔しくて。

今年も力士体型にはほど遠い面々がご挨拶に来ました。

「殿、ご機嫌うるわしゅー。手前が頭取の高城市松、こっちは王地山平左衛門、波賀野山源之丞、飛の山三四郎、黒田山兵衛、小田中清五郎、須知山道観、曽地山左近、頼尊又四郎、それに行司の金山源吾にございます。」

青山くん、憂鬱でも参加しないわけにもいかず。

ところがどすこい。


あらびっくり。


藩主青山忠裕が褒美の酒を与えようとしますが、力士達の姿はなく。

「探せー!」

早駕籠で追いかけさせるものの、見つけることあたわず。
丹波篠山に着いてしまいました。

事情を聞いた城代家老もびっくり。


(篠山城・大書院。再建)

力士達を送り出したのは国元ではなく。

「探せー!」のご命令があるので、篠山藩内の庄屋全員集合。


草の根分けても探さなあかん。

と、その時。

名主の一人が「王地山、波賀野山、みんな、お稲荷さんがおんで。きっと、そりゃお稲荷さんでは・・・。」と言い始めましたが。

城代家老「んな阿呆な~」

しかし。


(滋賀県日野町・馬見岡綿向神社境内社の狐)

言われてみれば確かに、力士のしこ名にはお稲荷さんが鎮座。


さらに、お相撲期間中にはお供え物がそのまま残っていたこと等、不思議な事が数々あったと皆が口々に言い始め。

従って。

王地山、飛山、頼尊、波賀野、小田中、曽地、須知、金山、高城、黒田等の各地の稲荷が、藩主青山忠裕の面目のため力士に化神したと判明。


細まっちょ、恐るべし。

城代家老から報告を受けた藩主青山忠裕は、それぞれの稲荷に幟や絵馬を奉納して感謝しました。

これが「まけきらい稲荷」の起こりだということで。


王地山稲荷社末社、平左衛門稲荷。


力士に化けて藩主さんの鬱憤を晴らしました。


頑張ったお稲荷さん。

情が深くその愛情はきめ細やかという狐。


こんな彼を見るに見かねたのかもしれません。


お江戸までえっちらおっちらと出張までするのは、大変だっただろうに。

ところで、この藩主青山家。
篠山の人々にとても愛され親しまれたおうちだったようです。

篠山城に鎮座する青山神社は、篠山城が1871(明治4)年に廃城となった後、藩主青山家の旧恩を追慕する人々が、青山家の御霊を祀る神社の創建を熱望。
青山家の遠祖・青山忠俊を御祭神として1882(明治15)年5月に創建されました。


まけきらい稲荷社の境内社、能勢妙見宮分社。


読めません。


境内の灯籠。

狐さんへの恩返し。ほっこり。


どこぞの狛犬さん、焼きもちもっちもち。


いつも応援いただきありがとうございます。昨日はあたたかいお言葉を賜りまして、ありがとうございました。嬉しくて心が踊っております。さて篠山のまけきらい稲荷のお助けお狐さんのお仲間達。今も篠山の各地に鎮座し、大切に守られています。どすこい。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはやうございます。

なんとまあ、素敵なお社ですね。個性的で、傳説もまた面白い。
手水の兎さん、頭から水があゝ。
狛犬さんの顔、怖い。

おゝ、森伊藏!!!! 呑みたいです。

まけきらい稲荷、ぜひ行きたいと思ひました。

どすこい伝説!Σ(´Д`;) 

春場所真っ盛りの相撲協会は、ここアピールすべき^^

謎の覆面力士か・・・・テケテンテケテン・・・♪♪

どーこの誰かは知らないけれど、しこ名は みーんな知っている~♪
優勝力士の細マッチョ~♪、とーのの味方よ、好い稲荷~♪

さっそくアホ全開コメントになってしまった・・・><;アウチ★
こういう話は大好きです^^
青山の殿さまが、領民に愛されてた証ですね^^

さすがの狛ちゃも、ここでは脇役。静かにしてようね~
腹筋が割れてそうな無双稲荷様にポチポチポチーーー

No title

こんばんはー。お邪魔します。
各地のお稲荷様が結集して青山様の為力士に変身!!
・・なんか温かいお話ですねー(*^^*)
「まけきらい稲荷」ってなんか闘魂バリバリイメージしてしまいましたが
そういうお話が縁起だったとは・・(^^ゞ
でも平左衛門稲荷様の奉納幕のお狐様、確かに
力士っぽいマッチョな二の腕でいらっしゃいますね。
波賀野山のお狐様の笑顔素敵ですー!!
お久しぶりの反省弟くん ご兄弟2組にやっぱり
ドッキューンでございます。。
森伊蔵ぐびぐび~ でございますか~!
いいないいな~~

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ツカミはオケーっというお社で。
篠山の城下町である河原町に「まけきらい」の旗が並び、なんだなんだ?と思わせます。

狐の世話焼き話は、椋鳩十の「ごんぎつね」が頭に浮かびますが、こちらは悲しいお話。

やはりハッピーエンドな伝説が残る所がお気楽に行くにはいいなぁと思います。
各所に残るという力士に化けたお稲荷さんを探すのも面白そうです。ぜひ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

謎の力士物語。

>どーこの誰かは知らないけれど、しこ名は みーんな知っている~♪
>優勝力士の細マッチョ~♪、とーのの味方よ、好い稲荷~♪

よく歌えました♪(*^▽^)/★*☆♪パチパチ。

このような明るい伝承が残る所は、殿様が慕われて、お城や遺構もよく残っているような気がします。

丹波篠山といえば猪なんですが、猪を食べ始めたのは明治以降、軍隊の駐屯地が出来てからなので、猪力士ではないようで。はは。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。
「まけ、きらい!」っと狐が叫んでいるように見えたので、狐に闘魂が宿って戦国武将とファイヤーする神社かと勘違い。

実はほっこり。負けず嫌いは藩主さんで。

奉納幕のお狐力士、いい味を醸し出していますね。
マッチョな二の腕に注目それるとは、さすがおきまちあき様でございます。おほほほ。好きー。

反省弟、私も好きです。よしよし、っとしてやりたくなります。

森伊蔵、確かにきゅっきゅっきゅーっと飲みやすくて危険なポテトジュースですね。
謡の先生行きつけのお店で、記憶喪失。うへへへ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼