磯宮八幡神社で子ども狂言発表会。賑やかっていいな

こんにちは。

ふと立ち寄った丹波篠山の磯宮八幡神社。


あれ?だーれもいないお社に来たつもりが。



京都の茂山家御一門で、篠山市在住の山口耕道先生が4年前から子供達に狂言を教えに来ているそうで。

発表会でした。


むーらの鎮守のかぁみさっまのぉ~♪

能楽も狂言も、プロの先生方が全国で学校訪問をして、少しでもホンモノに触れてもらおうと必死です。

わからなくていいから、まず、触れることが大事だと。

中には、ピアノやバイオリンよりお笛や鼓が好きな子がいるかもしれません。

私も能楽に触れたのは、祖母の「謡講」に連れていかれたから。
名古屋では謡が好きな閑人が集まって好き好きに謡う同好会が盛んだったんです。
一人で留守番するか、ばーちゃまについてくるか、どっち?って、そんな無茶苦茶な選択を幼稚園の頃に迫られ。

「そぉろぉーそぉろぉー」って真似したもんです。


臨時の能舞台。


本舞台ならこんな感じ。

歴史あるお社の舞台で発表会が出来るなんて、幸せなことです。

狂言は、当時の風俗や笑いのツボをありのままに伝える、とても豊かな内容の古典芸能。
コントがあれば、舞もあり、時々お涙ぽろり、そして時々難しい。

肩肘張らずに気楽に鑑賞したらいいと思います。笑うところは、大声で笑う。

笑う、って、すごく大事。


ね。

本番中は撮影を遠慮したので画像はありませんが、みんな一生懸命で、観客も大笑いして、とても賑やかであたたかい催しでした。

折しも今日であの震災から四年目。

ここのようなあたたかい繋がりが脈々と続くようお祈りするばかりです。


いつも応援いただきありがとうございます。ご近所の老若男女が笑顔で集う場所。それが昔ながらのお社ではないかと思います。少しずつ、ゆっくりゆっくりでもいいから、心からの笑顔が戻っていますように。そして、遠く離れていても、私に出来る応援を忘れずに。産地直送の農作物や海鮮うまうまを、ポチっとしようっと。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさーん、おばんですばーい♪

狂言とか聞くと、狂犬と間違えてしまうほど知識のない動物です。

日本古来の文化に触れることなく、のほほんと過ごしてきちゃいました͒˃⌂˂
思い出すと、高千穂で夜神楽を見たことありますが、大人が喜ぶ演技だ
そうですが、よくわからなかった。エーン)^o^(

つねまるさんもそうですけど、子どもの頃から動機付けが大事なのでしょうね!

ちびっこがんばれ!!

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狂犬の狂言とは、また恐ろしい。

俗に、謡を知ると人生が百倍楽しいそうです。

古今和歌集やら、他の和歌、諸国の一宮に鎮守のお社、名所旧跡に昔話、神様の名前に祝詞、仏教世界とお経、ありとあらゆるものが謡には書かれております。

夜神楽は、大人が喜びますね。ふ。ふふ。

都で見てきた舞台を地元で真似して広く流布したのが「三番叟」。
若い衆、白いじーちゃん、黒いじーちゃん、が出てきます。

とにかくライブで何度か見ているうちに、何となく楽しくなりますよー。

名古屋はお稽古事が盛んですからねぇ。
日舞の発表会なんか、札束が舞っているんじゃないかと思いました。

もっと早くから仕舞やお囃子を習いたかったなー。
とにかくいろんなものを体験して、その中から好きなものを選ばせることって、大事ですね。

ちびっこ、羨ましいぞ!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼