スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂須賀家政、徳島城へ。織部灯籠を鑑賞。

こんにちは。


うーみー。


徳島県下最大の山城、阿波・一宮城。

南北朝時代に小笠原氏(一宮氏を称す)が築城し長く居城。

長宗我部元親が一宮氏を謀殺し、入城。



秀吉の四国攻めでは数万の軍勢が対峙する主戦場となり、結果、長宗我部元親は、開城。


はっちー好きの淡路島の狛犬。

阿波国の大名となった蜂須賀家政は、まず一宮城に入ります。



時は戦国真っ盛り。家政は大急ぎで本丸の石積を築造。


・・・間違い。


こっち。


しかし、家政は翌年、眉山の向こう側、徳島城へお引っ越し。

私も一宮城から移動。


徳島城博物館に滑り込み、庭園へ。

屋外展示が面白かったです。


織部型灯籠。

古田織部の墓にあった奇抜な形の灯籠から名付けられたという織部型灯籠。

お庭の事はわからないので、「wikipedia」より引用。

「つくばいの鉢明りとして使用する、四角形の火袋を持つ活込み型の灯籠。その為、高さの調節が可能である。

露地で使用される。奇抜な形から江戸時代の茶人・古田織部好みの灯籠ということで『織部』の名が着せられる。」


石竿部分。

「石竿に十字模様や聖人(実際は地蔵菩薩)のようにも見える石像が刻まれており、これをもってキリシタン灯籠と呼ばれることもある。

ただし、織部灯籠をキリシタン遺物と結びつける説が現れたのは昭和初期からであり、否定的な学者も多い。」(引用終わり)

地蔵菩薩様にしては、ちょいとすらーっとしてますもんねぇ。


いつも応援いただきありがとうございます。黄砂が飛来した時から怪しかった花粉症が、爆発しました。鼻水が洪水です。頭がパーです。という訳で短めでごめんあそばせです。花粉症の皆様、お大事に~(T▽T)
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

織部型灯籠、なぞですね~
この姿の形、西洋的に見えますね。

花粉症、数日前から飛散が
一気に増えたみたいですね。
私も鼻が苦しいです。
つねまるさまもどうぞお大事に
してくださいね。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

千利休の妻や娘がキリシタンだったといいますから、
古田織部も同様に隠れキリシタンで、転宗したと偽り、
ひそかに仮託として織部灯籠も、異仏の大黒天、弁財天、
慈母観音、石仏地蔵、燭台同様に信仰の代用対象物と
したのでしょう。

島原の原城で、海を見つめている像に雰囲気が良く似て
います。

つねまるさんの記事は奥が深くて勉強になります☆

No title

織部さん・・・漫画「へうげもの」でしか知らないので、ウィキペディア見ても脳に浸透しない^^;

実は、茶の基礎知識も必要だぎゃぁ~
と初心者向けのムック本(戦国時代の茶みたいなの)も数年前に買ったけど挫折した^^;
あ、処分はしてない~ただ優先順位のかなり後半にあるんで、いずれは読み・・・って何処に仕舞ったっけ?!Σ(´Д`;)はぅ

ほんとは脳・・もとい戦国武将がシテからハヤシまでやってた能の基礎知識も必要・・・でも流石に多読キャパ限界なんで現在関連本購入も保留^^;

一宮城~~載ってますね~ニンマリしてしまった^^
「アクセスは良い」けど「登山のしやすさ」が・・・・^^;
改めてお疲れ様でした~ここからの絶景はつねまる様への御褒美ですね^^

ぽちぽちぽちーーー

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

織部らしく面白い形の灯籠ですね。
地蔵菩薩というには長身過ぎるような、でも織部の思う姿はこんな風なのかなーと考えたり。

花粉症の最初の頃が一番辛いですねぇ。
ゆず様もお大事になさって~( ノД`)…

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

少し明快にキリシタン風になりすぎている感じがしますので、織部の狙いが不可思議ですね。
背の高いお地蔵さんがいたってよかろー?と思ったのかどうか。

隠れキリシタンの里は茨木にもありますが、様々な形で代用対象物が残されていました。またここに行こうかな。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

織部型灯籠、他の普通の灯籠に比べたら、形が面白いと当時の人には思えたのでしょうね。へうげてるかなぁ?

この灯籠は茶道の方と密接に関わっていて、細かく決まり事があるようですが、スルー。

研究が大変だとは思いますが、本だけではなく、気分転換にしてみたらどうでしょ?

自分でお茶をたててみる(ネットでセット販売してる抹茶と茶筅で楽しめますよ♪)とか、

抹茶は一番安いもので充分。残りはアイスにかけたり、牛乳に混ぜたり。

能楽はライブです。
(あ、今ならひな人形の五人囃子が能楽の並び順です。)

で。お歌を歌うときってリズムをとりますよね。

だから、能楽でも、謡う時に囃子が入るわけで。

囃子は、太鼓と笛がちゃんとしてれば、何とでもなります。
パターンが決まっていますので、教養となっていた当時ならほぼ勘で出来た事でしょう。

一宮城、載ってましたねー。おほほ。うれしーい。
私が行きたい所はほぼ整備された有名ドコロなので、ぼちぼち行くだー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。