スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山湧水群「錦竜水」。徳島藩時代は有料でした

こんにちは。


徳島のシンボル、眉山。


どこから見ても眉のように見えることから、眉山。

この眉山の山麓には神社が集中しています。
阿波徳島藩主蜂須賀家政が徳島城を築城する際にお呼ばれしたり、ずっとずっと昔から鎮座していたり。


狛犬、壱(阿)。むっちり。


狛犬、弐(阿)。ちゅん。


狛犬、弐(吽)。ちゅんちゅん。


狛犬、参(吽)。年長者。


狛犬、四(阿)。どっちり。


狛犬、四(吽)。落ちちゃうー。


狛犬、五(阿)。お土産ありがと。


狛犬パラダイス、春日神社。


お社の周囲は寺町。

※うっかり自分の車を真ん中に撮影してました・・・(ノ_<。)


新しく阿波徳島藩主となった蜂須賀家政は城下町の建設にあたり、徳島城(本城)のある「城山」に対して西方に位置する「眉山」の山麓・大滝山の山懐一帯に多くの寺社を集めます。

城下町にはよく見られる光景ですね。

いざ戦となれば、兵力を集める場所となり、また、本城の防衛を担う重要な寺町。

この寺町には、還国寺(徳川家の位牌を安置)、持明院(蜂須賀家祈願寺)、藩士や城下の町人の檀那寺等が集められ、宗派も混在(浄土宗・日蓮宗・真言宗)しています。



寺町にある錦竜水(きんりょうすい)。


眉山の麓の「眉山湧水群」のひとつ。

錦竜水の他に、東山手町の瑞巌寺の鳳翔水、西富田の八幡神社の八幡水などがあります。

江戸時代の徳島城下の人々は、これらの眉山の湧き水を買って飲み水としていました。

特に歴代の阿波藩主は、この錦竜水を愛用し、水番所を置いて保護。
今も錦竜水は、歴史的名水として多くの市民に親しまれているとか。(説明板より)



最近は、どこもこれ。

1976年頃に水脈が途絶えたものの「名水阿波錦竜水保存会」による復旧工事で、1987年に蘇ったそうです。よかった。


お腹壊したら大変ですから。


よだれが出たので、ペットボトル1本分いただいて、某所で沸かして抹茶ぶれいく♪しました。おほほ。

車に湯沸かし道具を積んできてよかったー。



いつも応援いただきありがとうございます。藩主蜂須賀さんも愛飲の名水、錦竜水。水番所まで設置しているのですから、よっぽどお気に入りの味だったんでしょね。昔は「これは何処其処の水だ」と言い当てるゲームが流行るほど味覚が繊細だったそうですから。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
蘇った「錦竜水」、どんなお味だったのでしょう?
湯沸しセットお持ちだったんですね!! 抹茶ブレイク いいですね~~~
本日もむっちりっ子さんやどっしりっ子さん、
飴ちゃんくれるちびっ子?さん・・・かわゆい狛犬ちゃまパラダイス有難うございました\(^o^)/

No title

こんにちは~♪
神社巡りの行動範囲がすごく広いですねー。
ホント感心しますσ(゚ー^*)

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

軟水なので、お茶には美味しいお水でした。
あちこち巡るのも基本は自分で運転するので、休憩がとっても大事。なので、珈琲や抹茶をたてる湯沸かし道具は必携。おほほ。

むっちりどっチリ、喜んでいただけて幸せです♪
いつもありがとうございます(≧∇≦)

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

片道100kmまでは日帰りで下道を走るのがモットーです(*´∀`)

ありがたいことに関西は史跡と神社の宝庫です。
徳島は、ちょっと遠いけどねー(ノ_<。)

No title

こんばんは。

さすが、つねまるさん。
車に湯沸し道具まで積んでいるんですか!
錦竜水、美味しかったことでしょう。
今は確かに、何か問題が起こると大変だから、いちいち注意書きを付けるんでしょうね。
車をかっ飛ばして史跡めぐり、本当に羨ましいです。
100Kmまでは日帰り!
これまた凄いわ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えへへ。湯沸かし道具と、珈琲とお茶と、野立セットは譲れません。
しゃかしゃかしゃか、っと、広い空の下でたてるお茶は格別です。

軟水なので、お茶には最適でした。ほんとはごくごくとお水を飲みたいところです。羊蹄山の京極の湧水、美味しかったなー。

普段はけちけち節約生活をしてますもの。高速代も馬鹿にならず。
それに、下道を走ると思わぬ拾いものが多くて楽しいです。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

眉山は本当のマユみたいでかわいい山ですね!
チョット細めの上品なマユしています☆

お寺は有事時の施設ですか、蜂須加くん考えましたね!
お寺に堀もあるのですから、普通に軍事施設だったのかぁ。
これから興味を持つようにしなければ、なりませぬ。

つねまるさんの車は宇宙船みたいで『』いいです☆
一度乗せてくださいな♪

No title

>何処其処の水だ」と言い当てるゲーム

コーヒーも味の区別がつかない自分には絶対無理^^;
三択なら奇跡で偶々当たるかもしれん(笑

飲むのも良いけど、こういうお水で洗顔したら肌のハリがツヤがイイ感じに・・・(*´pq`)ムフフ

眉山・・・何度見ても絶妙なラインです
出がけに慌てると左右のバランスが余計に可笑しくなる・・・
プチ失敗はメガネで誤魔化してるのは内緒♪

ポチポチポチーー

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

眉山、なだらかで美しい山ですよねー。
毎日こんな風にきれいに化けられたらいいのになぁ。

寺町は城下町にはよくあるものですが、眉山の山麓に広がる町並みはとても穏やかでした。

ただ、由緒あるお寺が、明治になって蜂須賀家の保護を失い、さらに廃仏なんちゃらの為になくなってしまっており残念無念。

宇宙船みたいに空を飛んでくれたら便利だろうなー。
枝とか飛び石とかに当たって傷だらけです。ううう。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お魚等も、何処其処のお魚だ、っと言い当てていたようですよ。
細川さんとこ。

あー、お肌にツヤツヤ効果は考えもしなかったー!
いかんいかん。女子力が下降してるー!

大阪に来た頃、水道水が合わなくて、肌が荒れたんだった。
昔は臭かったんですよ。おえーってなるくらい。今はそんなことないですけど、すごかったです。

眉山みたいにきれーなラインは、なかなかうまくいかないですね。
左右がおかしいのは私もあるある。
花粉症の季節ははげるんですよねぇ。あー、やだやだ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。