スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木本神社。熊野灘の水は飲めません。

こんにちは。


獅子岩。

紀伊半島南部では、熊野酸性岩という火成岩が熊野層群という堆積岩の中に貫入して、那智滝、鬼ヶ城、橋杭岩など特異な風景を作り出しています。


那智の滝。


橋杭岩。津波で一部崩落。


国の名勝鬼ヶ城。


鬼ヶ城は、流紋岩の大岩壁。


鬼ヶ城は数段の階段状になっていて、数回の地盤の隆起の跡と波蝕洞窟と天井の風蝕痕が段々畑のようになっています。

盛り上がっては削られ、盛り上がっては削られ。


その流紋岩は火山岩の一種。

熊野酸性岩と流紋岩のように、火山の影響が大きいのが紀伊半島南部の見所です。


この鬼ヶ城の付け根に鎮座するのが、


木本神社。


紀州藩直轄地のプライド。

【安政の村替騒動】

安政二年。木本方面の紀州藩領二十七ヶ村と有田方面の新宮藩領五ヶ村の知行替えに反対する木本の人々の一揆を防ぐため、江戸詰御勘定奉行の吉田庄太夫が熊野に来て説得にあたり、知行替えを行わないとの誓詞を独断で書き中止させるも、その責任を取り自害。


吉田庄太夫を祀る吉田大明神石祠。


今は平和なお社。

しかし、目の前はなんと。


堤防と国道。

向こう側に渡ると、


水門おーぷん。


うーみー。

っと、かくの如く目の前は海。また、木本の土地は砂礫層に覆われていて、水に恵まれず。

干ばつの時には、一荷なんぼ、と飲み水を販売していたといいます。



1712(正徳2)年。長年の水不足解消のため、木本浦の浜地太右衛門さんが水源地から町内四カ所(低地)に水を引くための工事を行います。

長い松の木を縦に割り、中をくりぬいたものを合わせて土の中に埋めて水を引く水道管を作り、「水槽石」に貯水。

木本の人々の飲料水としました。



当時四カ所に配置された水槽石は、木本神社の手水鉢を含め四個とも現存しています。

そんな木本の地。大変だったんだなぁ。


狛犬さんは笑顔。ほっこり。


笑顔でおねだり。最強。


お祭り?


おや、ビーバーの尻尾。かわいい。

阿吽で尻尾が違うとこ、お気に入り♪


お神輿だー。

毎年、神輿の渡御に付き添う形で「六方行列」が進む木本祭りは熊野市無形民俗文化財。


歴史の語り部。



木本神社
《住所》三重県熊野市木本町95





いつも応援いただきありがとうございます。目の前にお水はたっぷりあるけれど、海水では飲めず。木本神社には鎌倉時代のものとされる木像狛犬さんがいるのですが、貴重なものなので熊野市歴史資料館の画像で満足しました。この資料館のおじさまが、熊野市大好きな素朴で真面目な方で、この方にお会いするのも熊野通いの楽しみのひとつ。うふふ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

橋杭岩凄い迫力の岩ですね!

数年前に那智でクルーズをしたのですが、奇岩に船が当たりそうでハラハラしました(^_^;)
それに風が強くて。。。あんな振り落とされそうなクルーズは初めてでしたよ。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

鬼ヶ城って、鬼の多娥丸の居城ってことなのかな。
宴会場があったり、子ども部屋があったりで完璧ですね!

岩の絶壁に階段のようなものが見えますけど、ここが
通路なのですか。
やはり鬼はただものではないですねぇ~❛︵❛

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

那智勝浦のクルーズ、結構揺れてるわねぇーっと、陸地から眺めていましたが、そうですか、振り落とされそうなのですかっ(ノ_<。)キャー

橋杭岩、遠目に見ると大したことはなさそうなのですが、干潮の時に岩に近付くとその大きさに驚きます。
ここの岩場、ヤドカリやカニ等がいっぱいいて、すごくすごーく楽しいんですよー(´∇`)

No title

狛ちゃの魅力に財布の紐が緩くなりそうです^^

紀州というか、和歌山って景勝地が盛りだくさんですね^^

なんだか南龍公と言われた初代紀州藩主にピッタリ^^

こういう土地って逆に塩田がなかったのかな~と思ったけど判んなかった^^;

ぽちぽちぽちーー

No title

こんばんは。ししまるちゃん・・ウフ
じゃなく。。
またもや邪魔しました
鬼さま 遠目で観るのとは全然違って 細かく削られた形状で様々なお姿持ってらっしゃるのですね。
ビバビバちっぽ様の狛犬ちゃまもかわゆうございます。

吉田さま、浜地さま・・存じ上げなかったのですが・・
その時代 その土地 そこで沢山の方々が今のようにまさしく生きて生活されていて
そこで共に尽力された方々・・・
自分の住んでいる土地の歴史さえまだわかってなくてお恥ずかしいです。。
また教えて頂き有難うございます。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですよー、鬼のががまるのおうちでーす。
絶壁の階段が遊歩道なのですが、さすがに荒波により破損してしまい、現在は先に進めません。

この上にある鬼ヶ城古城が、堀切等の遺構が残る有馬氏の城で、そこへの道が熊野古道の松本峠になります。
いいとこですよー。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

熊野は、急峻な山と海に挟まれており平地が少なく、産田神社の辺りなどは海水の混じった湿地帯。熊野灘の高潮の被害もあります。

耕作地を作り出した結果が丸山千枚田のような棚田。

製塩の方法によってはやっと作り出した耕作地に塩害が及ぶため熊野では出来なかったのでしょう。

熊野は鉱脈があり、そちらが近年までの産業でもありました。
それと、材木ですね。秀吉が狙ってゲットしたぐらいですから。

和歌山県全体でも、平地が少ないんですよー。
大部分が紀伊山脈なんです。航空写真を見たらわかりやすいかなぁ。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ししまる、ご挨拶。「がおー。」

鬼ヶ城の景観は面白いですよね。じーーっと見つめて、うわ、気持ち悪って。この性質の岩は和歌山県南部に多く、様々な名前で名勝になっています。

天津甘栗のように、表面は焦げ茶色、割ってみたら中はベージュ。そんな感じ。

ブログの記事を書きつつ行った先を調べているので、自分の周りには無頓着かも。
大阪北部もいろんな人々が右往左往して、ぶわーっと戦いが起きて人がコロコロと変わるので、正直、面倒臭い面も多々です。
地面を掘ったら須恵器が出てきますし。そーっと、フタしてます。ほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。