スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宮城と安政の村替騒動の木本神社。欲深さんは大嫌い

こんにちは。

紀州徳川家の治める親藩の紀州藩。


(高野山奥の院)

徳川家康の十男・徳川頼宣が紀伊国一国に南伊勢を加えた55万5千石で入部し、成立。お住まいは、和歌山城。

和歌山市から南伊勢(熊野一帯含む)を治めるのは広すぎる。


そこで、徳川頼宣の付家老・水野重仲(家康の母方の従兄弟)が新宮城城主となります。


紀州徳川家の重要な拠点。


1633年(寛永10年)第二代城主・重良の時に一応完成し、以降水野氏の居城として明治維新を迎えます。


小さいながらも、地元の熊野酸性火成岩を積み上げた優美な城との評判。


新宮城は熊野川河口に建ち、専用の港を持ちます。


「水の手郭」には港があり、軍港と共に経済的物流港の役割も果たしました。


港の横には炭納屋群の跡が19棟。江戸へ送る紀州備長炭の倉庫です。

新宮の紀州備長炭と鯨油を江戸へ販売。
紀州徳川藩の名を利用し、関税無料。



紀州藩新宮領は35000石でも、炭と鯨油の販売により、実質は数十万石もの力があったと評されたのでした。


桝形の虎口。

しかし、新宮領主水野家には、とても悔しいことがあります。

初代水野重仲が家康の母方の従兄弟であろうとも、新宮領がどんなに大富豪であろうとも、紀州藩付家老はあくまでも陪臣。

直参は1万石。水野家は35000石。決して少ない石高でもない。

9代城主の水野忠央は何とかして直参になりたくて、幕府内部へ身内を総動員する勢いで婚姻、養子縁組により入り込むも、失敗。強制隠居。

覚えておいてね「9代城主の水野忠央」




さて、熊野。ここも紀州徳川家が治める土地。


名勝鬼ヶ城の上には鬼ヶ城本城。

室町時代(1523年頃)に熊野有馬氏の有馬忠親が甥の忠吉に家督を譲り隠居城として山頂に築城したお城。


「おしおきだべぇー」・・・わかるあなたが大好きです(≧∇≦)


くるっと回れる遊歩道なんですが、太平洋の荒波の力は物凄い。


鬼ヶ城の西の端に鎮座するお社。


木本神社。



木本神社が鎮座する木本町は、江戸時代に紀州徳川家の本藩公領地として『奥熊野代官所』が置かれ、熊野川以東の熊野地方の中心地として栄えた町です。


小学校みたいでかわいいお社。

木本神社は、元は「若一王子権現」(「若一王子」=天照大神)といい、新田地区にあったものを現在地に遷座したと言われています。

熊野市歴史資料館に1608(慶長13)年の遷宮棟札(写し)があり、このお社のお話をお伺いして興味津々。

木本神社のポイントは。

新宮城城主水野さん、嫌だもんっ

・・・私の熊野うきうき旅を全否定するが如き衝撃。



覚えていますか「9代城主の水野忠央」

水野忠央(ただなか)は政治的権力と金力をもって、本藩の紀州藩を抑え、実権を握ります。35000石の水野家。石高充分、ひゃっはー。

初代水野重仲が家康の母方の従兄弟だろうが、新宮領がどんなに大富豪だろうが、紀州藩付家老はあくまでも陪臣でー。

これは我慢の限界!

何とかして直参になりたくて、幕府内部へ身内を総動員する勢いで婚姻、養子縁組により入り込み、幕府をも動かし、まずは多年の夢である村替を実施しようとしました。


交換にせよ、こんな魂胆見え見え。

安政2年。
木本方面の紀州藩領二十七ヶ村と有田方面の新宮藩領五ヶ村の知行替えが発表されると、税が重くなることを恐れた木本側による領地替え反対騒動が発生(安政の村替騒動)しました。

つまり、和歌山に近い有田の新宮藩領五ヶ村と、和歌山から遠い木本方面の紀州藩領二十七ヶ村を交換しましょ、と。

木本、紀州藩直轄から、新宮城主の配下となってしまう、ということで。



反対の理由

【表向】

「歴代藩主の御恩忘れ難く、村替されるのは母から裂かれる子のようなもの」と終始一貫して共同目標をかかげ嘆願し、ひたすら基本姿勢を崩さず続けました。


【本心包み隠さず】

「新宮側の財、税政に対する不信や猜疑心(年貢の引上げ等)」であり「木本方面の27ヶ村は本藩に属していた自尊心」があったことでしょう。


そこで登場するのが、江戸詰御勘定奉行の吉田庄太夫。

一揆を防ぐため、吉田自身が木本に来て説得にあたりますが、木本側は納得しません。

庄太夫は侍と百姓という身分を越え、人間と人間として命をかけて向き合い必死に説得。

しかし民意を動かす事が出来ないことを察し、庄太夫は藩命にそむき独断で「村替中止のことは身をもって引き受ける」と宣言し、有名な「村替据置」の誓紙を手交し、一揆を中止させます。

藩命にそむいた侍の責任の取り方は、死をもって償う「自決」。


5月15日早朝。
庄太夫の木本出立にあたり、「一期一会」になることを察し人々は、交代で庄太夫を担ぎ、前後に大明神幟をなびかせ、泊峠(松本峠)を越え大泊まで見送りました。


松本峠は鬼ヶ城の上を通る。


そして、大泊から尾鷲へ。

庄太夫は江戸に戻り、自身の言葉通り村替を中止させ、のちに江戸藩邸において自決。


吉田庄太夫を祀る吉田大明神石祠。

9代城主の水野忠央は幕府内部へ身内を総動員する勢いで婚姻、養子縁組により入り込むも、失敗。新宮へ強制隠居。


こんな歴史を見つめた木本神社なのでした。



いつも応援いただきありがとうございます。神々のおわす熊野の地といえども、ここに生きる生身の人々には幾度も豪族の戦いに巻き込まれたり、圧政に耐えかねることもあったわけで。その微妙な歴史の積み重ねがとても面白い熊野なのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、kotodayoriです。

新宮領主水野家の話、興味深く読ませていただきました。歴史の教科書では読んだことのない話ですね。

これからも、歴史について、いろいろとご紹介ください。

またよろしくお願いいたします。

No title

こんばんは。

そんな歴史があったんですか。
吉田庄太夫殿への感謝をいまでも忘れていないような地元の方々。
こういう話って、感動します。
昔の武士は命をかけるから、本当に大変ですね。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

新宮城主はまるっと趣味の範囲ですね。おほほ。
ただ、この新宮城は古くは源(新宮)行家、後には熊野の民衆と深く関わっており、なかなか一筋縄ではいかない厄介な所でした。

歴史については一夜漬け。ひたすら走り回るだけが取り柄でございます。
何度か通ううちに、やっとその地方の良さがわかるスローペースなので、気長にお付き合い下さいませ。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どの地方にも伝わる一揆のお話ではありますが、地元でお話を知ると重みがありますよね。
騒いでしまったけど結果的に吉田庄太夫さんを死に追いやることとなり、彼をどのような思いで見送ったのかと、松本峠をてくてくしながら考えておりました。

いつの世も一番大変な思いをするのは現場担当者かな。

「おらたちが知ってるよ、吉田さんの気持ち」と、小さな祠に思いを込めたのかな。

吉田さんは「俺さえ命を捨てたらそれですむ!」と思ったのかな。

難しくて頭が混乱です。

No title

何というか先例にない解決方法や決め事をすると
「(当事者の)誰かが死なないと治まりつかない」って、どうしてもあるんですよね。。。
でないと「超法規的措置」が常態化しちゃうことになるから、それはそれで不味いわけで・・・

>吉田大明神石祠
村人の感謝の気持ちがシミジミ・・・ (゜-Å) ホロリ

水野一族って強烈な人が多いのかもですね^^;
「天保の改革」の老中・水野忠邦も、
元々は裕福な唐津藩主だったのにバブリーだと老中になれないと知って、わざわざ関東のビンボな藩に領地替えしてるんです。
家臣が切腹したけど「自分の夢(政治をやりたい)」を叶えるために諫死をガン無視してます^^;

だいたい戦時でもないのに、陪臣が直参になんてなれるわけないじゃんネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
先例があるのは「外様が縁戚コネで親藩にクラスチェンジする」まで。
支藩の独立運動ですら認められないのに、(ヾノ・∀・) ナイナイ
まぁ水野一族だから、処断は強制隠居で済んだんでしょう。

和歌山の租税率って、けっこう高いって噂を聞いたんですが、それとコレとは別で「村人たちの誇り」の問題なんだろうな~。

フカキョンのドロンジョ様はセクシーでしたわぁ(*´pq`)ウフフ
ぽちぽちぽちーーー

No title

つねまるさん、おばんですばぁ~い(^o^)丿

きっちり、がっつりの石垣が凄いですねぇ~。
さすが紀州藩です!
新宮って良くわからないので、地図に確認したら東京からだと
一番遠い地域のひとつですね。

そんな地に、江戸詰勘定組頭ごときが、吉田大明神として祀られる
ほど、庄太夫さんは人徳のあったひとなんですねぇ~。
自害しないで、もっと働いて欲しい人ですね。

いい話でした。 ありがとうございます!

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こんな話は全国に山のようにあるだろうとは思うものの、やはりその土地に立って、農耕地は取れないだろうなとか、場所的に政争に巻き込まれて難儀やねぇとか、しみじみするんですよねぇ。

木本の町、涙が出るお話聞いてしまって。

スーパーが700m移動しただけでも往復1.4kmも遠くなる。
お年寄りには行けなくなるわけで。年金生活の楽しみって食べることなのに、そのお買い物が困難になってしまって閉じ籠ってしまってねぇ、と。

昔も今も、なんだか辛い。

誰ぞ吉田さんにならんかねー。民のために立ち上がれー。うりゃー。

熊野市市議会議事録なんかをつらつらと眺めているのですが、的はずれな観光誘致にお金使うなら、コミュニティバス、もしくは乗り合いタクシー等に金をつかえと思うんです。

話がずれました(ー_ー;)

水野一族は、プライドがエベレストなんじゃないかしら。
なんか好かん。
あなたは偉くないんですよー。家康だけが頑張ったんですよー。


>だいたい戦時でもないのに、陪臣が直参になんてなれるわけないじゃんネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

でもこれ、明治になってどえらい格差になりましたよね。
ほら、稲田騒動とかに繋がる。私のネタバレ。

祖税率のお話。高いですよー。そらもう。
どっぎゃーんっと、暴れたくなるくらい。ってか、暴れたしぃー。しぃー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きっちりがっつりみっちみちー♪ですよね。
やぶ蚊攻撃が物凄くて早々に退散してるので、画像が少ないのが心残りです。

えーっと、大阪からでも一番遠い関西ですよー(ノ_<。)

伊勢道から熊野まで来る自動車道が通ったので、獅子岩まで一直線!ほーら、遠くないですよー。へへへ。

騒動起こしておきながら、吉田さんが自害するしかなくなったと知って初めて我に返った感じですね。
江戸詰勘定組頭ごときが独断で徳川御三家と家老の水野さんの方針をひっくり返したわけですから、とんでもない事ですよね。

あー、熊野、また行きたいなぁ。下道で延々と走るの、好きなんですわ。

No title

こんばんは。お邪魔しました。
キャアーまた獅子丸君さまが。。
で、勝るとも、な 鬼ヶ島くん・・おしおきだべえ~ 
もしあの時代ヤッターマンさんがいたら(今もですけど)
 
一命を賭して守られた吉田庄太夫様 
今も大切に祀られていらっしゃるのですね。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ししまる、また会いたくなってしまって。
おしおきだべえ~は、懐かしいですよねー。毎週見てましたの。
あ。最近の実写版でしたらどうしましょっ。

吉田さんのお話は、ちょいと心に響きます。
こう、中間管理職って辛いなーというかなんというか。
んもー!うるさーい!ってキレてしまったのではないよね、っと願っております。

No title

こんばんは

コメント出し忘れてまして今頃ですが

一言・・・『この石垣すごくないですか♪』

以上です(笑)

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

みっちみちのきっつきつで、ええ石垣でございましょー?(笑)

阿波・一宮城との積み方の違いが明瞭でございます。うふ。
石だらけの画像ですが、お楽しみいただければこれ幸い(≧∇≦)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。