神内(コウノウチ)神社。神皇地に鎮座するお社

こんにちは。

和歌山県の南端から東に走り熊野川を渡ると、三重県。



ここは三重県紀宝町神内近石(ちかいし)958番地

今日は、いかにも熊野らしいお社を訪ねます。


巨木の立ち並ぶ社頭。


神内神社です。


「『明細書』に『当社の義は近石と申すところに逢初森(アイソメノモリ)というのがあり、そこにイザナギ・イザナミ、天降らせ一女三男を生み給う。

この神を産土神社(ウブスナジンジャ)と崇め奉る、よってこの村の名を神皇地(コウノチ)と称す。

いつの頃よりか神内村(コウノウチムラ)と改むと言い伝う』とあり。

近郷の人、子安の神、安産の神として参詣するもの多い。また豊漁の神として近隣の漁師の信仰厚い。」(現地説明板より)

創始は明らかではなく、上記は子伝承に依っています(三重県神社庁HP)。



安産?


石を飲み込むホルトノキでした。

この石は鎌倉時代に参道の両脇に並べられた石。
数百年が経過し木が成長。石を抱え込んでしまったようです。


木々に圧倒されて私は今、緑色かも。


神武天皇や明治天皇と並び、佐倉宗吾の宮があります。

【佐倉宗吾って誰】
江戸時代前期の人。佐倉藩領、公津村(現・千葉県成田市台方)の名主。
藩主堀田氏による苛政に苦しむ百姓のために1653(承応2)年、上野寛永寺に参詣する将軍徳川家綱に直訴。

その結果、藩主の苛政は収められたが、佐倉宗吾夫妻は磔となり、男子も死罪となります。

佐倉宗吾の物語は歌舞伎や講談などでも語られ、義民として知られるようになり、ここ神内神社では百姓の神として祭られるようになりました。(現地説明板より)


向かって左が神武天皇や明治天皇をお祀りする祠、その脇の岩屋に佐倉宗吾宮。


奥行きのある空間になっていました。


ぴしっと。


おっきな岩ねぇ。


「神内神社は、石英粗面岩(熊野酸性岩)の岸壁をご神体として祭った原始宗教の名残りのもので、多数の水蝕洞穴があり岩面には着生植物が多い。

神社の境内には着生植物、シダ植物を含めて約300種の植物が繁茂している。」(現地説明板)



お社の横に清流。禊の場所でしょうか。この階段は


真っ直ぐ本殿に通じています。


迫力に圧倒されて川に落ちそうです。


おや。狛犬さん。


はじめまして。


お手々はすすぎました。


なによっ。失礼なっ。


見張り番、お疲れ様です。


ぷ。


いやぁん。かわいい。

どうも違和感があると思ったら、阿吽が逆でした。


頭がっ。あたまっ。


そこまで申してはおりません。


狛犬さんの横のこちらで改めてきれいきれいに致しまして。



続きは次回。原始宗教と熊野の巻。のつもり。


いつも応援いただきありがとうございます。私、緑色になってるんじゃないかしら?っとわくわく。参道の山側(向かって右側)をよく見つめると、あちこちから巨大な岩が顔を出しています。大きすぎて画像に入らないです。くすん。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。お邪魔します。
狛犬ちゃま お疲れ様です~ さぞ凝ってらっしゃることかと。 阿吽さんが逆ってあるんですね。
ケムンパス(あ、失礼いたしました)龍さま お久しぶりでございます!!ウフ

佐倉さんのお話・・悲しいですね。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ケムンパス、覚えていて下さって嬉しいです。
木々が生い茂ると、おひげも茂るようで。ふふ。

阿吽の並びも雌雄の別も、実態はざっくりとしてるのではないかと思います。

獅子と獅子、が、獅子と狛犬になり、二つ併せて狛犬、と呼ぶようになっただけのこと。
神社のお祭りのように、地域によって様々な姿がある方が日本の神社や狛犬らしくて面白いですね。

昭和・平成では「岡崎型」という大量生産型の狛犬が多くて、地域性も石工さんの個性もなくなってきております。

和歌山県南部は個性豊かな狛犬さんが多くて、とても楽しい地域です。

佐倉さんのお話は、印象深いですね。
時代劇なら佐倉さんの命は救われるのでしょうが、現実は厳しいです。

No title

こんばんは。

佐倉宗吾は、先日僕のブログで取り上げたばかりですので、びっくりしました。

三重県の神内神社に宮があるのですね。

とても勉強になりました。

どうもありがとうございます。

大川原英智様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
また、弊記事を細かく読んでいただき恐縮しております。ありがとうございます。貴記事に返信申し上げました。

佐倉宗吾の功績を書きながら、遠く離れた土地のお話が三重県南端にまで伝わってくるとは、余程大きな事件であったのだなと思っておりました。
前回、貴記事にコメント申しましたように、事の大小ではなく、事件の起承転結を見極めてから自分なりの考えを巡らせることが必要かと思います。佐倉宗吾の件は、百姓の神として祀るほどの効果をもたらした点で、非常に重大な判例となったのだと考えます。

シャクシャインのお話も、今後蜂須賀家と稲田家を追いかけるにあたり、とても参考になりました。
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

No title

緑に囲まれた参道、気持ちがすっきりしますね。
背筋を正して歩きたくなります(*^_^*)

海抜の表示を見ると、ちょっと焦ります。
果たして走ったところで、逃げ切れるのか?
なんてね(笑)

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

小汚ない私でも少しはきれいになったに違いないと錯覚するほど、緑の美しい参道でした。屋久島の巨大な杉のような巨木もあり、ぽけーっと眺め。

この熊野一帯は昨年問題となった、海抜が低くて大地震の津波からかなりの地区が避難困難とされた地域です。
お宿には必ず避難場所が掲示されていますが、裏山が避難場所と言われてもこんな急坂登れませんよー!ってとこで。

実際に走ってみたのですが、無理。火事場の何とかに頼るしかありませんのよ。お住まいの方々の為に、早く打開策を練らなくてはあかんやろ?っと思うのです。

No title

つねまるさーん、おばんですばぁーい♪

佐倉惣五郎(宗吾)さんは、五家壮(肥後)の生まれで、
下総の木内家に養子に来たと伝わっておるとばい。
肥後もっこすの宗吾さんは、命をかけて四代将軍の
徳川家綱に直訴したんだろうね。
縁のない三重県で百姓の神になるとは、凄い、凄い!
歌舞伎や講談が今のネット社会の役割を果たしていたの
でしょうね。
巨石の祠を石垣が支えているように見えますが、力持ちの
金太郎がいて持ち上げて空間を造ったのだろうか。ふむ、フム。

ショウユ系の狛さんは、威圧がなくてかわいいですね^^

今日は、前半は結構まじめだったんだけどなぁ~m(__)m

No title

すごい・・・完全に別世界ですね^^
古代の神域って、こういう所を言うんだろうな^^

何やらお疲れの狛ちゃ
背中のボタンは何か起動するんだろうか^^

阿吽が逆の狛ちゃは、他でも見かけるけど理由も意味も分からないな~

佐倉さん・・・直訴は御法度ですもんね(´;ω;`)ウッ
重罪だから連座もされちゃうし(´;ω;`)ウッ

ぽちぽちぽちーーー

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

てっきり生粋の千葉の人かと思ってましたが、肥後もっこす様でしたか。ありがとうございます。

この手のお話はとかく規模だけがどうのこうのと言われますが、参加人数ではなく、彼がもたらした影響を、当時の法に照らし合わせてどうなのかという点だと思います。

徳川様に直訴なんて、我々の想像を遥かに越える事態であり、後々のお裁きの判例になったことでしょう。

このお社の紀宝町は徳川御三家の紀州に含まれております。そんな場所でも百姓の神となるとは、余程のこと。
今回は熊野に特化した記事としていますので、さくっと流すつもりでしたが、なるほど当時も今も捨ておけぬお話のようですね。

>ショウユ系の狛さんは、威圧がなくてかわいいですね^^

無邪気な狛犬さんにほっこりさせてもらいました。

>今日は、前半は結構まじめだったんだけどなぁ~m(__)m

それは私なのかpiglet01様なのか。
お話は、起承転結をはっきりと。オチがないのは話にあらずただのボヤキ。大阪流。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あっけらか~んっとした風景から一転。境内に踏み込むと別世界。
巨木の立ち並ぶ参道は屋久島のようでした。

厳格な規定があるわけでもないので、狛犬さんが散歩しない限りはお社では自由なのではないかと。

意味を考えるなら、狛犬さんのお仕事はなぁに?ってとこがポイントでしょうねぇ。客寄せパンダさんではないのですが、様々な子達が待っているので、狛犬さんに会いに行く人がとても多いことを実感しております。

将軍へ直訴するとはとんでもないことですね。
佐倉宗吾さん、ご存知でした?私、失礼ながらお名前も知らず、百姓の神として祀っているという説明板を読んでいろいろ考え込みました。

熊野も年貢に苦しめられた土地ですから格別の思いがあったのでしょうね。神武天皇と並べて祀るほどですもの。

No title

こんにちわ。

岩屋も圧巻だし、狛犬も初めて見るタイプだし、禊の川もちゃんとあるし、とても魅力的な神社です。行ってみたいなー、おにぎり持って

No title

つねまるさんこんにちは
コメントありがとうございます
神社めぐりの旅も良いですね
神社にはいろんなエネルギーが宿っていて
厳かな雰囲気をあじわう事ができるので
城跡と合わせて探索するも楽しいですよね
小さな神社の一人探索は
少し怖い感がありますけど


No title

こんにちは。
もう、写真見ただけで、空気が違う感じがするのわかります。
ここ凄く素敵♪
ここの狛犬さん達、いい感じですね(o^∇^o)
逆に並んでるの含めて、こういうの好きです。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

不思議な子達ですよね。果たしてこれは狛犬なのか別の生き物なのか、しばし見つめて、そして、笑う。

お社に禊の川。そこへ下りる階段。このセットがなかなかないんですよね。治水工事で遠くに行ってしまったりして。

ここでこっそりおにぎり食べたいですね。せせらぎの音を聞きながら。

権中納言様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

城跡を探索すると、もれなく神社が鎮座してますね。
お城も狛犬も神社も好きなので、どこをゆっくり眺めるか、結構悩みます。で、全部ゆっくり。欲張りです。

道の片隅や城域に小さな石の祠がひっそりと立っていると、立派な社殿の神社よりも神様に近い気がして。不思議なものです。

私は、背後に人の気配がするのが一番怖いです。
生身の人間ほど怖いものはない、と思うこと多々。です。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。もふもふ。

神内神社、鳥居をくぐった瞬間から空気が変わり、どこに視線を移しても何かがいそうな不思議な感じのところでした。

神様の他に、トトロとかちっちゃいかわいい生き物が、きゃーきゃーっと笑顔で走り回っていたりして。そんな明るい雰囲気。

ここの狛犬さん、指の長さがわんこではなく。
肉球ではなく、人やおさるさんに近い感じでした。

二本足でテクテク歩きそうです。
毎日のお手入れはこの子達がしているんじゃないかしら。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼