阿波・一宮城。山城巡りは楽しいな。南の曲輪群散策。

こんにちは。


(クリックで拡大します)

鳥瞰図の引用元→→→余湖くんのお城のページ
余湖様、お借り致しました。ありがとうございます。

阿波国の一宮城。

長曽我部元親が城代として北城に谷忠澄、南城に江村親俊を置いて一宮城を守らせていた一宮城。

1585(天正13)年の秀吉による四国征伐で豊臣秀長率いる四万余りの軍勢によって攻められ、一万で必死に戦うものの、開城。



1585(天正13)年。秀吉より阿波18万石の大名となり、阿波国に入部した蜂須賀家政。
当初一宮城を居城としましたが、徳島城を築いてお引っ越し。

益田宮内を城番として阿波九城と呼ばれる重要な支城の一つとしますが、1638(寛永15)年一国一城令により廃城となりました。


(クリックで拡大します)上が北。


才(財)蔵丸と明神丸を隔てるための堀切。

通行を妨げる役目の他に、下を通ってくる敵に上から攻撃するためにも堀切は大事なもの。


上の図面で「堀底道」と書いてある辺り。


うふふ。


ここで標高129m。比高109m。

才(財)蔵丸は、図面で見るとカエルがひしゃげたような形に周囲を曲輪群が囲んでいます。攻められるもんなら、攻めてみな!でしょか。


当時は木々もなく、もっと見通せたのかな。


絶景かなー!の場所にご親切な東屋。

おやつに持ってきたミニトマトをむしゃむしゃ。うめー。


山城巡りの猛者様なら降りていくのかな。


これを「もんぜき」と読んだ方は寺社巡りのお友達です。ふふふ。

正面、左右に広がる道のようなものは、本丸と明神丸を結ぶ帯曲輪。


基礎の石かな。ここにどんな門があったのかな。


まず、明神丸を見学しまーす。こんにちはー。


苦しゅうあったわ。


才蔵丸より広々と開けています。

縄張り図を見ると、明神丸は細い帯曲輪が一周取り巻いていたり、北側の尾根からの侵入を防ぐための空堀と階段状の曲輪、北西方向の二重の空堀、とても厳重に防御されています。(行きたいなー。でも行かないよー。)

本丸を守る重要な場所だったのですね。ふむ。


南西部にはこのようなものが。周りには礎石の名残が点在してます。


一宮城の北東方向。

小笠原(一宮)氏の頃でも、普段は土塁と堀で囲まれた麓の居館で暮らしていたとされ、その推定地が「御殿居」。


麓に一宮神社と大日寺。


明神丸を後にして、帯曲輪をてーくてーくすれば。


おお?


来たー!!

次回、いよいよ本丸!つづく!


鳥瞰図引用
「余湖くんのお城のページ」様
→→→http://homepage3.nifty.com/yogokun/
→→→(クリックで開きます)余湖くんのお城のページ

いつも応援いただきありがとうございます。自力で山登りなんて久しぶりなので、景色を眺めながらおやつ三昧。なかなか先に進みません。才蔵丸や明神丸を囲む曲輪群や空堀には、遊歩道を外れ道なき道を行かなくてはならないので、パスしてます。ずり落ちたら大変ですもの。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさま、こんにちは♪
パワフルに動かれてますね!

蜂須賀家、官兵衛に出ていましたね。
つねまるさま、今度の大河見てますか?
私は、どうしても今回は入っていけません。
もし見られてらっしゃたら
見所とか教えてもらえますか?

No title

こんにちは~♪
阿波は蜂須賀でしたねー
秀吉直属の家臣で明治を迎えられた数少ない大名ですね(笑)

No title

こんばんは。

遺構がかなり綺麗に残つてゐますね。
寄手は大変だつただらうなと言ふ感じのお城ですね。
山城は空堀などに興味を持つからと言つて入ると後で怖いことになりますよね、特に夏は禁物です。
なんせ、橘右は経験者ですので。

「門跡」

はい!僕も間違へる組です。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

パワフル風のへろへろ旅でございます(^^)v

蜂須賀くん、頑張ってましたよねー。懐かしいなぁ。

今度の大河ですか?へへへへ。早々にギブです(>_<)
初めは赤い彗星の声でも楽しみにしよーっと思ってたんですが、いかんせん話に入り込めず。お役に立てずです。

来年、楽しみにしてます。ほほほほ。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

先日、まり姫様の記事で蜂須賀くんと清正くんのお話が出ていたので、ちょっと嬉しかったです。
故郷が近いとそれだけで親近感。濃尾平野が懐かしいなー。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はい!もんぜき仲間ですね!やたー\(^o^)/

遺構がきれいに残ってくれているので、初心者でも楽しめました。
蜂須賀時代に廃城になったとはいえ、派手に破壊するまではしなかったんでしょうねー。ありがたいありがたい。

おや。橘右近大夫様、経験済みで?うふふ。
空堀ってとこに降りたら最後、戻れないに違いない私の運動神経。
ハツカネズミの車輪回しの如く、かかかかかっと手足が空回りしそうです。

葉っぱが出始めたら、やめておこっと思ってます。
しかしその前に、花粉が。昨日からお目目がしぱしぱするのです。

No title

つねまるさん、おじゃましますばーい♪

本当に眺望のよい城ですね。
おにぎり持参で上り、パクリとやりたい山城です。

おお、一目ぼれした本丸の石垣が・・・。
遺構がいっぱいですから、イコウって感じです♪

piglet01様

おばんですばぁい♪いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

眺望がとっても良くて、ラッキーでした。もう少ししたらいろんなもんが空気中を飛び交って視界が妨げられるかもしれないですね。ううう。

おにぎ~り~♪♪もちろん持参しましたともー!!
とても皆様にお見せできる代物ではないんですけど、胃の中に入れば何でもいっかーっと。おほほ。

おいしかったなー。

ザックの中身は、ほとんど食べ物。ふふふ。

一目惚れされました?いいですよー、一宮城の本丸石垣。既存の曲輪に盛り付けました♪って感じですが、徳島城と同じような青い石がいっぱいです。
でも、そこにたどり着くには鬼のような階段が。登りの時は歩幅が狭くてやっかいなのですが、下りの時にはちょうどいいのかな?っと思いました。

pigletくんを背負ってぜひイコウじゃないか~♪よいよい♪

No title

カエルが、ジタバタ・・・○十<
なんか可愛い(*´pq`)

門跡・・・ですね~「もんぜき」しちゃう組です♪

鮎喰い・・・・美味しそうな川ですね~

ぽちぽちぽちーーー

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう、カエルさんなのです。なのです。です。

そう、もんぜき、なのです。です。

つい、そう読んでしまって、自分で突っ込んできました。ふっ。

鮎喰川。清流なので、きっと鮎がわんさかわんさかといたのではないかしら。この川も、敵の侵入を阻んでいたのかと思うと、わくわくです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼