スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿波国一宮神社。一宮城主一宮氏が大宮司

こんにちは。



阿波国へ行きまーす。


しょぼん狐くん、こんにちは。

などと楽しい徳島。

「蜂須賀くんを追いかけて」阿波国。


徳島市興源寺。蜂須賀家墓所。

愛知県あま市蜂須賀出身の蜂須賀正勝は、秀吉に仕え、1585(天正13)年、四国攻めに参戦。阿波木津城や一宮城攻め等で武功を挙げます。

翌年、秀吉から阿波一国を与えられますが正勝は固辞。


嫡男の家政が阿波国18万石の大名となり、阿波一宮城へ入ります。


阿波一宮城。本丸。


標高144mのお山のてっぺんにあるお城。

1338年。阿波国守護・小笠原長房の四男小笠原長宗が築城。
一宮氏を名乗り一宮神社の大宮司を兼ね一宮城主となるも、1582年に長曽我部元親に滅ぼされます。

1585年。秀吉の四国攻めの主戦地となり、開城。
そして、蜂須賀家政が入り、居城とします。


絶景かなー。

さあ、いざ、阿波一宮城へ!の、前に。

小笠原長宗が分霊を一宮城内に奉祀した、一宮神社にお参り。


太鼓橋と鳥居。

蜂須賀家政が阿波国に入った時に「国が丸く治まりますように」と奉納したと伝わる太鼓橋。


ういっす!


そりゃぁもう。


一宮神社。

式内社(名神大社)。
阿波国一宮の「天石門別八倉比売神社」の論社のひとつ。


古くより、一宮大明神として崇敬されてきたお社です。



【祭神】
大宜都比売命(おおげつひめのみこと)・天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)

【大宜都比売命(おおげつひめのみこと)とは】
名前は「オオ(多)」+「ケ(食物)」。穀物や食物の神。

スサノオがふらりと大宜都比売命のもとへ立ち寄った時。


突然の訪問なのに、ごちそうが次から次へと。

怪しいと思って裏を覗いたら。


大宜都比売命は自分の鼻や口等から材料を出しておりました。

怒ったスサノオは大宜都比売命を斬ってしまいます。


すると、亡骸から稲・粟・大豆・小豆等が生まれました。

よって、大宜都比売命は穀物・養蚕の神として信仰されることとなりました。


神紋。稲束丸に粟なのです。



阿ちゃん、大丈夫?


うんうん。


吽ちゃんはご機嫌そうです。


阿波一宮城は、このお社の北隣の山にあり。


今は静かなお社ですが、秀吉の四国攻めの時には四万の軍勢が押し寄せた一宮城の麓にあるこの一宮神社。

ここも、その舞台であったのかもしれません。だって、一宮城は、


すぐそこ。この山、お城の山。



横から見た阿波国一宮神社。


お向かいには四国八十八箇所巡礼第13番札所の大日寺。


正式には大粟山大日寺。

大粟山とは、一宮神社の本社である上一宮大粟神社が鎮座している山の名前。
明治の神仏分離までは一宮神社と大日寺は一体であり、共に四国巡拝の霊場でした。


お寺にはお遍路さんが絶えずお参りされていました。

せっかく入口がお向かいなんだから、神社にも来てー(ノ_<。)


いつも応援いただき、ありがとうございます。山城では食糧とお水の確保が大変だったでしょうから、大宜都比売命(おおげつひめのみこと)様がほんとにいてくれたらいいのになーっと、小笠原(一宮)氏達は思ったでしょうねぇ。あ、そうそう。神紋がかわいいお顔に見えますの。これ、狙ってる気がして仕方がないです。おほほほ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
しょぼん狐君(新しい方の子でしょうか)、お久しぶりでーす!! やっぱりカワイイですね。
昨日のあわ太郎はんにもドっキュンでございました。
神紋、ホント ぴいーなお顔に見えますーー!
風雪と戦を乗り越えた狛犬ちゃま’s 年月感じさせるいいお顔と色してらっしゃいますねー!!

No title

こんばんは。おじゃましてゐます。

さて、徳島は意外や意外、面白い所がいつぱいあつたのですね。なんか、知つたやうな顔して何も知らなかつたことに愕然としてをります。

さて、古事記に拠りますと、伊射奈岐神と伊射奈美神の國生みの場面で、四國を生んだ時に「伊豫國を愛比賣といひ、讃岐國を飯依比古といひ、粟國を、大宣都比賣といひ、土左國を建依別といふ。」とあります。
土佐と伊豫が美男美女の對で、讃岐と阿波が食物繋がりの男女と言ふ、なんか面白い取り合はせになつてゐますね。一の宮で大宣都比賣と言ふのが橘右のツボに入りました。
眉山の裏手あたりなんですね、さうか、手薄でした・・・。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しょぼん狐くん、新しい子です。ありがとうございまーす♪
かわいくてついつい出してしまいました。

神紋、初めはなにかわからなくて。現場からツイッターで呟いて教えていただきましたの。おほほ。

一宮神社の狛犬、少し気の毒な姿なんですが、これもまた狛犬くんの味かしらと思いまして。
この後、一宮城へ行くもので、ずっこけないように念入りにお参りしたんですが、とても清廉な空気のお社でした。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

徳島巡りは、寺社も城跡も多くて、絞り込むだけでも難儀しました。
とりあえず、距離感を把握しなくては、と、右往左往。

出身が同じ愛知県であり、淡路島で親しんでいる蜂須賀くんの足跡をざっくりと追いかけようとしましたが、当然それだけで済むはずはなく。


>さて、古事記に拠りますと、伊射奈岐神と伊射奈美神の國生みの場面で、四國を生んだ時に「伊豫國を愛比賣といひ、讃岐國を飯依比古といひ、粟國を、大宣都比賣といひ、土左國を建依別といふ。」とあります。

あ、なるほど。国生みの話の四国編を読んでおりませんでした。目から鱗です。
大宣都比賣はとてもありがたい存在の方なのですが、一之宮でお会いすることもなかったもので、お名前を見ただけで小躍りしてしまい。

あちゃー。

>土佐と伊豫が美男美女の對で、讃岐と阿波が食物繋がりの男女と言ふ、なんか面白い取り合はせになつてゐますね。一の宮で大宣都比賣と言ふのが橘右のツボに入りました。

私もツボに入りました。あらやだ、すごく面白いですねー!!
美男美女より、食物繋がりの方に親しみがわきます。

粟国の一之宮で、大宣都比賣。なるほど。

出直してきます。ふふふ。

No title

こんばんは、お邪魔してゐます。

一宮城の石垣凄いですねー。ほれてしまいます☆
実は一宮城は知らなかったので、勉強してみました♪
四国も戦国時代は活発だったのですねー。
四国が一番勉強不足のようです。

長宗我部氏を深堀してみると、四国の豪族・国人が
芋づりで出てくるのでしょうかね。

つねまるさんに叱られたコンコンがかわいいです(・∀・)アヒャ!! 

piglet01様

こんばんはば~い♪です。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

一宮城、いいですよー♪徳島では最大の城跡。
蜂須賀くんがまず入ったからここに行こ♪っと気軽に調べたら、南北朝まで遡ってしまい、どえりゃーことになってもーたがね。です。

細川、三好、小笠原で混乱した後に長曽我部が出てくると、ほっ、とします。知ってる子、キター(≧∇≦)って感じです。

四国は面白いんですが、手を出したら止まらなくなりそうで。
長曽我部くんちは後が悲しいので、蜂須賀くんを愛でております。
彦根の井伊さんちとも仲良しですし。まあ、後々は松平になってしまいますが(T^T)

本丸まで元気な方なら整備された道があるので、20分ほどのようです。一宮城。ここ、いいですよー。
私はあっちこっちで、ぐたーっとしたので、3時間以上おりましたが。ほほほほほほ。

コンコン君がかわいくて仕方ないので、叱るなんてとんでもない。ほほ。

No title

デカ鈴・・・鳴るんだろうか^^

>大宜都比売命は自分の鼻や口等から材料を出しておりました。

シュールというか・・・Oh!マジシャン?Σ(´Д`;)

>亡骸から稲・粟・大豆・小豆等が生まれました。

うーむ・・・生きてる時は「調理済?御馳走」
死んだら「原材料提供・・献体的な?」

生きてる時にゴチになりたかった・・・
いくら食べても太らない魔法がかかってたはずや!

粟の神紋・・・泣いてる赤ちゃんみたいで萌え

一宮の狛ちゃ・・・摩耗しつつも魅惑のフォルム
頸を挙げたポーズ・・・顎の下をモミモミナデナデしたいな~~~

ぽちぽちぽちーーー
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

デカ鈴、私の目の前でガランゴロンいいましてん。
もう少し上の方にあるもんだと思ってました。びっくりですわ。

大宜都比売命は、とてもありがたい神様です。
検索いただいたらわかるのですが、体のあちこちから食糧が出てきた方ですよー。

一宮神社の狛犬阿くん、建物の屋根から滴る雨水でとろけてきていますの。少し動かしてあげたいな。

狛犬くん、撫でて欲しい子がいるとついつい、こう、こちょこちょ、っとしたくなりますねぇ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。