賀集八幡神社。細川くんと蜂須賀くん

こんにちは。


「淡路島玉ねぎ発祥の地」、淡路島の賀集。
明治21年に賀集村で試作が行われたのがはじまりはじまり。


賀集には淳仁天皇陵。


国道28号線の交差点「八幡」。

ここから程近く。


賀集八幡神社の鳥居。

長い長い参道を進むと


賀集八幡神社の拝殿が見えてきます。


手前に見える白い塀は賀集護国寺。

この並びがポイントで。

明治維新後に神仏分離令が施行されるまで、殆どの神社にはその祭神の本地仏を祀る本地堂(薬師堂・阿弥陀堂等)があり、神社には別当寺(神宮寺・宮寺等)が付設し、神社の管理にあたる形が多かったのです。


左側には八坂神社。

淡路賀集八幡宮・賀集護国寺として、広い所領に多くの堂宇が立ち並んでいたであろうこのお社。


860(貞観2)年。御神託を受けた奈良大安寺の僧・行教が、石清水八幡宮の御分霊を奉じて淡路島に来島し、建立。


石清水八幡宮の社殿を模した社殿は、荘厳華麗だったとか。
この当時の伽藍古図は護国寺にて保存されています。


龍くんに、若々しさが不足気味。


賀集八幡神社・拝殿。こんにちは。


1336(南朝:延元元、北朝:建武3)年。
足利尊氏が京で敗れ、九州に敗走する時に細川一族を四国に派遣。

この中に、細川和氏・頼春・師氏の兄弟がいます。

細川和氏は戦功によって阿波国、淡路国の守護となりました。



1340(南朝:興国元、北朝:暦応3)年。
足利尊氏は、和氏・阿讃(阿波と讃岐)の領主・細川頼春等の弟・細川師氏に淡路国の平定を命じます。

同年。細川師氏は、淡路島に入ります。


きゃー。キター。

師氏は淡路入国の際に、賀集八幡神社に参拝。
「御幣を切り、鏑矢を神前に奉じ」、また、厄年であったため特に念入りに祈願。



細川師氏はこの賀集付近の合戦で南朝連合軍を破ります。

特に、淡路国主・宇原兵衛永真との田中川の合戦では、賀集八幡神社の神前に奉じた鏑矢が永真に命中。

養宜館に入城し守護の座についた細川師氏は、この賀集八幡神社を深く信仰。

細川家代々の祈願所として社殿を造営し、神馬、太刀のほか神宝奉納が長く続けられました。


大檀那が見つかったねー。

淡路守護は、以降、細川師氏の子孫が務めます(淡路守護家)。



はい、なんでしょう?


はっちーくん?

1615年。淡路島は阿波徳島藩の領地に編入されます。

徳島市の興源寺。蜂須賀家代々の墓所。

阿波徳島藩主・蜂須賀忠英。

1631(寛永8)年。忠英は、筆頭家老の稲田示植を脇(徳島県美馬市脇町)から、淡路支配の為に淡路島へ城代として送ります。

初めは淡路由良城、続いて洲本城へ移し淡路支配の体制を築きます。
(要所である脇は直轄地としました。)


二代藩主・蜂須賀忠英(ただてる)墓所。

忠英は、賀集八幡神社を崇め、1631(寛永8)年より本殿、拝殿、摂末社に至るまで悉く再建。


うん、好きね。

現在の諸建物はこの忠英時代のもの。


拝殿は寄棟造。1631(寛永8)年の棟札あり。


落ち着く雰囲気。


八幡さんらしく、はとぽっぽがいました。

宇佐八幡宮から石清水八幡宮へ八幡神を勧請した際に、鳩が道案内したことから、八幡宮では、はとぽっぽが神使。


決して寒いからでは。


根性!みたいな。


蜂須賀くんがお参りしたかも。


ぐるんっと回る。好き。


いいなー。

さて。本殿。

 
向かって右側が本殿。左は摂社。

【主祭神】応神天皇
【配祀神】天照大神 仁徳天皇


本殿は三間社流造。寛永8年(1631)の棟札あり。

側面の縁が一段高くなる点が珍しいとか。


摂社の祭神は丹生明神。

神殿狛犬くんがちらっと見えましたの。


うふん。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。淳仁天皇陵のすぐそばの賀集八幡神社。蜂須賀忠英が再建した社殿がそのまま残っています。 派手さはありませんが、落ち着いた雰囲気の素敵なお社です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはー。お邪魔します~。
拝殿 ほんとすごく良い雰囲気ですね。

やだ/////

造り素敵すぎる!!!
そして感がよすぎる自分。自画自賛。
…行くのは車がベターでしょうか?

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ええ雰囲気のお社ですよー。
蜂須賀忠英が再建したって点で、8割増しの良さです。うふふ。うっとりです。

No title

こんばんは。いつも楽しく興味深い記事をありがたうございます。

なか/\の古社ですね。八幡社なのに流造りなのも素敵です。神社は奥深いですね。


話が少しずれますが、乙訓寺は別名が牡丹寺ですので、やはり牡丹の咲く頃がベストです。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

さかした様の前回のコメント・・・(≧∇≦)ヤラレター

でした。

素敵なお社ですよー。
交通は、淡路交通の「御陵」バス停があったので、公共交通機関でもここにはたどり着くと思います。
最寄りのターミナルは、福良です。渦潮の観潮船の発着港。

七福神巡りツアーもありますが、拝観と説明がセットになってるのでがっつり束縛されるかな。賀集護国寺が七福神のひとつなんです。

ベストは車ですねぇ・・・(^_^;)

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お手入れが行き届いていて、気持ちのよいお社でした。
社殿が現存しているのが何よりです。

淡路島には、八幡社が多いようなのですが、まだ未踏の領域です。
鳩を見て思い出しまして。えへへ。神社の名前に無頓着でした。

あ、牡丹寺ですか。なるほど。ありがとうございます♪
花の盛りに行くのがいいですね。賀集八幡神社の参道、桜並木なんですよねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒様

ふぁいとですp(^-^)q

ここにコメントしてなかった^^;

雰囲気抜群の拝殿ですね。
素朴さが、そのまま味になって素敵な枯れ具合 川* ̄д ̄*川ポッ 

はっちークン~好き 川* ̄д ̄*川ポッ 

>神社の管理にあたる形が多かった

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
末社はともかく、大きな神社には寺院(別当)がセット。
神社の管理下だから、カードでいうなら表が神社で裏が寺院
神社のTOPが寺院のTOPを兼務してたりしてた。

でも現代の寺社仏閣のHPは、その表裏一体の時代が判り辛いか、書いてない^^;
神社側と寺側の双方からチェックして調べないと判らないので、
どっちかの名前が判んないと実は目と鼻の先だったりしても、他県人は探すのにエライ苦労します^^;
神仏習合だって日本の歴史の一部なのに、隠そうとする?のが不思議です。

畿内の細川一族が四国でハッスルするのがピンとこない道産子ですが、
淡路島に目線を移すと、畿内から近いんですね^^

ぽちぽちぽちぽちーーー

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントコンプリート、ありがとうございますww

戦国武将がやっと落ち着いた頃の社殿は、素朴な造りでも何かが、イイのですよねぇ。

蜂須賀くんは、なんたって尾張国の蜂須賀郷の人ですもの。一緒に尾張から関西に来て四苦八苦してる気分になっております。
洲本城代の稲田くんも、尾張国だものー。蜂須賀小六の義兄弟だものー。

まずは、地図と地名から、ですかねぇ。神社と神宮寺。
あとは、本地仏から辿るかなー。
ホムペには、都合のいいことしか書いてないし。神仏分離令を出したのは政府でも、強行したのはお寺だったり氏子だったりするし。

歴史ブログでの先達の方がすごくこの辺りの事実を書いていらして、とても勉強させていただいてます。

細川さん?そりゃもう、えらいこったー!なのー。
どこの細川かわからん細川さんが来て、養子に細川くんを入れて細川にやられて。細川合戦。
三好や国人領主が踏ん張って、ちょーそかべがやっつけて。

徳島県と淡路島と播磨と京都と丹後と和泉とあちこち、ごっちゃごちゃー。

時乃★栞様のようにサブノートが必要です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼