洲本城に磐座?巨石重なる城の鎮守。

こんにちは。


ごきげんよう。


淡路島の洲本城。

熊野水軍である安宅氏が1526年より構築したのは中世山城。
その後に洲本へ入り、石積を駆使して現在残る城を作ったのは脇坂安治。

脇坂時代の中でも変遷が見られる石積。ぶらぼー。


四苦八苦したんだろうなー。


石の天国。


大手側の虎口へつながる大石段。


めんどくさいです。


左折してー。


やっと本丸。


本丸を囲むのは、武者走台。


外側からは見えません。

天守台にそびえる天守は、昭和3年に作られた日本最古の模擬天守。


洲本城下が眼下に広がります。


阿波藩蜂須賀家の領地となった後は、下の城で政務を行いました。
筆頭家老の稲田家が城代となり、淡路島を治めます。

下の城と稲田家屋敷跡が見えます。


天守台から洲本城下方面の斜面には、一直線に並ぶ大きな自然石が。


一旦大手大石段を下りて、下から本丸の石積を見学。


崩れている方へ向かうと。


大きな石をそのままにして、石積を組んでいます。不思議な石。


うろちょろしている場所は3mほどの高さがある曲輪。矢印の方へ歩きます。


通路は石積になってました。


石積の下から石積。


戦国真っ盛りの脇坂安治時代。常に臨戦態勢?


八王子社、の鳥居があります。はてな。


ここは、八王子木戸、の名前の出入口。

私、北へ向かってます。山の下は洲本の城下町。


外側から見た。お向かいの石積の奥は、


東の丸の石積が連なってます。

さて。こっち側には、


びっくり。


脇坂時代には、これ、ありません。


現れたのは大きな石。


1526年。熊野水軍の安宅治興が洲本城を構築する際に勧進した八王子社。


・・・これ、磐座ですよね。


古墳とか磐座は、常にどきどきどき。

まぁ♪パワースポット~♪とかではなく、崩落せんかと、どきどき。


例え腰が引けていようとも。

ご神体は、さざれ石の巨石。


支え合う巨石。


一人は皆のために、皆は一人のために(違)。


怖いと言いつつ裏へ回り込むと、さらに巨大なさざれ石。


背中に冷や汗かきつつ、お参り。


洲本市のパンフには、蛇神様を祀る、とありますが。

この磐座は洲本城の天守台の真下の北側斜面にあり、一列に並んでいた巨石の一部。



安宅治興時代の洲本城は、石積ではなく中世山城の土の城だったことを考えると、ずっと以前から磐座は存在していたのではないかなーっと、からっぽ頭は考えてみました。


洲本城の面白いのは、戦国真っ盛りの脇坂安治時代の繰り返し強化した石積と、自然石の巨石群がごく自然に並んでいるところ。

うきうきです。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城のある三熊山の巨石群。お城を訪れた時は、ぜひこのお社にもお参りください。ぞわぞわしながら。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あの、ここ良いですね!
楽しそうですね!
一つ一つに趣があって良い味出していて
見どころ満載過ぎて1日いても飽きなさそうです♪
遠くて残念・・・

No title

すごい石垣ですね。
一つずつ、積み重ねていったと思うと
気が遠くなるような。

干支のお社とは、これも珍しい。

お社の上の巨石、こわいです....

No title

こんにちは。お邪魔します。
巨石のお社迫力ありますね~
でもやっぱり腰が引けそう~いくじなしです~

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ええ、ここ、良いですよ!楽しいですよ!
ひとつひとつをじっくり見て、全体をてくてくして、隅々までたんけんすると、1日いても飽きません。

暖かくなったら、桜も梅も咲きますし。
適度に公園化されているので、ベンチもありますし。

と、遠いですよね・・・(ノ_<。)

淡路島は神話の島でもありますし、温泉もありますし、関西にお越しになる機会があれば、ぜひ。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。中々面白い石垣なんですよー。
福岡城や小倉城や臼杵城とも趣が異なり、山城のような配置だったり、倭城の様相もあったり。

一つずつ積み重ねるのは、気が遠くなりますねー。
でも失神する余裕もなく、みんなで頑張って作ったのかなぁと思います。

お社の巨石、怖いですよ。撮影してる足元は、ほぼ直角の崖なんですよ。ふっふっふ。
いつもの、狛犬きゃっほー♪な気分では叱られるような、そんな空気が漂っていました。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

迫力ありすぎて、びびってます。腰が引けてるわ、足元不安定だわ、背後の森はカサカサいうわ、です。

お城やっほー♪な気分から一転、少し、キリッとしましたー(`◇´)ゞ

No title

こんばんは。
あまり城址に行ったことも無いせいか、こんなに凄い石垣、見たことがありません。
これは当時の物なんですよね?
素晴らしいわ。

それに、古墳とか磐座。
古い坑道とかも仲間に入れて!
怖いよね~
崩落して閉じ込められたらどうしよう、いっそひと思いに殺っちゃってー・・・・・(以下自粛

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

洲本城、こんなのが山のてっぺんにあるんですよー。
荒れ放題だったのを修復していますが、全部当時のままのものです。
大手口まで車で上がることが出来るので、私のような体力なしでも楽しめます。

反対に、大手口近くまで観光バスが入ることが出来るので、竹田城の二の舞になる可能性が大きいのが心配です。

古い坑道も、ぞわぞわしますね。
兵庫の生田銀山と、島根の石見銀山しか入ったことはないのですが、ヘルメットと長靴で見学するのは怖かったです。

崩落したら、たくますぃ~お兄さん達が助けに来てくれるのを待つしかないですぅ~。

黒田官兵衛のおじさまの休無様のいた増井山随願寺界隈の山にも、石組の古墳がありまして。
古墳展望台、なんて名前です。シュールです。

恥ずかしながら・・・

ねー、うし、とら、うー、たつ、Me・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

の後が続きません(爆
次は、馬・・未・・のような・・・
だから干支を聞いても年齢推定不可です^^;
歴史記事を書くときは干支早見表サイトが必須です^^;

「おめめとー」に続き「メリーの『ごきげんよう』」が萌えツボ♪

このアチコチ足し足しした石垣が、すっごい楽しいですね^^
いいなぁ~この建設の槌音というかバタバタ感。


磐座・・・自分も小心者なので崩落の心配でゾクゾク^^;
でも神様を怒らせなければ大丈夫・・・のはず^^;

ぽちぽちぽちぽち~~~~

No title

こんばんわー♪

この石垣は地震の際に崩落しないで、よくもちましたね。
先陣の技術は凄いです!

祠は新しいようですけど、ドラゴンクエスト用なのかな。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おめめとー、も、ごきげんよう、も、時乃★栞様の心を鷲掴みにできたうで、満足満足。うふふ。

干支は年がばれるから内緒内緒。うっかり言ってしまいそうです。えへ。

アチコチ足して強化して、転勤の辞令が来て泣いたであろう脇坂くん。
石高は小さくても、忠臣蔵では赤穂城受け取りとか、領主不在中の管理人とか、その他にも歴史の事件に立ち会っていきます。

洲本城、面白いですー。

磐座って、神奈備の奥にあることが多いので、こんな間近にお参りできると嬉しいけれど、怖いですね。
心臓ばくばくさせつつ本丸に戻ったとき、同じ石なのに石積を見て、ほっとしました。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

阪神大震災は、洲本市よりも北の北淡町の断層付近に甚大な被害がありました。

地震だけでなく台風等の影響を受けるため、順次修復を行っているのですが、担当会社は穴太組様。
今も穴太積の伝統を受け継いでおいでです。

八王子木戸から祠の付近は数年前に崩落があったので修復されました。
それで今回は無事にお参りできた次第です。

龍野城では、山の上の古いお城は無事で、復興した下の城の石積が崩れるという状況で。古の技術の方がはるかに勝っていたようです。

No title

日本の石垣はピラミッドよりも凄いですね!(←言い過ぎ)

東京都内とかでも石垣が残っているのは面白いです。弘前城では今、石垣修理にあたり、昔ながらの工法にするか、最新技術にするかで言い争ってます。結局どうなったのかはわかりませんが(笑)

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

巨大な石垣と小さな石積の洲本城なので、いろいろ楽しめてわくわくします。
弘前城、どうなったんでしょねー。兵庫県内の他のお城では、台風と地震のときに崩れたんは、新しい方でしたが・・・(ノ_<。)

洲本城では、穴太積を継承する株式会社粟田建設さんが昔のままに修復されましたのよ。天空の城、竹田城の修復もこちらで。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼